イベント&ライブ・レポート

ASKA、まさかの先行上映にまさかの本人登場 見どころだらけだった一夜限りのWonderful World Live上映会をレポート

 〈ASKAまさかの先行上映~ 一夜限りのWonderful World Live〉と題されたライブ映像作品の先行上映会が、Blu-ray+Live CDのリリースに先駆けて、9月19日、全国のユナイテッド・シネマの25会場で行われた。東京のユナイテッド・シネマ豊洲(スクリーンナンバー10)では、上映終了後にASKAが登場して舞台挨拶をするサプライズもあった。〈まさかの先行上映〉に〈まさかの本人登場〉という〈まさか〉の重なる夜となったのだ。

 上映会がスタートしたのは19時。ライブ映像が上映される前に、ASKAの事前収録コメント映像が流された。

 「自分の作品でありながら、つい自分で身を乗り出して観てしまうシーンもあって。音や視覚だけではなく、ホールに充満した〈気〉さえも収められるんだなと改めて感じました」

 そんな言葉どおり、映像からは歌や演奏とともに、ASKAやメンバーの気迫や情熱、客席の熱気や感動や興奮までもが伝わってきた。

 上映されたライブ映像作品は5月25日の東京国際フォーラムホールA公演を収録したものである。生のライブとはまた違う、映像作品ならではの楽しみ方や魅力があることも再確認した。ライブ映像作品を映画館で観る醍醐味の1つは、ディテールまで大画面でじっくり楽しめることだろう。特にうれしいのは、ASKAやメンバーの表情や動作を至近距離から確認できることだ。ステージ上の全員がASKAの歌に集中して心を1つにして演奏していることがわかる。チームの結束力の強さも浮き彫りになるのだ。ASKAが今年3月のデイヴィッド・フォスターとの共演について、コメントする場面がある。

 「共演して何がうれしかったか。デイヴィッドが〈ASKAのメンバーは素晴らしいね〉と言ったこと。鼻が高かったよ」とASKAが話した時のメンバーの表情にもグッときてしまった。ASKAとバンドのメンバーがいかに互いを信頼しているか、そして強い絆で結ばれているかが、映像からも確かに伝わってきた。

 見どころだらけの映像作品だ。空、海、山、草原、花などの地球の美しい自然を捉えた映像に続いて、ASKAのフェイクによる始まりのシーンの見事さにも息を飲んだ。ASKAの全身から歌が立ち上がり、会場内に充満していく。ASKAとバンドのメンバーとが一体となって、歌を奏でている。“地球という名の都”“C-46”“青い海になる”などなど、ASKAの歌い手としての現在の表現力の豊かさを堪能。“太陽と埃の中で”や“モーニングムーン”などでは、観客の熱気がスクリーン越しにも確かに伝わってきた。映画館であるにもかかわらず、拍手したり、こぶしをあげたりして盛り上がる観客もいた。スクリーンに集中していると、ついここが映画館であることを忘れてしまいそうだ。宮﨑薫がゲストボーカルとして登場し、親子の音楽のリレーが実現する場面もある。“On Your Mark”では生で観た時と同様の感動やカタルシスが訪れる。

 これはコンサートという名前の作品でもあるだろう。緩急があり、起承転結があり、ストーリーがある。これは愛と勇気と希望の物語だ。ツアータイトルに〈Wonderful World〉という言葉があるように、この世界の素晴らしさが描かれている。と同時に、この世界の不条理さや不可解さも明らかになる。ASKAの歌声を聴いていると、挑むことのかけがえのなさ、前に進んでいくことの尊さを実感できる。

 上映終了と同時にASKAがスクリーン前のステージに登場。その瞬間に悲鳴にも似た大きな歓声と拍手が起こった。

 「幕張でオープニングの舞台挨拶をし、その後、豊洲に移動して楽屋で聴いていました。今回の試みは計画性がありません。瞬間瞬間におもしろそうだと思ったことをやってみたら、そこで違う景色が見えてきて、じゃあ次はこれをやろうというになり、そこでまた違う景色が見えてきたら、次にやりたいことを出てくるのが僕の活動スタイルです。コンサートはコンサートで、映画は映画でありだなと思いました」とASKA。

