奇妙礼太郎率いる天才バンド、ファンキーなリズムに乗って叫び得意のラヴ・バラードも健在のメジャー進出作

2015.11.25

この2作目でメジャー・デビューを果たし、いよいよバンド名が板に付いてきた感じ。数々のカヴァーでスタンダードなポップスの印象が強い奇妙礼太郎だが、ここではファンキーなリズムに乗って叫び、聴き手を踊らせ、ロック・ヴォーカリストであることを思い出させてくれる。得意のラヴ・バラードも健在で、フィールドが変わっても彼らの曲はマイノリティーの味方だ。スタジオ・ジャム・セッションも6曲収録。

関連アーティスト
TOWER DOORS