土岐麻子の新作はトオミヨウがプロデュース&G.RINAも楽曲提供、スタイリッシュで体温のある音と言葉が連なる都会的な輪郭の名曲集

2017.02.20

あおよそ1年半ぶりのオリジナル・アルバムは、Uru石崎ひゅーいらを手掛けてきたトオミヨウがサウンド・プロデュースを担当。コラボの好相性も記憶に新しいG.RINAが2曲を作曲した以外はすべてトオミが作/編曲し、土岐自身が作詞している。スタイリッシュで体温のある音と言葉の連なりは、言葉の濫用によって形骸化された〈シティー・ポップ〉像を改めて立体化するかのよう。甘美な名唱による、都会的な輪郭の名曲集。

関連アーティスト