2022年3月24日に東京・渋谷のVeats Shibuyaで開催されたDedachiKentaの〈Tokyo first one man live “Transit Jam”〉。タイトルのとおりに満を持して開催された東京での初のワンマンライブにして、弾き語りとバンドメンバーとの共演の二部構成で魅せた特別な公演だった。新曲“Fire and Gold”でEPICレコードジャパンからメジャーデビューすること、〈Kenta Dedachi〉への改名など、ビッグニュースの発表もされたこのライブの模様をレポートする。 *Mikiki編集部


 

「みなさまにご案内申し上げます。この飛行機は、只今から30分後に……」。日本語をはじめ、英語やフランス語など様々な言語の機内アナウンスが聞こえる。DedachiKentaの東京での初のワンマンライブ〈Transit Jam〉の会場、Veats Shibuyaでは、多くのファンが今夜の主役の登場を待っていた。しかし、その場で聞こえてくるのが音楽ではなく機内アナウンスだというのがユニークで、ステージ上には旅行用のトランクがいくつか置かれてもいる。この日のライブを特別にする演出の数々は、開演前からオーディエンスを〈Transit Jam〉の旅へと誘っていた。

 

フロアが暗転し、上手からすっと現れたDedachiKentaは、アコースティックギターを手に弦を爪弾きはじめる。ギターの出音を確かめたDedachiKentaは、まるで〈ああ、良い音〉と言わんばかりに微笑んだ。まずは2019年のファーストアルバム『Rocket Science』から、“I’ll be fine”。穏やかなバース(Aメロ)から、コーラス(サビ)でふわっと広がっていく軽やかな展開は、まるで飛行機の離着陸のよう。

“I’ll be fine”を歌い終えて拍手に包まれる中、「みなさんこんばんは、DedachiKentaです! うわ〜、たくさんいる! 元気だった? How are you?」と喜びの声を上げるDedachiKenta。ファンへの感謝、そしてひさしぶりのライブへの緊張を明かしながら、弾き語りによる一部とバンドメンバーを迎えた二部で構成される今回の〈フライト〉について説明すると、「一部はYouTubeの〈Kenta’s Journal〉のように進めていきます。楽しんでいきましょう!」と親密な空気を作り上げる。

続く“20”については、19歳の頃に初めてアメリカのプロデューサーたちとコライト(共作)した際のエピソードを語る。BTSの“HOME”の作曲で知られるクリスタ・ヤングス(Krysta Youngs)、そしてブリトニー・スピアーズから日本の安室奈美恵までを手掛けるアダム・キャピット(Adam Kapit)という世界的なプロデューサー2人ともに、 LAのダウンタウンを眼下にハリウッドサインを望むアダムのプライベートスタジオでおこなった共同作業は非常にスピーディーで、刺激にあふれたものだった――。そんな導入から、“20”がスタート。6連符で駆け上がるブリッジ(Bメロ)を経て、ギターをミュートして刻まれるリズムに導かれ、伸びやかかつ切なげなコーラスになだれ込んでいく様が感動的だ。歌にもパーソナルな思いが乗っており、2曲目にして既にハイライトだと感じた。

〈20歳になったらどんなことが起こるのかな? 僕は何ができるんだろう?〉という期待やドキドキ感を歌うたびに感じる、と“20”への思いを明かし、その次に歌ったのは希望を込めた賛美歌“It is well”だ。「どんなことが起こっても僕やあなたの心には平和がある、という曲です」。そう言って、祈りのようなアカペラで静かに歌いはじめる。ギターはほとんどベース音を弾くのみのシンプルな演奏で、神聖な温かさがフロアを包み込んでいった。そして、そのまま“Life Line”へ。ルーツである賛美歌と自身の曲がシームレスに繋がっていくライブは、DedachiKentaというシンガーソングライターならではと言えるだろう。

「チルな曲をいっぱいやったので、眠たい人、いませんか?」と語って観客の笑いを誘いつつ、ギターを交換して次に披露したのはコナン・グレイ(Conan Gray)の失恋ソング“Heather”のカバーだ。Z世代から圧倒的な支持を受けているこのシンガーソングライターについてDedachiKentaが明かしたのは、日本人とアイルランド人の両親を持つコナン・グレイが、日本らしさやアジアらしさが随所にある表現を世界中に届けていることへの共感と憧れだった。悲しげな“Heather”を歌いはじめると、終盤では〈僕は意中の相手が好きな女の子「Heather」になりたい〉と力強いハイトーンで歌い上げ、エモーションが爆発。曲の解釈と圧倒的な表現力に驚かされたが、演奏後の「めちゃくちゃ切ない、超失恋の曲ですね〜」という一言で、張り裂けそうな切ないムードがほどけていった。

