INTERVIEW

RIRIとKEIJUが明かす、小袋成彬とのコラボ曲“Summertime”制作秘話

それぞれの新作『Summertime EP』『heartbreak e.p. (deluxe edition)』に込めた思い

(左から)KEIJU、RIRI

海外産ポップスにおいてラッパーがヴァースを蹴り、それを受けたシンガーがフックを歌うマイク・リレーは定石となっている。日本のメジャー・シーンでは決して多くはない形式だが、RIRIとKEIJUがタッグを組んだ“Summertime”を聴けば〈もっと国産でこのようなコラボレーションが増えてほしい〉ときっと思うはずだ。

この曲で見事な歌声を披露しているRIRIは、群馬県出身の19歳。幼少時から洋楽に親しんでいた彼女は、デヴィッド・フォスターが主催する世界的なオーディション〈BORN TO SING ASIA〉への応募をきっかけにシンガーとしての活動をスタート。2016年にはAIと同じステージに立ち、その翌年には米テキサスでおこなわれた〈SXSW 2017〉へ出演、そして2018年にはメジャー・デビューと、絵に描いたようなキャリアを突っ走っている。

一方のKEIJUは世田谷をレペゼンするヒップホップ・クルー、KANDYTOWNの中核メンバーだ。2018年、メジャー・レーベルへの移籍時にアーティスト名をYOUNG JUJUからKEIJUに変更し、ファースト・シングル“Let Me Know”をドロップしている。これまでtofubeats、Awich、JJJ、清水翔太など、豪華な面々から客演のオファーを受けており、ラッパーとしての評価は高い。

そんな2人が共演した“Summertime”の音数少なめでツボをおさえたビートは、宇多田ヒカルのプロデュースによるアルバム『分離派の夏』(2018年)やロンドンへの移住というトピックも記憶に新しい小袋成彬によるもの。磐石の布陣で制作されたと言えるこの曲は、どのようにして生み出されたのだろうか? マイクを繋いだRIRIとKEIJUに、同日リリースとなったそれぞれの新作『Summertime EP』『heartbreak e.p. (deluxe edition)』についての話題も交えながら語ってもらった。

KEIJU heartbreak e.p. (deluxe edition) KANDYTOWN LIFE/ソニー(2019)

 

RIRI、KEIJU、小袋成彬の3人で作り上げた“Summertime”制作秘話

――資生堂〈アネッサ〉のCMソングとなった今回の“Summertime”でのコラボは、どのように決まったのでしょう?

KEIJU「小袋くんから僕たちにオファーがあったんです。CMを意識しているからか、小袋くんのビートがいつもとは違うなと感じて驚きました。歌詞は僕が半分くらい最初に書いて、途中から小袋くんともスタジオに入って作った感じです。

やりとりは楽しかったですね。普段あんまり人と歌詞を書いたりしないので。KANDYTOWNのメンバーとは歌詞について話し合ったりするんですけど、それ以外の人とは初めてで。最初は緊張したんですけど、小袋くんがいい感じに気を遣ってくれて、楽しく制作することができました」

RIRIの『Summertime EP』表題曲

――RIRIさんは?

RIRI「私はCMソングをやらせてもらえるのが初めてだったので、ワクワクでした。曲調は〈アネッサ〉のCMということもあって、さわやかな感じで。自分の曲でこういう曲はないので、歌っていて楽しいですね。違う自分を表現できる、素敵な機会をいただけたなと思っています。

レコーディングには小袋さんもいらっしゃって、一緒に録っていったんです。メインは自分が歌いたいイメージをそのまま表現させてもらってて、フェイクやハモりの部分は相談しながら一緒に進めていきました。

レコーディングが終わった後もいろいろ話したんですけど、小袋さんは私が知らないことをたくさん知っているので、インスピレーションをどこから受けるのかとか、いろいろなことを教えてもらって、とても刺激を受けました」

KEIJU「小袋くんは話してるときも言葉がきれいで、僕の知らない日本語をいきなり使ってくるんです。そういうところが歌詞にも出てると思います。

あとは、彼の〈こうしたい〉という具体的なイメージがわかったので、何かを要求されても全然嫌な感じがしませんでした。〈いいものを作ろう〉という姿勢が伝わってきました。ぜひまたやりたいです」

――RIRIさんとKEIJUさんはもともと親交があったんですよね。

KEIJU「渋谷のSOUND MUSEUM VISIONでやった僕のメジャー・デビューのローンチ・パーティーにRIRIちゃんを呼ばせてもらいました。もともと彼女の音楽がすごく好きで、それをレーベルの人にも話していたんです。好きな音楽も似てると思って」

※2018年1月28日に開催された〈KEIJU as YOUNG JUJU Presents “7 Seconds” Supported by PIGALLE〉

RIRI「イヴェントでご一緒させてもらってから、私もKEIJUさんの曲を聴く機会が増えました。KEIJUさんの他の人とは違う、独自のラップ・スタイルがかっこいいなと思ってて。メロディアスな感じもあって、そこもすごく好きです」

――“Summertime”はライヴでも3度披露されていますが、そのときの感触はいかかでしたか?

