LEARNERSのギタリスト、堀口チエ/CHIE HORIGUCHIがソロデビューアルバム『OUTSIDER』をリリースした。10代の頃からロカビリーシーンでテクニックとパッションを持つギタリストとして頭角を現してきた彼女はさまざまなバンドでの活動を経て、2015年にCHIEとしてソロキャリアをスタートさせると、直後にLEARNERSに参加した。以来、LEARNERSの活動と並行しながら、精力的にソロ活動を続けてきた。

トリオ編成で作った2017年の『CHIE & THE WOLF BAITS』以来のリリースとなる今回のアルバム『OUTSIDER』は、まさに待望の1枚。今、アメリカで最も熱い音楽の1つであるアメリカーナをテーマに掲げ、彼女が血とし、肉としてきたものが全13曲に結実したという意味では集大成とも言えるが、ミュージシャンとしての自身のアイデンティティーを今一度打ち出したことにこそ、『OUTSIDER』を作った意義があると思う。

『OUTSIDER』で彼女をバックアップするのは、PHONO TONESの宮下広輔(ペダルスティール)、THE NEATBEATSの中村“MR. MONDO”匠(ドラムス)、THE RODEOSの北島紘行(ベース)の3人。彼らとレコーディングした13曲は、ロカビリーやカントリーだけに留まらない、ブルージーだったり、ファンキーだったり、ヒルビリーだったりする多彩なアレンジもさることながら、巧みなストーリーテリングに自身の心情を落とし込んだソングライティングも聴きどころだ。

ギタリストとして紹介されることが多い彼女だが、ぜひシンガーソングライターとしても注目を! 歌詞に持ち前の反骨精神が滲むところが頼もしい。アウトサイダーであることを誇りに持つ彼女の活動がここからどんなふうに広がっていくのかが楽しみだ。

 

音楽の本質をやりたかった

――このインタビューは先にCDで発表された『OUTSIDER』のアナログ盤のリリースに合わせて掲載されるんですけど、明らかにアナログ盤の世代ではない堀口さんがCDに加え、アナログ盤もリリースすることにはレコードへの思い入れもありつつ、ミュージシャンとしてメッセージやステートメントが込められているんじゃないかと想像したのですが。

「実は、それほど思い入れはないんです(笑)。でも、今はCDよりもアナログ盤を買う人が増えていると思うので、アナログ盤も出せるのはうれしいです」

――アナログ盤を買う人ってやっぱり音楽がものすごく好きな人だと思うのですが、そういう人にこそ聴いてほしいとか、そんなふうに自分の音楽を大事にしてほしいとか、そんなことも思っているんでしょうか?

「それはもちろんあります」

――〈サブスクで聴き流されちゃう音楽を作っているわけじゃない〉というプライドとかがアナログ盤のリリースには込められているんじゃないかと想像していました。

「アルバムの内容としては、そういうことが込められていると思います。消費されていくと言うか、商業的なものじゃない音楽を作りたくて、音楽のもっと本質をやりたかったんです。普段、カントリーを掘り下げていくうえで、カントリーという音楽はもっと身近にあるというか、生活のなかにあるものだと思っていて。そういうことを自分でもやりたかったんです」

 

OUTSIDER=自分の道を貫く人

――なるほど。そんな思いとともに作り上げた『OUTSIDER』、とても聴きごたえのある作品でした。ミュージシャンとしての堀口さんの、とりあえずの集大成と言える作品だと思うのですが、ご自身ではどんな作品になったという手応えがありますか?

「やっと自分の思うとおりにできました。今までは、お客さんとか、聴く人とか、メンバーとかのことをちょっと考えて作っちゃってたところもあったんですけど、今回はソロなので、自分のやりたいようにできたと思っています」

――自分自身を思う存分に表現できたというアルバムに『OUTSIDER』というタイトルをつけたのは、どんなところから?

「正直に言うと、自分が音楽だけで食べていけていないことにずっとコンプレックスがあって、メジャーの人と常に自分を比べながら生きてきたんです(笑)。でも、ようやく自分の生き方はメジャーというか、そっちじゃないんだろうなと悟ったんです。じゃあ、今、自分のいる位置でできる音楽って何だろうって思ったとき、メジャーの人たちとは逆をやらないと、自分がここにいる意味がないと考えた。一般的なところから外れているという意味を込めて、『OUTSIDER』とつけました。もちろん、自分はそれを誇りに思っているんですけど」