「それでは、二部でもお世話になるチアゴさんを迎えて、あと2曲やりたいと思います。Please welcome, Thiago!」とギタリストのエリアス・チアゴ(Elias Thiago)をステージに招き入れる。2人で演奏するのは、“This is how I feel”と並ぶもうひとつのデビュー曲“Memories”。大切な人々への感謝、幼少期の思い出を振り返った時の幸福感を込めたという軽快なナンバーだ。「Ready?」とチアゴに声をかけて呼吸を合わせると、彼の温かいギターの音色に導かれるようにして歌いはじめる。オーディエンスはリズムに乗って自然とハンドクラップを始め、一体感が醸成されていった。1コーラス目が終わると、チアゴはDedachiKentaと一瞬顔を見合わせてから、流麗なギターソロを披露。

そして、チアゴがギターを爪弾く中、DedachiKentaは「第一部の最後は歌に専念したいと思います。チアゴ、ギターでリードしてください!」と告げてギターを置き、ハンドマイクで“I can’t seem to let you go”を歌いはじめる。両手でマイクを包んで〈Ooh〉と見事な高音部を切々と歌い上げるDedachiKenta、そしてギターで穏やかな調べを奏でるチアゴ。2人の一心同体なパフォーマンスに、ぐっと引き込まれる。

「ありがとうございます! See you in a few minutes!」。笑顔でステージを去る2人。まるで親密なホームライブに招かれたかのような感覚を観客に残し、第一部は幕を閉じた。

しばしの休憩を挟んで、第二部が開始。DedachiKentaは、どことなくマイケル・ジャクソンを思わせるシルエットのジャケットを羽織って再び舞台に現れた。そんな彼を、下手のチアゴ、上手のレナート・イワイ(Renato Iwai)が脇を固める。

1曲目は、オーセンティックなアコースティックギターの音色と共にスタートする“Tattooed Hollywood”。レナートがパッドで叩き出す4つ打ちのエレクトロニックビートが加わり、LAの爽やかな空気が会場を吹き抜ける。

「それではみなさん、Stage Twoを始めたいと思います! Hoo!」と告げて“Walking In The Rain (Alright)”を続けるDedachiKentaに、オーディエンスは体を揺らして手拍子で応える。軽快なカッティングが紡ぐグルーヴがハッピーなムードを生むチアゴのギターと、リズミカルで端切れの良い歌を聴かせるDedachiKenta。ステージ上で歌っているのは、第一部とはまったく異なる〈ポップスターDedachiKenta〉だ。

「素晴らしいチームのメンバーです!」と、共に音楽を奏でる仲間であるチアゴとレナートを会場に紹介すると、DedachiKentaは「Let’s have a little fun, shall we?」と2人に声を掛けてAmPmとのコラボ曲“more”をスタートさせた。こちらもリズムギターの軽快さが印象的な、アップテンポでブリージンな曲。ビートに合わせて嬉しそうに歌いながら、そばに置かれたキーボードも弾くDedachiKentaの姿に、思わずこちらも笑顔になる。

〈Kenta流のシティポップ〉とでも言うべき曲を立て続けに披露し、Veats Shibuyaをダンスフロアに仕立て上げた後は一転、ヨレたビートがダークな雰囲気を醸し出す“This Kind of Love”へ。この曲でも自らキーボードを弾き、さらに「This kind of love」と繰り返すコーラスで高く伸びていく歌がとりわけ強い印象を残した。

次は、未発表曲“Green Eyed Monster”をエレキギターの弾き語りで披露。不安定な心情を歌った“Green Eyed Monster”は少しヘビーな余韻を残したが、DedachiKentaはすぐに「みなさん、楽しんでますか?」と明るく観客に声をかけて空気をほぐす。

会場で流れていたSEと舞台上のスーツケースについて触れながら、「旅に出ている感じ、味わえたでしょうか? 僕は今、大学を休学中で、このライブは〈Transit〉(乗り換え)をしている期間にfriendsと一緒に〈Jam〉をする、という意味なんです」と、公演の趣旨を語るDedachiKenta。「みなさんの人生の旅の途中で道が重なり合い、こうやって大好きな音楽を分かち合えるのは素晴らしいことですよね!」と、この日の特別さを言葉にした。

続けて歌ったのは、デビュー曲の“This is how I feel”。ライブの翌日にリリースされるリミックスは、レナートの紹介によってブラジルの若き天才エコロジック(Ecologyk)が担当したという。ウクレレを抱えて歌うDedachiKentaをレナートがベースで支える軽やかなこの曲は、春にぴったりな曲だと実感した。

続けて、チアゴのカッティングギターが実にファンキーでダンサブルな“Step by Step”をソウルフルに歌う。ジャンプしながら歌ってもまったくブレないDedachiKentaの歌の芯の強さ、そしてアーニー・アイズレーを彷彿とさせるチアゴのギターソロが見事だった。

