2015.02.10

雑食パーティー・モンスターぶりを見せつけた前作から2年、ミーク・ミルクリス・ブラウンらも援護した本作では真っ当にヒップホップを追求しています。サー・ミックス・ア・ロット使いのエロ曲などをアクセントにしつつ、全体を覆うのはドレイク以降のダウナーなムード。ジェシー・ウェア客演曲もハマっていて、奇抜なオルター・エゴに頼らずとも、その激ウマなラップだけで十二分に勝負できることを改めて証明!

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop