2014.12.10

名匠ダニエル・ラノワによる久々のソロ作は純インスト・アルバムに。〈肉体と機械〉というタイトルが象徴するように、しなやかなモアレを描く有機的な生音のレイヤーや、ソリッドなビートを伴ったインダストリアル・サウンドが調和と対立の狭間で共鳴し合い、ラノワ特有の青白いアンビエント世界を構築している。これ、本当に素晴らしい。凡百のアンビエント作品とは音の強度・深度がまるで違うのだ。

関連アーティスト