――大きな流れには与しないぞという誇りを持って、あらためて自分が作りたい音楽を追求していこう、と。

「そうです。アウトサイダーっていうと、たぶん強いイメージがあるかもしれないですけど、私にとっては不良とかそういう感じでもなくて、〈自分の道を貫く人〉というイメージですね。アウトローカントリーの精神に影響を受けたことが大きいと思います。ウェイロン・ジェニングスとかウィリー・ネルソンとかが、ナッシュビルの音楽産業のアーティストを縛るやり方に対抗していたことがすごくかっこよくて、そういうことを自分でもやりたいっていうのがあります」

――今現在のアウトローカントリーシーンはニッキー・レーン、マーゴ・プライス、ジェイミー・ワイアットら女性アーティストが先頭に立っていますが、『OUTSIDER』を聴いて、彼女たちと同じスピリットを感じました。今回、堀口さんがもともと持っていた反骨精神がこれまでよりも直接的な表現として、歌詞に表れてきたところが聴きどころだと思ったのですが。

「“Austin Texas”とか、“Buzz Flag”とかはTHE WOLF BAITSのときに作っていた曲なんですけど、“Watch Your Back”とか、“On The Road Again”とかは、コロナ禍のなかで歌詞を書いたので、そういう意識はありましたね。ミュージシャンやライブハウスが叩かれたじゃないですか。その時、ミュージシャンの存在とか、価値とかって何だろうって考えて、ムカつくと思ってました(笑)」

 

誰を、何を信じればいい?

――歌詞は音楽性や曲調に合わせて、ウェスタンと言うか、アメリカンな情景が浮かんでくるものになっていますが、そういうシチュエーションを借りて、堀口さん自身の気持ちが表れている。そう思いながら聴くと、音楽活動をしながら実際、こういうことを感じてきたのかなといろいろ気になる歌詞があって。たとえば、〈楽園をここに創ろう 女だけの 騒ぎを起こすのさ ルールを壊して始めましょう〉と歌う“紅い暴動”は、バンドシーンにもいまだ残っている男尊女卑を題材にしているんじゃないかと想像したのですが。

「私、それについてはめっちゃ思うことがあります。でも、この曲を書いたときは、そんなには意識してなかったです。“紅い暴動”はRUMBLE REDっていう私が好きなファッションブランドのことを歌っているんです。ワークウェアとか、ミリタリーとか、男たちが作ってきたカルチャーを女子のファッションに落とし込んでいるんです。自分が惹かれるものは、そういうものが多いんだと思います。壊して新しいものを作るみたいな」

『OUTSIDER』収録曲“紅い暴動”
 

――“君の番はくる”は、さっき言っていたコンプレックスが題材になっているんですか?

「それが大きいかもしれないです。ただ、自分のことだけにならないように誰が聴いても聴けるように『グランド・オール・オープリー』(カントリーミュージックの殿堂と謳われるラジオ番組)のステージに立てなかったシンガーを主人公にして書きました」

『OUTSIDER』収録曲“君の番はくる”
 

――コロナ禍のなかで書いたという“Watch Your Back”では〈誰を信じればいい 誰かはでっち上げる 誰かは隠し通し 誰かは騙されてる 我先と争う〉と歌っていますね。

「新型コロナウイルスの感染が蔓延しはじめた最初の頃、マスクが買い占められたり、満員電車に乗ったら感染するんじゃないかと騒がれたり、混乱があったじゃないですか。そのときに書いたんです。自分の身は自分で守るしかないと思ったというか、国が言っていることを守っているだけじゃ死ぬなと思ったんですよ(笑)」

――そんな気持ちを、西部劇を彷彿させるストーリーテリングに落とし込んだところがおもしろい。

「ジェシー・ジェイムズというアメリカの西部開拓時代のガンマンのことを、私の好きなアーティストがけっこう歌っているんですよ。それで彼を題材にした『ジェシー・ジェームズの暗殺』(2007年)という映画を観たんです。そしたら、仲間に裏切られて、背後から撃たれて死んじゃうという最後で。それをインスピレーションに歌詞を書きました」

――それで〈仲間にでさえも 背中は見せるな〉と歌っているんですね。

「それとか、ジム・ジャームッシュの『デッドマン』(95年)とか。みんな後ろから撃たれて死ぬんですよ(笑)。その感じを曲に落とし込みたいと思いました。裏切られるんじゃないかという主人公の疑心暗鬼が、コロナ禍の最初の頃の心理状態とリンクしたんです。誰を、何を信じればいいの?という落ち着かない心を書きたかったんです」

『OUTSIDER』収録曲“Watch Your Back”

アメリカーナとは、ルーツが全部ミックスされたジャンル分けできない音楽

――音楽的にはどんな作品にしたいと考えたのでしょうか?