KEIJU「僕はいまもやりづらさがあるんですよね(笑)。客層も自分を観に来てくれる人とは毎回違う感じですし。普段は夜中にライヴすることが多いんですけど、手を振ってるお客さんが見えたとき、すっげえ驚きましたよ。僕のステージなんて、いっつも真っ暗なんで(笑)。パフォーマンスも〈発散するだけ〉みたいな感じ。

でも、この“Summertime”は聴かせる曲なので、ノリだけじゃやれない部分がある。基本的にはRIRIちゃんのセットのなかでやらせてもらうので、ただ盛り上がるだけじゃダメじゃないですか。ダンサーさんともしっかり打ちあわせするアーティストさんだし、彼女のムード感があるから。だから〈ああ、出し切れなかったな〉って毎回考えてます(笑)」

RIRI「そうなんですか(笑)? 私は全然そんなことないんですけどね。ラッパーの方と一緒のステージでライヴする機会もいままでなかったですし、〈心強いな〉って感じてるところもあります。音源どおりに歌うという感じじゃなくて、そのときの雰囲気やテンションによってKEIJUさんのラップも変わるので、私もがんばらなきゃっていつも思ってます」

 

日本と海外、その音楽・文化・制作環境の違い

――ところで、小袋さんといえばロンドンに移住されたことも話題になっていました。それについては話されましたか?

KEIJU「“Summertime”用に3人で写真を撮ったんですけど、そのときに〈ロンドンに行くんだ〉と聞いた気がします。インスタ(Instagram)のDMとかでは結構連絡を取ってますよ。自分がロンドンから来たアーティストと一緒にいたら、〈よろしく言っといて〉って送られてきたりとか。共通の知り合いが元から多いので、投稿に絵文字だけでコメントしてきたり。あとは、作ったビートを送ってくれたりも」

RIRI「私もこの間小袋さんに電話しましたよ。〈最近どうですか?〉みたいな(笑)。向こうの生活は楽しいみたいです。少し前まで仕事の締め切りが迫ってて大変だったみたいなんですけど、〈もう終わったから、これからスタジオに入っていろいろ作りはじめる〉って言ってました。楽しんでいる様子が伝わってきましたね」

RIRI、KEIJU、小袋成彬“Summertime”のアーティスト写真

――対照的に、RIRIさんはアメリカに渡って活動もされています。日本と往復するなかで感じることは?

RIRI「音楽に関しては、やっぱり日本独自のカルチャーというものがあって、それは素敵だなと思っています。でも、私は昔からずっとアメリカやヨーロッパの音楽が好きで聴いてたので、海外で制作をしていると私がやりたい方向性が伝わりやすくて、すっごくやりやすいんです。その日その日によるんですけど、例えばスタジオでメロディーとかアイデアとかがすらすら浮かんでくると、みんなで盛り上がったりとか、海外は空気感やノリの感じでどんどん作っていくので、そういうクリエイティヴな部分は尊敬するところが多いです。

〈SXSW 2017〉に出演したときも、盛り上がる曲を歌ってお客さんを煽ると、〈イエーイ!〉ってすごくアガってくれたんですよ(笑)。そういうところは、やっててすごく楽しいです。MCで〈世界で活躍できるアーティストになりたい〉っていう夢を英語で話したんですけど、それにもみんな拍手してくれて。〈応援してるよ!〉と最前列の人も言ってくれて、すっごくうれしかったです。そこで改めて夢を諦めずにがんばろうと思えたし、燃えましたね」

――KEIJUさんは東京・世田谷を拠点に活動されていますが、ヒップホップの本場であるアメリカのことはどうお考えになりますか?

KEIJU「ヒップホップに関しては、海外とこちらでは全然違う気がしてます。自分のなかでルールみたいなものを履き違えないで、〈日本人〉ということを大事にしたいなと。僕はずっと海外の音楽を聴いてきて、日本の音楽はあまり聴いてなかったんですけど。

ただ、日本ではシリアスな人やキャラが立ってる人はいるけど、その中間があまりいないと思ってて。自分はそういう部分を狙っていたりもするんです。〈メジャー過ぎず、アンダーグラウンド過ぎず〉みたいな」

 

仲間たちとの思い出が詰まったKEIJUの新作『heartbreak e.p. (deluxe edition)』

――KEIJUさんは配信限定だった『heartbreak e.p.』に新曲を足した形で『heartbreak e.p. (deluxe edition)』としてCDリリースされますよね。配信から2か月ほど経ちましたが、改めてこの作品について思うことは?

