COLUMN

大阪☆春夏秋冬ら擁するFUJIYAMA PROJECT JAPANやぷちぱすぽ☆、WHY@DOLLら今後も注目のアクトをまとめて紹介!

【特集:ZOKKON OF THE YEAR 2015 to 2016】Pt.6

ZOKKON OF THE YEAR 2015 to 2016
【特集】THE DAYS OF OUR LIVEZ
さらに膨大なリリースと地殻変動に圧倒されたZOKKONシーンの2015年! 時代が流れても、2016年も理屈抜きで楽しいものがきっと楽しいと思うのです!

★チャオ ベッラ チンクエッティが激動の1年を乗り越え、4人での初シングル『どうしよう、わたし/一期一会』を語る

★Pt.1 ディスクガイド/bounce編集部が選ぶ、2015年のアイドル盤TOP40(ぐらい)!
★Pt.2 ディスクガイド/アルバムが豊作だった2015年を象徴するアイドル盤20枚!
★Pt.3 ディスクガイド/ピ~ス!久保田と平和嶌が選ぶ、BEST NINE’15
★Pt.4 BiSH、新アルバム『FAKE METAL JACKET』を語る
★Pt.5 Party Rockets GT、GT初のシングル“虹色ジェット”を語る
★Pt.7 ディスクガイド/まだまだ膨大な新年のZOKKONディスク9枚

 


イケてるハーツ
Stand-Up!研究生たちがいよいよ立ち上がった!!

 すごい名前……と思った時点でもう術中なのでしょうが、このイケてるハーツは、アフィリア・サーガを筆頭とするレーベル=Stand-Up!の設立に際して開催されたオーディションの合格者を母体とする8人組ユニットです。そもそも彼女たちは、2014年1月のプロジェクト立ち上げからレーベルの研究生ユニットとして研鑽を積み、9月にライヴ・デビューしてからはStand-Up! Heartsという名義で活動を本格化させてきた顔ぶれ。研究生とはいえ〈@JAM EXPO〉などの大舞台も経験し、年月をかけてじっくりと知名度を上げてきたのでした。そして、結成1周年を経た昨年9月に研究生からの卒業/アイドル・ユニットへの昇格が発表され、メジャー・デビューに際してイケてるハーツへの改名を発表したというわけであります。

イケてるハーツ Let's stand up! Stand-Up!(2015)

 で、そんな長い道程を祝福するメジャー・デビュー・シングル“Let's stand up!”がいよいよリリースされます。タイトル曲を書き下ろしたのは、以前からアフィリア・サーガとも縁のあるつんく♂。ポップな意匠と素直なメロディーに乗せて女子の負けん気と焦りとアレコレを描写する様は、安定のつんく♂節と言えましょう。一方、カップリングの“私信確定”はレーベルのボスでもある志倉千代丸が詞曲を手掛けており、こちらはより現場対応な沸き曲になっています。さらにはPS4のゲーム『パンチライン』でEDテーマに採用された“ハッピーエンド”も収録され、ラインナップは硬軟自在。

 なお、彼女たちのコレオグラファーに迎えられたのが、iDOL StreetPiiiiiiiNなどの振付でも活躍する高田あゆみ(元キャナァーリ倶楽部)というのも縁を感じさせるところ。万全のバックアップを受け、イケてるハーツがどこまでイケるのか、期待しながら見守りましょう! *出嶌孝次

TOWER DOORS
pagetop