2014.04.17

新鋭シンガー・ソングライターの初フル作。憂いを帯びた透明感のある歌声や、10代ならではの不安や焦燥を吐露しながらも前進しようとする詞に静かな熱情を感じて、思わずハッとさせられた。ストレートなバンド・サウンドを基盤としつつも、ピアノや弦楽器を用いた美麗なシンフォニック・ロック“ゆれるユレル”や、コーラス隊を従えたファンキーなノリが初々しい“Everybody say yeah”など多彩な表情があちこちに。

関連アーティスト
TOWER DOORS