トピック

DedachiKentaが東京での初ワンマンライブTransit Jamを開催 レナート・イワイ、エリアス・チアゴらがバンドに参加

DedachiKentaが東京での初ワンマンライブTransit Jamを開催 レナート・イワイ、エリアス・チアゴらがバンドに参加

DedachiKentaが2022年3月24日(木)に東京・渋谷のVeats Shibuyaでワンマンライブ〈Transit Jam〉を開催する。

2021年、“Tattooed Hollywood”“Strawberry Psycho”“Stay with me”と話題のシングルを立て続けにリリースしたシンガーソングライターのDedachiKenta。彼が、待望のワンマン公演〈Tokyo first one man live “Transit Jam”〉を行う。

会場は、2019年にファーストアルバム『Rocket Science』のリリース記念ライブを行ったVeats Shibuyaだ。前回はさかいゆう、FAITHをゲストに迎えたイベント形式で、大阪では単独公演を開催したが、東京でのワンマンライブは今回が初になる。

バンドには、昨年オンエアされたCS歌謡ポップスチャンネルの音楽番組「WOW!iSM ーL!VEー from RITTOR BASE」でのセッションが好評を博したレナート・イワイ(Renato Iwai)、エリアス・チアゴ(Elias Thiago)らがメンバーとして参加する。

〈Tokyo first one man live “Transit Jam”〉は、本日1月7日18:30からぴあでオフィシャル先行の受付がスタートしている。プレミアチケットになることは必至なので、早めに申し込みたいところ。

なお、DedachiKentaは、昨年8月から新曲を隔月で配信リリースするなど積極的に活動中で、12月22日には初の全日本語詞のオリジナル楽曲“Stay with me”をリリースしたばかり。同曲については、本日、米LAで撮影したミュージックビデオのメイキング映像やフォトセッションの様子がDedachiKentaのYouTubeチャンネルで公開された。こちらもぜひ併せてチェックしてほしい。

 


LIVE INFORMATION
Tokyo first one man live “Transit Jam”

2022年3月24日(木)東京・渋谷 Veats Shibuya
開場/開演:18:30/19:00
前売り:4,000円(税込/ドリンク代別) ※全席自由・整理番号付き

■オフィシャル先行(ぴあ)
受付期間:2022年1月7日(金)18:30~2022年1月16日(日)23:59
当落結果発表日時:2022年1月19日(水)18:00
https://w.pia.jp/s/dedachikenta22ohp/

■PG先行(ぴあ/ローソン/イープラス)
受付期間:2022年1月19日(水)以降
お問い合わせ(SOGO TOKYO):03-3405-9999(月〜土 12:00〜13:00/16:00〜19:00 ※日曜・祝日を除く)
https://sogotokyo.com/

■一般販売
受付期間:2022年2月5日(土)10:00

 

RELEASE INFORMATION

DedachiKenta 『Stay with me』 DedachiKenta(2021)

リリース日:2021年12月22日
配信リンク:https://erj.lnk.to/nH9zN5

TRACKLIST
1. Stay with me

 


PROFILE: DedachiKenta
米LAの大学に通う21歳のシンガーソングライター〈DedachiKenta (デダチケンタ)〉。99年11月26日、長崎生まれ、千葉育ち。幼少期よりアコースティックギターをはじめ様々な楽器を嗜む。14歳から始めたYouTubeへのカバー動画投稿が世界中の音楽ファンの間で話題を呼び、18歳の夏に渡米・留学。2018年11月21日に『This is how I feel / Memories』の2曲でサブスク先行配信デビュー。R&B、フォーク、ゴスペルなどのフレーバーを併せ持つメロウ且つポップなソングライティングセンスで、洋邦の枠を超え全国FM29局のパワープレイに選出された。2019年、YouTubeが注目するアーティスト10組〈Artists to Watch〉にも選ばれ、4月10日にはタワーレコード限定CD『breakfast for dinner』を発表。AmPmが5月22日にリリースした“more feat. DedachiKenta & FUNTYME”にはボーカルとリリックで参加。LAと日本を往復しながら1年をかけて制作された待望のファーストアルバム『Rocket Science』を10月30日にリリース。2020年3月、コロナ禍で大学の講義はすべてオンラインに。アメリカの国家非常事態宣言を受けて一時帰国するが、音楽活動を止めることはなかった。Kan Sano、Mabanuaによるリミックス、日本語詞を交えた自身のオリジナル楽曲のリメイク、小坂忠を客演に迎えた映画の主題歌をコンスタントに発表する傍ら、話題のCMソング歌唱等で活動の幅を広げる。2021年に入り大学が再び開校し、1年ぶりに3月にLAに戻る。10月リリースの“Strawberry Psycho”はサブスクのバイラルチャートにランクインするなど、続々と話題の新曲を発表。YouTube/Instagram IGTVでは毎月第二水曜日にレギュラー企画〈Kenta’s Journal〉を配信中。またTikTokアカウントも開設され、LAからの情報や音楽を発信する。

関連アーティスト