トピック

ア・トライブ・コールド・クエスト、ヒップホップの歴史変えたファースト・アルバム25周年盤が11月リリース

 

90年代のヒップホップを代表するア・トライブ・コールド・クエスト(以下ATCQ)が90年に発表した歴史的なファースト・アルバム『People's Instinctive Travels And The Paths Of Rhythm』の25周年盤が、11月13日にリリースされる(日本盤は11月25日発売予定)。
 

 『People's Instinctive Travels And The Paths Of Rhythm』25周年盤ジャケット


MCのQティップファイフ・ドーグに、DJのアリ・シャヒード・ムハマドという2MC+1DJというスタイルで88年に結成。それまでのハードコアなヒップホップとは一線を画した、枠組みにとらわれない自由なサンプリングとユーモラスなリリックは、デ・ラ・ソウルジャングル・ブラザーズらと共に〈ニュー・スクール〉と呼ばれるヒップホップの新たな潮流を生み出した。“Bonita Applebum”や“Can I Kick It ?”などの人気曲を収録した『People's Instinctive Travels~』は、デビュー作にして卓越したセンスが光る一枚。今年4月にはWax PoeticsとWhoSampledの合同企画で、ATCQの曲とルー・リードキャノンボール・アダレイなど同作のサンプル・ネタを繋いだ25周年記念DJミックス音源も公開されていた(トラックリストはこちら)。


今回の音源は、オリジナル・マスターテープからボブ・パワー(エンジニア)の手でリマスタリングが施されたもの。またデビュー25周年を祝い、ATCQから大きな影響を受けた現代のアーティストたちによって、新たに甦ったリミックス・ヴァージョンがまもなく発表されるという。今回の25周年盤リリースにあたり、Qティップは「このアルバムのことは、ずっと頭の中にあった」、アリ・シャヒード・ムハマドは「このアルバムは多くのことを意味しているが、あらゆることすべての始まりだった」と語っているとのこと。続報に期待しよう。

【参考動画】 『People's Instinctive Travels And The Paths Of Rhythm』25周年盤のトレイラ―
関連アーティスト