コラム

『バハマ・ベルリン・パリ~加藤和彦ヨーロッパ3部作』

1970年代から80年代への架け橋となった加藤ワークス

『バハマ・ベルリン・パリ~加藤和彦ヨーロッパ3部作』

 1979年『パパ・ヘミングウェイ』、1980年『うたかたのオペラ』、1981年 『ベル・エキセントリック』──ザ・フォーク・クルセダーズのメンバーとしてデビューし、サディスティック・ミカ・バンドを成功させた加藤和彦が、70年代から80年代への架け橋としたのが「ヨーロッパ3部作」だ。オリジナル音源をリマスター、ボーナス・トラックを加え、60ページ強の資料がつく。このボックス・セットは、ファンのみならず、この列島の音楽のうつりゆきに多少なりとも関心があるなら、手にしたい一品。

牧村憲一,加藤和彦,大川正義 バハマ・ベルリン・パリ~加藤和彦ヨーロッパ3部作 リットーミュージック(2014)

 3部作と呼ばれるのは、異なった3カ所での録音のゆえ。当時、すでに海外での録音は特に珍しくはなかった。しかし、経済的な側面やゲスト・ミュージシャンの参加がこの3枚の目的となっていたわけではない。一緒に演奏しているのは、高橋幸宏坂本龍一細野晴臣矢野顕子小原礼大村憲司といった身近な人たちで、彼らを異なった環境へと投げこむこと、異化することこそが目指されていた。気候や空気、土地そのものの磁力があり、ひとりひとりのメンバー、その「あいだ」にはたらくもの、それが変わることが、だ。

 ひとつところではなく、それぞれに、およそ異なった場所であることによる変化。慣れる、ではなく、ちょっと、驚く。そして、馴染む。安井かずみのことばも、場とのかかわりのなかでこそ。だから、3枚をつづけて聴くと、その空気感の違いが際立つ。ベルリンの『うたかたのオペラ』を真ん中におき、バハマの『パパ・ヘミングウェイ』とパリの『ベル・エキセントリック』の異なったリラックス。後者にはすこしだけ手のひらに汗があるようなところもあったり。

 ひとつひとつの曲を、詞を、加藤和彦がどれだけ丁寧に扱ったか。アレンジと演奏=録音のプロセスに繊細であったか。ちまたではやりすたれる音楽をしばし忘れさせ、さらにはそうした音楽に、音楽のありように一考を強いるようなものとして、わたしはこのボックスを聴きなおす。