2018.08.14

ソロ作が続くKANDYTOWNの次なるリリースはKIKUMARUの約2年ぶりとなるサード・フル。精度を上げたトラック選びにはエクゼクティヴ・プロデュースを担うRyohuの貢献が大か、おのずとアルバムとしての完成度も過去イチに。クルー外からの客演もちらほら交え、なかでも〈ネガティヴを削ってまたポジティヴを作ってく〉というBESのラインが曲に光を差し込む“March”はL-VOKALの参加も効いたタイトなリレー。スマートに情感を切り取るFEBBのオケも秀逸だ。続く“Moment's so high”の颯爽たるラップは、テンポを落としてさらに続く“Express deal”でもKEIJUの好サポートと相まって良い調子。以降、QNやMUD & GOTTZ、Dony Joint、そして終曲“Meant 2 Be”では唾奇ともマイクを交えている。

 

TOWER DOORS
pagetop