キッド・カディの新作は完全なロック・アルバム、全体をドラッギーな酩酊感で覆った作りは90sオルタナへの明らかなオマージュ

2016.02.12

配信/LPオンリーの『Satellite Flight:The Journey To Mother Moon』から1年、ウィキッド・オーサム設立後の3作目は、ついに完全なロック・アルバムに。「ビーバス&バットヘッド」の声優を迎えたり、全体をドラッギーな酩酊感で覆った作りは90年代オルタナへの明らかなオマージュで、WZRDや『Indicud』以降の自己探求が極限に達したかのよう。ラップ・ファンは『Man On The Moon III』を大人しく待ちましょうか。

関連アーティスト
TOWER DOORS