トピック

映画「リトル・リチャード:アイ・アム・エヴリシング」が3月に公開 ビートルズらが敬愛するロックンロール創設者のドキュメンタリー

映画「リトル・リチャード:アイ・アム・エヴリシング」が3月に公開 ビートルズらが敬愛するロックンロール創設者のドキュメンタリー

映画「リトル・リチャード:アイ・アム・エヴリシング」が2024年3月1日(金)に公開される。

1950年代半ばに、音楽シーンへ彗星のように現れ、後進のロックミュージシャンに多大な影響を与えた革新的黒人アーティスト、リトル・リチャード。ビートルズやローリング・ストーンズ、デヴィッド・ボウイ、プリンス、ジェームズ・ブラウン、ジミ・ヘンドリックス、そしてエルヴィス・プレスリーまでもが彼を敬愛し、真似たとされる。

ミック・ジャガーは「ロックンロールはリトル・リチャードが始めた」と語り、エルヴィス・プレスリーは「彼こそロックンロールの真のキングだ」と称賛、ビートルズのデビュー前から彼と親交があったジョン・レノンは「初めて会ったとき、畏敬のあまり、硬直してしまった」と言い、ポール・マッカートニーは「歌で叫ぶのはリチャードの影響さ」と語っている。

そんなリトル・リチャードは、果たして一体どのような生い立ちで、どのようにしてその名を世界に刻んだのか。豊富なアーカイブ映像、本人および彼の親族や関係者、識者に加えて、ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、ポール・マッカートニー、デヴィッド・ボウイといった著名ミュージシャンによる証言映像とともに、それをつまびらかにする感動作が「リトル・リチャード:アイ・アム・エヴリシング」だ。

以下、プレスリリースから引用する。

現代ロックの誕生を導き、あらゆる障害と闘った、その知られざる史実と素顔とは?
1955年、デビュー・シングル「トゥッティ・フルッティ」の大ヒットで世に出ると、ヒット曲を連発して反権力志向の若者の心をつかみ、まさにイナズマのような活躍をみせるも突如引退を宣言。そこから5年の「教会への回帰」を経て、復帰後はイギリス・ツアーを通じて無名時代のビートルズやローリング・ストーンズに決定的な刺激と影響を与えていく。ピアノ演奏では左手でブギウギを、右手では打楽器的な打鍵を披露。激しいリズムを背景に、叫ぶように歌ったかと思えば、ピアノの上に立ち、衣服を脱ぎ捨ててステージを縦横無尽に駆けめぐる。現代ではすっかり当たり前になっているパフォーマンスの数々が約70年前にひとりの黒人シンガー・ソングライターによって開発された事実を再認識する興奮は大きく、アーカイヴ映像に残されたリチャードの演奏など今接しても全く色あせてはいない。

不遇の時代を過ごした初期ロックの雄。その美しくも激しい魂に酔いしれよう!
当時のアメリカでは南部を中心に人種差別がまだまだ激しかった。音楽活動における承認欲求も長い間満たされずにいた。また、ゲイを公言する性的マイノリティーでもあり、陽気なキャラを演じつつ、人間的であまりに壊れやすい繊細な魂を持った人物だった。これはドキュメンタリーの形を借りて描かれた、ひとりのミュージシャンの「魂の軌跡」。性的差別や偏見、時代と流行、そして信仰と音楽活動。様々な狭間の中で苦悩し闘い抜いた初期ロックの雄のための鎮魂歌にして讃歌。その魂の美しさに浸ろう。その激しさに酔いしれよう。すべては彼から始まったのだ!

ロックンロールの偉大なる創設者の一人、リトル・リチャードの知られざる史実と素顔を描く感動のヒューマンドキュメンタリー「リトル・リチャード:アイ・アム・エヴリシング」。見逃せない映画だ。

 


MOVIE INFORMATION
リトル・リチャード:アイ・アム・エヴリシング

製作・監督:リサ・コルテス(「プレシャス」製作総指揮)
出演:リトル・リチャード/ミック・ジャガー/トム・ジョーンズ/ナイル・ロジャーズ/ノーナ・ヘンドリックス/ビリー・ポーター/ジョン・ウォーターズ
​原題:LITTLE RICHARD: I AM EVERYTHING
字幕:堀上香
字幕監修:ピーター・バラカン
提供・配給:キングレコード
2023年/アメリカ/101分/カラー/ビスタ/5.1ch/DCP
©2023 Cable News Network, Inc. A Warner Bros. Discovery Company All Rights Reserved
2024年3月1日(金)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー
https://little-richard.com/