間髪を入れずに、昨年10月に発表されて話題になったシングル“Strawberry Psycho”を披露。ワウギターにヘビーなベースとダンスビート、DedachiKentaの歌と赤や緑の照明が怪しげな世界を描き出していく。

「This is the last song!」と言ってすぐに歌い繋いだのは、〈Transit Jam〉を象徴するような“Fly Away”。飛行機で上昇していくイメージを喚起させるパワフルな曲を今日一番の力強さで歌い上げ、フロアをとびきりホットに染め上げて、3人はステージを去っていった。

もちろん、オーディエンスはアンコールを強く求めた。手拍子がフロアを満たしていき、しばらくすると、その声に応じたDedachiKentaは「アンコールありがとうございます!」と舞台に戻った。スタッフと会場への感謝を述べると、〈Transit Jam〉のためにデザインしたグッズを紹介。「アメリカの大学生はみんな水筒を持っていて、ステッカーを貼っているんですよ」という、自身の大学生活を反映させたステッカーセットだ。

アンコールの1曲目は、全編日本語詞の親密な“Stay with me”。「普段の生活に戻れない毎日だけど、助け合っていこうよ、という歌です」と、レナートのエレクトリックピアノとチアゴのアコースティックギターに乗せて、温かなバラードを切々と歌う。後半のブリッジでは「声は出せないけど、心の中で一緒に歌ってもらえますか?」と観客に呼びかけ、マイクを外して〈春色の服とか〉から始まる印象的なラインを歌い上げた。DedachiKentaと心を共にしたフロアは、無音の大合唱と感動的な空気に包まれた。

そして、「懐かしい曲をたくさんやったので、最後はとびっきり新しい曲をやりたいと思います!」と、レナートと共にブラジルの素晴らしいミュージシャンたちと制作した新曲“Fire and Gold”を初披露。さらに、EPICレコードジャパンからのメジャーデビューをすること、そして〈Kenta Dedachi〉への改名を会場に告げ、祝福の拍手が新生Kenta Dedachiに贈られた。「この曲で新しいKentaをkick startしたいと思います!」と、強力なベースラインとレゲトン調のビートに導かれて、駆け上がっていくようなメロディーを歌う。今までにないフレッシュでポップなサウンドの“Fire and Gold”を耳にした会場の誰もが、その正式なリリースが待ち遠しくなったはずだ。

「ありがとう!」と“Fire and Gold”を歌い終えてオーディエンスと記念撮影をすると、最後に「みんなとまた会える日を祈ります。Thank you so much for comin’! 良い旅を!」と告げ、手を振り、深々とお辞儀をして、Kenta Dedachiは微笑みながらステージを後にした。

 

普遍的な言葉とメロディーを歌うオーセンティックなシンガーソングライターとして舞台に立った第一部、モダンなポップシンガーとしてのステージングで観客を魅了した第二部と、まったく異なる対象的なパフォーマンスを見せた〈Transit Jam〉。今のDedachiKenta、いや、Kenta Dedachiの全てを奏で切ったライブだったと言えるだろう。まるで2枚組のアルバムかレコードのA面とB面のような、多彩な構成で魅せたこの素晴らしい夜のことは、今後の彼のキャリアにおけるメルクマールになるにちがいない――そう考えるのは、早すぎるだろうか? なぜなら、Kenta Dedachiの新たな旅は、今始まったばかりだからだ。

 


SETLIST
1. I’ll be fine
2. 20
3. It is well
4. Life Line
5. Heather
6. Memories
7. I can’t seem to let you go

8. Tattooed Hollywood
9. Walking In The Rain (Alright)
10. more
11. This Kind of Love
12. Green Eyed Monster
13. This is how I feel
14. Step by Step
15. Strawberry Psycho
16. Fly Away

ENCORE
1. Stay with me
2. Fire and Gold

 


RELEASE INFORMATION
Kenta Dedachi “Fire and Gold”
レーベル:EPICレコードジャパン
リリース日:2021年4月13日(水)
東京国際工科専門職大学・大阪国際工科専門職大学・名古屋国際工科専門職大学 新TV CMタイアップ曲

TRACKLIST
1. Fire and Gold

 


PROFILE: Kenta Dedachi
米LAの現役大学生、22歳のシンガーソングライター。YouTubeのカバー動画が世界中の音楽ファンの間で話題を呼び、18歳の夏に渡米。LAと日本とを往復しながら制作されたファーストアルバム『Rocket Science』は次世代のボーダレスなポップスとして高い評価を得る。4月リリースのメジャー第1弾シングル“Fire and Gold”(EPICレコードジャパン)よりDedachiKentaあらためKenta Dedachi名義での活動をスタートさせる。