トピック

小田和正の音楽人生を辿る評伝「空と風と時と 小田和正の世界」発売 本人&オフコースメンバー、吉田拓郎への取材などで構成された1冊

小田和正の音楽人生を辿る評伝「空と風と時と 小田和正の世界」発売 本人&オフコースメンバー、吉田拓郎への取材などで構成された1冊

小田和正の音楽人生を本人インタビューなども交えて綴った、追分日出子による著書「空と風と時と 小田和正の世界」(文藝春秋)が、2023年11月22日(水)に発売される。

70年のデビュー以来、オフコースとして約20年間活躍し、ソロとなっても数多くのヒット曲を生み出してきた小田和正。

これまで小田の人生については詳細に語られてこなかったが、本書では著者が約20年にもおよぶ年月をかけ、幼少期から現在までの76年の音楽人生を本人インタビューを中心に取材を行ったほか、元オフコースのメンバーである鈴木康博、清水仁、大間ジロー、松尾一彦にも話を訊いたという。

写真提供:株式会社ファーイーストクラブ

また、小田の盟友である吉田拓郎から見る〈人間・小田和正の魅力〉や、初期のファンクラブ会員だった作家の川上弘美が見た小田と鈴木による2人時代のオフコースも読みどころのひとつとなっている。

さらに、当時のレコード業界やレコーディング風景から、“さよなら”“眠れぬ夜”“YES-YES-YES”“ラブ・ストーリーは突然に”などヒット曲の誕生秘話も明かされる。

写真提供:株式会社ファーイーストクラブ

著者(追分日出子)コメント
小田さんには2005年以降、繰り返しお話を伺ってきました。この約20年間の小田さんの言葉がずっしり入っています。さらに、親族、友人、音楽関係者、スタッフなど、50人を軽く超える方々に話を伺いました。とくにオフコースのメンバー全員と、一人ずつお会いし、じっくりお話を伺うことができたのは貴重でした。オフコースの〈光と影の歴史〉について、当事者たちが語る初めての本になりました。また1970年代、音楽の世界が大きく変わっていく現場にいた人々の貴重な証言など、〈時代の中の小田和正〉を意識しました。さらに2022年、2023年の全国ツアーにはスタッフとしてすべて同行、ツアーコラムを評伝の間にはさみました。多くの楽曲について、その背景を知ったうえで、改めて味わって頂こうと、結果的に、60曲もの歌詞を引用しました。小田さんの歌詞は、ご自身の心のなかを見つめ、それを言葉にしています。改めて、小田さんの音楽人生とその歌詞を味わって頂けたらと思います。

 


BOOK INFORMATION

追分日出子 『空と風と時と 小田和正の世界』 文藝春秋(2023)

発売日:2023年11月22日(水)
著者:追分日出子
ISBN:978-4-16-391781-8
価格:3,190円(税込)
判型:四六判上製カバー装 632ページ
出版社:株式会社 文藝春秋
※数量限定~特製しおり付き~

 


PROFILE: 追分日出子
千葉県生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。「カメラ毎日」編集部、週刊誌記者を経て、「昭和史全記録」「戦後50年」「20世紀の記憶(全22巻)」(毎日新聞社)など時代を記録する企画の編集取材に携わる。著書に「自分を生きる人たち」(晶文社)「孤独な祝祭 佐々木忠次 バレエとオペラで世界と闘った日本人」(文藝春秋)など。