「アメリカーナと呼ばれるものがすごく好きなんです。アメリカーナの定義っていろいろあると思うんですけど、私なりに考えているのが、ルーツミュージックが全部ミックスされた、ジャンルの分断がない新しい音楽なんです。そこに今までロカビリーの世界でやってきた自分も入れこんだものを作りたいと思いました」

――ロカビリーとカントリーを中心に、さまざまなルーツミュージックの要素が混ざりあった『OUTSIDER』は、まさにアメリカーナな作品になっていると思います。堀口さんがアメリカーナに興味を持ったきっかけは、ロカビリーのルーツを遡ったことだったんですか?

「きっかけはニーコ・ケイスに出会ったことでした。ロカビリーの先輩が〈これ、好きなんだ〉って教えてくれたんです。ニーコ・ケイスを入口に、いろいろアメリカーナと呼ばれるアーティストの新譜を聴くようになったんですよ」

――どんなところに魅力を感じたんですか?

「それまで私は1950年代のものから現行のものまでロカビリーを中心に聴いていたんです。ロカビリーって、リズムは跳ねてなきゃいけないとか、ウッドベースじゃなきゃいけないとか、いろいろ決まりごとがある、ある意味、様式美の世界なんですけど、そういう決まりごととはまったく関係ないものに出会えたというか。ニーコ・ケイスの音楽から、そういう自由さをすごく感じたんです」

――THE WOLF BAITSでもアメリカーナと言えるアプローチに取り組んでいましたね。

「学びの途中でしたね(笑)。でも、THE WOLF BAITSのときは3ピースだったし、何かロカビリーっぽいことをやらなきゃいけないんじゃないかという意識はありました。お客さんもそういうものを求めていたと思うし、3ピースってなると、3人全員がメインって私は思っちゃっていて。だから、今回、4ピースになれてすごくよかったです」

 

ペダルスティールの音色が『OUTSIDER』の要

――Desperado Gentlemenと名づけられた3人の凄腕ミュージシャンたちは、今回、ソロアルバムを作るために集めたのでしょうか。それともライブをするために集めて、それがレコーディングに発展したのでしょうか?

「ライブもお願いしているんですけど、ソロアルバムを作るならこの人たちだと思っていました」

――3人とはどんなふうに出会ったんですか?

「THE WOLF BAITSが活動休止して、1人になった時に最初に誘ったのがウッドベースの北島くんで、彼は10年以上前から友達なんです。一番やりやすいという理由で誘いました。中村くんはTHE NEATBEATSのドラマーなんですけど、THE NEATBEATSとはLEARNERSでもよく対バンしているし、台湾ツアーも一緒に行ったし、THE WOLF BAITSのアルバムも(THE NEAT BEATSのMR.PANこと)真鍋(崇)さんに録ってもらっていたし、何かとお世話になっているので、その繋がりでお願いしました」

――そして、最後にペダルスティールの宮下広輔さんに声をかけた、と。

「宮下さんは対バンで出会ったんですけど、初めて出会った時に〈この人、絶対に一緒にやりたい!〉と思いました。前々から自分の音楽にはペダルスティールを入れたいと思っていたんですけど、宮下さんは他のペダルスティールプレイヤーと違って、ニッキー・レーンとか、アメリカン・アクアリウムとか、そういうアプローチができる人だと思って。ちょっとサイケデリックと言うか、宮下さんはグレイトフル・デッドが好きなんですけど、いくらギャラを払ってもいいから一緒にやりたいと思って、めっちゃ口説きました。宮下さんが今回のソロアルバムのサウンドの要なんです」

――確かに堀口さんと宮下さんの、ほぼツインリードと言えるギターアンサンブルは大きな聴きどころだと思います。

「それをやりたかったんです。歌もののバックで、ふぁ~ってスティール・ギターが入っている曲もあるんですけど、宮下さんはロックなアプローチで攻めることもできるから、バンドっぽいサウンドでやりたかったんです」

――インストの“Roadrunner”、“Teana”を含めた今回の13曲は、いろいろな時期に書かれたものだそうですが、どんなふうに選んだのでしょうか?

「ペダルスティールの音色が映える曲がいいなと思いました。宮下さんと出会ってからは、それありきで曲を作っているんです。ペダルスティールが入っていないと、アメリカーナなサウンドにならないような気がするんですよ」

――それぞれに趣向を凝らした多彩な曲調は、堀口さんが曲を作った時には、もうイメージしていたんですか?

「デモの段階で、これはウェイロン・ジェニングスみたいにやりたいとか、これはジェイミー・ワイアットみたいにやりたいとか、1曲ずつゴールを決めてました」

堀口チエの憧れはニッキー・レーン

――『OUTSIDER』を聴きながら、今、堀口さんがおっしゃったようにレファレンスが想像できる曲がいくつかあって、そういうところが音楽マニアには堪らない聴きどころだと思うのですが、ちなみにロッキンなカントリーナンバーの“Austin Texas”はニッキー・レーンですよね(笑)?

