トピック

小泉今日子、乃木坂46久保史緒里、BTS、セントチヒロ・チッチ、BUCK-TICKなど7月に買いたい音楽/カルチャー関連書籍

小泉今日子、乃木坂46久保史緒里、BTS、セントチヒロ・チッチ、BUCK-TICKなど7月に買いたい音楽/カルチャー関連書籍

2023年7月に発売される書籍の情報をまとめました。今回は、Mikikiが注目する10冊をセレクトしています。該当作品のTOWER RECORDS ONLINEの商品ページのリンクなどもあわせて掲載していますので、ぜひお役立てください。なお、TOWER RECORDS ONLINEでの取り扱いが終了している場合もございますので、ご了承ください。タワーレコード店頭での取り扱いは各店舗にお問い合わせください。


 

7月7日(金)発売

アンドリュー・シャルトマン, 樋口武志 『「スーパーマリオブラザーズ」の音楽革命』 DU BOOKS(2023)

映画「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」の公開を記念して、「スーパーマリオ」シリーズの音楽に関する初の論考本が登場。任天堂の名作ゲームの音楽を数多く手掛けてきた近藤浩治による作曲術を、クラシックなどの学術論文を書いてきた音楽研究家、アンドリュー・シャルトマンがわかりやすく解説します。

 

7月7日(金)発売

川上未映子 『深く、しっかり息をして 川上未映子エッセイ集』 マガジンハウス(2023)

川上未映子による、雑誌「Hanako」の連載エッセイ「りぼんにお願い」が書籍化。メイクやファッションの悩みから、季節の移り変わり、社会の中での女性の変化について、ときにユーモラスに、ときに勇敢に、ときに暖かく、読者へと語りかけるように書かれたエッセイには、小説作品とはまた違った著者自身の思いや変化が綴られています。ちなみに、7月14日(金)からは川上による「アイスクリーム熱」を原案にした映画「アイスクリームフィーバー」が公開!

 

7月7日(金)発売

小泉今日子 『ホントのコイズミさん WANDERING』 303BOOKS(2023)

小泉今日子による人気ポッドキャスト番組「ホントのコイズミさん」の、前著「YOUTH」に続く書籍化第2弾。今回は、吉本ばなな、和氣正幸、佐藤健寿、林紗代香&菅原信子とのトークが活字と写真で楽しめる一冊です。一部未公開を含む、各ゲストと連動した本だけの企画ページも!

 

7月11日(火)発売

久保史緒里 『乃木坂46 久保史緒里1st写真集 交差点』 集英社(2023)

乃木坂46の人気メンバーとしてグループを牽引するほか、大河ドラマ「どうする家康」への出演や雑誌「Seventeen」の専属モデルなど、多彩な分野で活躍する久保史緒里による待望のファースト写真集が完成。思い入れの深い地元の東北と今の生活拠点である東京を行き来するなかで垣間見える彼女の、今までに見たことのない表情を1年以上にわたって撮影しています。初挑戦となる水着とランジェリーカットでは、色白でしなやかな美ボディを披露!

 

7月11日(火)発売

BTS 『BEYOND THE STORY ビヨンド・ザ・ストーリー:10-YEAR RECORD OF BTS』 新潮社(2023)

デビュー10周年にして初のオフィシャルブックとなる本書は、3年以上にわたる深層取材を敢行し、7人がインタビューを通して聞かせるグループの軌跡とビハインドストーリーがあきらかに。アーティストとして、また個人としてのBTSの素顔とまなざしを収めた未公開ポートレート21枚を掲載!

 

7月12日(水)発売

KAN, イヌイマサノリ 『歌詞(うた)の本棚 愛は勝つ』 リットーミュージック(2023)

楽曲の歌詞に着目し、人気のイラストレーターが自らのフィルターを通してその世界観を絵本として再構築するプロジェクト。第2弾となる本書では、KANの代表曲“愛は勝つ”を取り上げています。普遍的な愛を想起させる歌詞が、気鋭のイラストレーター、イヌイマサノリの絵により、大人から子どもまで楽しめる、心温まる内容に。巻末には、本曲のコード譜を掲載しているので、歌いながら楽しむこともできる一冊に仕上がっています。

 

7月12日(水)発売

セントチヒロ・チッチ 『いままでも これからも』 KADOKAWA(2023)

6月29日に開催された東京ドームワンマン公演をもって解散したBiSHのメンバー、セントチヒロ・チッチによるグループ解散後初の著書となる自叙伝がリリース。写真家、桑島智輝の撮り下ろし写真も収録されます。

 

7月12日(水)発売

アンソニー・デカーティス, 奥田祐士 『ルー・リード伝』 亜紀書房(2023)

ニューヨークを代表するアーティスト、ルー・リードがこの世を去ってから今年で10年。本書は、生前のルーと間近に接したジャーナリストが、多数の関係者の証言と名曲の数々の歌詞を分析して天才の仕事の全体像に迫ります。

 

7月13日(木)発売

水谷豊, 松田美智子 『水谷豊 自伝』 新潮社(2023)

水谷豊が出演作の秘話から実人生の起伏、多彩な交友録まであますところなく語り尽くした初の著作。代表作「傷だらけの天使」や「熱中時代」の話や、離婚と再婚、親友との永遠の別れ、俳優としての美学と監督としての思いなど、みずから「こんなに自分の過去を振り返ろうとしたことは一度もなかった」と激動の半生を語っていきます。

 

7月24日(月)発売

BUCK-TICK 『BUCK-TICK GUITAR ARCHIVES 1987-2023 [revised edition]』 シンコーミュージック(2023)

2012年にメジャーデビュー25周年を記念して出版した今井寿と星野英彦によるギターブック「BUCK-TICK GUITAR ARCHIVES 1987-2012」をアップデートし、35周年記念本「BUCK-TICK GUITAR ARCHIVES 1987-2023 [revised edition]」としてリリース。増補改訂版となる本書には、最新撮り下ろし写真や最新インタビューなど約90ページにわたる新情報がプラスされます。