さかいゆう、ダンサブルな聴き心地が肝の4作目はAvec Avec製トラックなど新味も含めシナトラ風ジャズから歌謡ソウルまで朗々と歌う快作

2016.03.08

親交の深いOvallの面々や西寺郷太森雪之丞など豪華制作陣を迎えた4作目はダンサブルな聴き心地が肝。武井壮をイメージしたという“SO RUN”の疾走感あるホーンや、自身のピアノを排した“愛は急がず -Oh Girl-”ではAvec Avec製の打ち込みトラックで歌うなどの新味がありつつ、シナトラばりのジャズから爽快な歌謡ソウルまで、朗々と歌う彼の魅力は過去最高峰。自身の持ち味をさらに磨き上げた快作だ。

TOWER DOORS