 その言葉どおり、ライブ映像作品を映画館で鑑賞することは特別な体験となった。9月27日リリースのBlu-ray+Live CDもさまざまな楽しみ方ができる作品となるだろう。部屋でこぶしを挙げて一緒に大声で歌うもよし、室内を真っ暗にしてじっくり鑑賞するもよし。ツアーを観た人、未見の人、どちらにとっても、多くの感動や発見をもたらしてくれるのは間違いないだろう。

 舞台挨拶の最後に、「ライブをいっぱいやるから。また会いましょう」とASKAがコメントすると、大きな拍手とともに「ありがとう!」という声がたくさんかかった。まさかの一夜限りの上映。まさかの本人登場。そして、ステージの中にも、感動や熱狂ともにたくさんのサプライズが詰まっていた。どうやらASKAのいるところでは〈まさか〉の出現率が高くなっていくようだ。2024年もたくさんの〈まさか〉を楽しめるのは間違いないだろう。

 


RELEASE INFORMATION

ASKA 『ASKA Premium Concert Tour Wonderful World 2023』 DADA label(2023)

リリース日:2023年9月27日(水)

■Blu-ray(Blu-ray+CD × 2+ストリーミング配信シリアルナンバー付き)
品番:DDLB-0023
価格:11,000円(税込)
タワレコ特典:特製チケットカード(先着)
Blu-rayには音源のみを収録したCD(2枚組)を付属

■ストリーミング配信 ※2023年9⽉27⽇より配信スタート(映像のみ)
価格︓4,620円(税込)
配信URL:https://era.travel.gr.jp/Page/wonderfulworld_live2023.aspx

Blu-ray
DISC 1
-Opening-
1. Touch the earth
2. Trip
3. ⾃分じゃないか
4. 地球という名の都
-TALK-
5. こんなふうに
6. 憲兵も王様も居ない城
7. LOVE SONG
-TALK-
8. ⾵の引⼒
9. どうしたの?
10. ⻘い海になる
-TALK-
11. C-46
12. はじまりはいつも⾬
13. しゃぼん
-MEMBER紹介-
14. To Love You More / 宮﨑薫
15. You Raise Me Up
16. 僕のwonderful world
-TALK-
17. 東京
18. 太陽と埃の中で
19. モーニングムーン
20. どんな顔で笑えばいい
21. 今がいちばんいい
22. On Your Mark
-TALK-
23. I feel so good
-Ending-

Live CD
DISC 2
1. Touch the earth
2. Trip
3. ⾃分じゃないか
4. 地球という名の都
5. こんなふうに
6. 憲兵も王様も居ない城
7. LOVE SONG
8. ⾵の引⼒
9. どうしたの?
10. ⻘い海になる
11. C-46
12. はじまりはいつも⾬
13. しゃぼん

DISC 3
1. To Love You More / 宮﨑薫
2. You Raise Me Up
3. 僕のwonderful world
4. 東京
5. 太陽と埃の中で
6. モーニングムーン
7. どんな顔で笑えばいい
8. 今がいちばんいい
9. On Your Mark
10. I feel so good

Blu-ray特設サイト
https://www.fellows.tokyo/special/tour2023_release/

 

INFORMATION
発売記念タワーレコード パネル展・⾐装楽器展⽰ 開催!

■渋⾕店
2023年9⽉26⽇(⽕)〜10⽉8⽇(⽇)
展⽰内容︓楽器(ギター)・ライブ写真パネル(写真/岡⽥貴之・⻄澤祐介)
展⽰場所︓渋⾕店 3階

■新宿店
2023年9⽉26⽇(⽕)〜10⽉8⽇(⽇)
展⽰物︓ツアー⾐装・ライブ写真パネル(写真/岡⽥貴之・⻄澤祐介)
展⽰場所︓新宿店 9階

■福岡パルコ店
2023年9⽉26⽇(⽕)〜10⽉3⽇(⽕)
展⽰物︓ライブ写真パネル(写真/岡⽥貴之・⻄澤祐介)

■梅⽥NU茶屋町店
2023年9⽉26⽇(⽕)〜10⽉3⽇(⽕)
展⽰物︓ライブ写真パネル(写真/⻄槇太⼀)

■⼤⾼店]
2023年9⽉26⽇(⽕)〜10⽉3⽇(⽕)
展⽰物︓ライブ写真パネル(写真/⻄槇太⼀)

■あべのHoop店
2023年9⽉26⽇(⽕)〜10⽉3⽇(⽕)
展⽰物︓ライブ写真パネル(写真/岡⽥貴之・⻄澤祐介)

関連アーティスト