連載

【HALFBYのローカリズム 2001~2021】エピソード2:Corneliusに教えられた僕流のネオアコ『GREEN HOURS』

僕と京都とあちこちの20年

京都のトラックメイカー、HALFBYが今年2021年で活動20周年。10月6日(水)には〈ハワイ3部作完結編〉となるニュー・アルバム『Loco』をリリースします。そんなHALFBYが20年のキャリアを振り返るのが当連載〈HALFBYのローカリズム 2001~2021 僕と京都とあちこちの20年〉。ポップでユーモラスな文体で綴られた、HALFBYから見たポップ/インディー音楽20年史。どうぞお楽しみください。 *Mikiki編集部

★〈HALFBYのローカリズム 2001~2021 僕と京都とあちこちの20年〉記事一覧はこちら

2021年のシングル“Let's Stay Out feat. Ginger Root”
 

小西さんからの直電ではじまった2003年

こんにちは、HALFBY(ハーフビー)です。さて今回は、2005年のデビューアルバム『GREEN HOURS』リリース周辺にフォーカスしていきますが、いきなり前後しますので、その辺ゆるめにお付き合いよろしくお願いします。

ということで、デビューEP『And The Coconut E.P.』が売れてご機嫌な僕がレコードショップで働いていたある日のこと、一本の電話がかかってきます。同僚「高橋くん、小西さんって人から電話かかってきてるけど」。僕「小西さん?」。〈金ちゃんバンドのコニタンかな?〉とユルく受話器を受け取った僕はびっくり仰天! 電話口のお相手は、何と! 元PIZZICATO FIVEの小西(康陽)さんだったのです。というわけで小西さんからの生電話に無防備でアクセスしてしまった僕は、言われるがままに「はい、はい、はい」と頷き続け、READYMADEからのデビューが決定してしまいます。タイトルはまたまたキッド・クレオール(Kid Creole)ネタの『And The Coati Mundi E.P.』。それが2003年。思えば小西さんのこのフックアップによってHALFBYが本格的に稼働しはじめたんだなーと。本当感謝してもしきれません。ありがとうございます小西さん。

2003年作『And The Coati Mundi E.P.』収録曲“No Connection B-JR(DJ 440’s Top Billin’ Mix)”
小西さんの覆面ユニットによるキラーフレーズ満載のメガミックス的なリミックス。氏のDJを彷彿とさせるクイックミックス感が肝。ちなみにカップリングの“Your Adress”は近年の韓国のTV番組「ユン食堂」のシーズン1でエンディングとして使われてたようです
 

ということで同年にリリースしたミニアルバム『HALF WORKS』はノンプロモーションなのに大型CDショップでも謎のヒットを記録してしまい(累計1万枚)、楽しげなお仕事のお誘いが殺到。DJとしても各都市に召喚されて、レコ屋の店員が素人のまま色々と並走していきます。ちなみに2001年以前、まだHALFBYでもなかった僕を、DJとして初めて呼んでくれたのは岡山の藤原くん(祐介、SAINAS)という男。知らない男に知らない街へと呼ばれて、美味いものを食べて可愛い女の子を紹介してもらってという間違った妄想虚しく、DJとしての初めての晩餐が〈白木屋〉で藤原くんと二人飲みだったのは一生忘れません。その後各地で男飲みが多発していくことも。そして岡山での夜「古都だか京都だか知らねえけどいい気になってんじゃねーぞ!」と、オルガンバークラシック的なDJで威嚇しまくってたのが森野くん(義貴、Handsomeboy Technique)。いま考えても相当ダサいし変わってないなーって感じ。

ミシェル・フーガン・アンド・ル・ビッグ・バザール(Michel Fugain & Le Big Bazar)の73年作『Fugain Et Le Big Bazar』収録曲“La Fete”
森野くんが当時かけていたような記憶の曲。梶野彰一さんがサビを〈おしゃれ~だ~〉に置き換えて歌っていたのが秀逸でした。ちなみに先程の小西さんミックスネタでもありました。繋がり!

 

YOUR SONG IS GOOD&カクバリズムとの出会い

この頃のパーティーを一つあげるならUKのブレイクビーツ・ユニット、スキーウィッフ(Skeewiff)の来日DJツアー。そこで初めてYOUR SONG IS GOODに出会いました。カクバリズムからの7インチ“Super Soul Meetin’”(2003年)で衝撃を受けて、当時JET SET下北沢勤務だったコサオ経由で出演してもらうことになったんじゃなかったかなー、確か。もちろんDJでもプレイしまくっていたんだけど、クボタ(タケシ)さんのMIXCDに”Super Soul Meetin’”が収録されちゃったのもあって、カップリングの”Sweet Spot”をいかにスムースに組み込むか!みたいなところが楽しかった。この曲は世界中で僕が一番上手くかけたはずだ。

それでツアーの京都編METROでは、ユアソンのライブで最前列で散々暴れまくったイベント終了後に、ユアソン&カクバリズムチームが急遽僕の実家に泊まることになって、小屋の二階で10人に雑魚寝してもらったなー。そんでJ氏だけ朝風呂入ったなー。美代子(母)はごはん作ろうとしてた。最終的に市内の高速入り口付近まで送って行って将軍塚の辺りでみんなで記念写真を撮った。角張(渉)くんも小山内も若かったし、僕はSILASを着ていた。これを機会にカクバリズムとの距離がグっと近まってイベントの〈カクバリズムとセカンドロイヤル〉に繋がっていくし、そこで角張くんが急性アルコール中毒になるんだけど、それは2007年みたいだしまた次回かな。

関連アーティスト