コラム

祝・ロックンロール生誕60周年! 50曲入り2枚組の特大記念コンピ〈Let It Rock!〉がメジャー3社からそれぞれ登場

祝60歳! でも、悪ガキの音楽=ロックンロールに赤いちゃんちゃんこは似合わないぜ!!

 生誕60年、ついにロックンロールも還暦か。定年? 爺さん? バカを言っちゃあいけません。ロックンロールは常に現役! いつだって青春! フォーエヴァー・ヤング!……と、オッサンをいささか血圧上がり気味にさせる、ソニー、ユニバーサル、ワーナーの3社合同企画によるロックンロール60周年記念コンピ〈Let It Rock!: Rock 'N' Roll 60th Anniversary〉がこのたび登場した。これは映画「暴力教室」の主題歌としてロックンロールが社会現象となるきっかけになった、ビル・ヘイリー“Rock Around The Clock”の全米チャートNo.1ヒットの年=55年を基点に、ビートルズが世界を席巻する63年までの楽曲を、メーカーごとに厳選した50曲入り2枚組×3タイトルの大ヴォリューム企画である。

【参考動画】V.A.『Let It Rock!: Universal Music Edition』に収録された
ビル・ヘイリー“Rock Around The Clock”

 

 内容は百花繚乱。それぞれに振れ幅は大きいのだが、チェスモータウンキングスペシャルティといったブラック・インディー系を押さえている〈Universal Music Edition〉は、チャック・ベリージェイムズ・ブラウンリトル・リチャードマーヴェレッツが同居しているという物凄い事態だし、アトランティックなどを有する〈Warner Music Edition〉はドゥワップリズム&ブルースも充実。RCAやコロムビア音源を中心とした〈Sony Music Edition〉はオールディーズ・ポップス系を中心にラインナップしていて……。つまりゴリゴリのブラック・ロックンロールから甘々のガールズ・ポップスまでの波状攻撃なのだ。そのなかで新たな出会いも待っているはず。王道にハズレなし!

【参考動画】V.A.『Let It Rock!: Warner Music Edition』に収録された
ベン・E・キング“Stand By Me”

 

【参考動画】V.A.『Let It Rock!: Sony Music Edition』に収録された
エルヴィス・プレスリー “Heatrbreak Hotel”のライヴ動画