「そうなんですよ(笑)」

『OUTSIDER』収録曲“Austin Texas”
 

――堀口さんのウェブサイトにフェイバリットアーティストの名前が挙げられていて、そこにもニッキー・レーンは入っているのですが、フェイバリットに挙げている他のアーティストに比べて、わりと最近の人じゃないですか。堀口さんにとって、ニッキー・レーンはやはり大きな存在なのでしょうか?

「めちゃくちゃデカいです。最初はあまりピンと来なかったんですけど(笑)、彼女の音楽を聴いているうちにいちばん好きなアーティストになっていました。彼女、古着も含め、ファッションも詳しいんですよ」

――もともとファッション業界で働いていたし、今も音楽活動の傍ら、ナッシュビルで〈High Class Hillbilly〉というヴィンテージショップもやっていますしね。

「カルチャーも詳しいし、絶対媚びないみたいな歌声もしているし。彼女の曲ってあんまりポップじゃないんですよ。メロディーとか、コードが少ないところとかが。音楽だけじゃないバックグラウンドも含め、彼女自身のスタイルを作りあげているところがすごく好きで、だからファッションも真似してるんです(笑)」

ニッキー・レーンの2014年作『All or Nothin’』収録曲“You Can't Talk To Me Like That”のライブ映像

 

カントリーには普通の人たちや弱い人たちの気持ちが込められている

――今回、オールマン・ブラザーズ・バンドの“Midnight Rider”をカバーしたのはどんな理由から?

「きっかけはスタッフからの提案です。候補曲をいくつか挙げてもらって、そのなかから選びました。オールマン・ブラザーズ・バンドはもともと好きだったということもあるんですけど、この曲はウィリー・ネルソンとか、シェリル・クロウとか、いろいろな人がやっているので、普通にやりたい、歌いたいと思いました」

『OUTSIDER』収録曲“Midnight Rider”
 

――THE WOLF BAITSのアルバムではワンダ・ジャクソンの“Funnel Of Love”をカバーしていました。また、7月30日にリリースした7インチのソロシングル“Watch Your Back”のカップリングは、ニール・ヤングの“Pocahontas”のカバー。

「カバーするのが好きなんですよ。ライブでもけっこうやるんです。私自身、自分の好きなアーティストのカバーがきっかけでオリジナルを聴くことが多いので、そんなふう私のカバーを聴いて、その曲に興味を持ってもらえたらうれしいです」

――“Pocahontas”はどんなところに惹かれたんですか?

「ネイティブアメリカンが曲のテーマになっていることがやってみたいと思った理由でした。それは『OUTSIDER』のテーマと繋がっているし、『OUTSIDER』に“Teana”というクロウハンマーという奏法で弾いたバンジョーのインストが入っているんです」

『OUTSIDER』収録曲“Teana”
 

――“Teana”はネイティブアメリカンの言葉で夜明けを意味するそうですね。

「バンジョーは、奴隷として連れてこられたアフリカの人たちが故郷の楽器を思い出して製作したものが起源となっているんです。奴隷だったアフリカ人もネイティブアメリカンも、社会から外された弱い立場の人という点では共通していますよね。そういう点で両者は繋がっていると思う。彼らの音楽であるカントリーやブルースには歌詞に悲しさ、寂しさが入っていて、私はそこにいちばん惹かれているんです。自分のなかでは、それが音楽の本質と言っても過言ではないぐらいに思っていて。それって売れるために作る音楽とは真逆だなという思いが『OUTSIDER』の根底にはあると思います」

――カントリーって日本ではなぜか能天気な音楽とか、金持ちの白人の音楽と誤解されているところもあるじゃないですか。

「そうそう、それが許せなくて(笑)。そっちではなく、私は普通の人たちや弱い人たちの気持ちが込められたカントリーをやりたいんです」

 


LIVE INFORMATION
CHIE HORIGUCHI『OUTSIDER』発売記念ライブ
2021年10月29日(金)東京・新代田 FEVER
開場/開演:18:30/19:00
​出演:CHIE HORIGUCHI/ヒックスヴィル
前売り/当日:3,500円/4,000円(いずれもドリンク代別)
配信チケット(steaming+):1,500円
https://eplus.jp/sf/detail/3505760001-P0030001
発売期間:2021年10月12日~2021年11月4日(木)21:30
アーカイブ期間:2021年11月4日(木)23:59まで
★詳細はこちら