KEIJU「CD化にあたって、Opus Innのビートの曲(“we all die”)も収録してます。あとはヒューストンにKODYって人がいて、そいつが自分にインスタで〈君と曲作りたい〉ってDMをくれたんですよ。写真を見たら、すっげえいかつい地元の黒人でいいなと思って。それから英語でテレビ電話したりしたんです。で、ビートも送ってきてくれて、歌詞も自分が日本語で言いたいことをいい感じの英語にしてくれて。それで出来たのが“so sorry”ですね。

さらに自分とBAD HOPのYZERRとで客演して配信リリースしたDJ CHARI & DJ TATSUKIの“Right Now feat. KEIJU, YZERR”の、このCDのためだけに施されたニュー・ミックスを含めた3曲をボーナス・トラックとして収録してます。

日本語がほとんど入ってない曲は、外国人には喜んでもらえるですけど、日本の友達に聴かせると〈ちょっとわかんない〉って感じになっちゃうんですよね。あれはソニーに入ってすぐ出来た曲だったんですけど、メジャーでいきなり英語の曲を出すのは違うなと。でも、自分にとっては好きな曲なので、タイミングを見てリリースしたかったんです。

このEPは暗い曲が多かったので、みんなそんなに好きじゃないかなって思ってたんですけど。でも、聴いてくれてる人はちゃんと〈聴いてるよ〉って感想を教えてくれますね」

KEIJUの『heartbreak e.p. (deluxe edition)』収録曲“get paid”

――なるほど。

KEIJU「KANDYTOWNとして活動してそこからソロ活動を始めてから、ポップな曲が多くなったと思うんです。それで去年は結構考えてて、〈ヒップホップがやりたい〉っていう気持ちがあったんです。でも、それは例えばトラップで同じワードをずっと言うような、最近の流行りみたいな感じではなくって――そんなことをずっと考えすぎて、くたばってましたね、去年は。友だち関係でもいろいろあって、ああいう感じの作品になったんです。

(『heartbreak e.p.』は、)ほとんどの曲に友だちがフィーチャリングで入ってくれてるんですよ。東京が嫌で1か月くらい大阪に行ったときにJin DoggとYoung Yujiroと曲を作ったりとか(“alone”“tacit”)。(“too real”に参加している)YDIZZYとは昔から遊んでますね。弟みたいに思ってます。

そういう思い出があのEPのなかにたくさんあるので、仲間に助けられたなっていう感じなんです。いま聴くと、〈あのときこういうことがあったな〉みたいな気持ちになりますね」

 

日本語、韓国語、英語……言語と音楽の関係性

――一方、RIRIさんは先ほどのコラボ曲が収録される『Summertime EP』を発表されます。先行配信された“luv luv feat. Junoflo”は韓国語ヴァージョンも同時にリリースされたのが意外で、日本人としては異例だなと感じたのですが。

RIRI「この曲は私もメロディーやビートの雰囲気がすごく気に入ってます。最初から自分たちで作ったというよりは、ビートメイカーのライアン・ヘムズワースさんがストックしてた曲で。

いちばん初め、ラッパーの方とコラボをするという話になったときに、私としては海外の女性ラッパーさんとはじめにやりたいなということをずっと前から思っていて、そのことをお伝えしたら、たまたまサウィーティーさんとさせていただく機会を作ってもらえたんです(“Patience feat. Saweetie”)。

それで、次は最近アメリカにも進出している韓国のJunoflo さんとコラボするというお話をいただいてご一緒しようという話になりました。

制作面だと、やっぱり韓国語ヴァージョンが印象に残ってますね。韓国語のところはレコーディング当日にスタジオまで先生が来てくれました。そこで30分くらい習ってから、録りました(笑)。最初は難しいかなと思ってたんですけど〈意外にできそうかも〉ってだんだんおもしろくなってきましたね。

それと、“HONEY”のリミックスを担当してくれたバニーさんは、ゼッドさんが紹介されてたのをきっかけに知りました。彼が作るサウンドもすごく好きですね。SNSでも少しやりとりさせて頂いてから、スタッフの方と相談してオファーさせてもらいました」

RIRIの『Summertime EP』収録曲“luv luv feat. Junoflo”

――ゼッドといえばRIRIさんの“Stay”の日本語カヴァーも記憶に新しいところですが、新作『Summertime EP』でもネリーとケリー・ローランドの“Dilemma”をJP THE WAVYさんとリメイクされています。日本語で歌うことについて考えていることはありますか?

RIRI「私は主に英語で歌うことが多いんですけど、日本語で歌うときも英語のサウンド的な作りを崩さないように気を付けてます。歌詞のスタイル的に日本語のほうが少ないので、意外とすぐ書けると思われがちなんですけど、実は全然そうじゃなくて。その範囲内で全体の歌詞をピンポイントに表さなくちゃいけないので、そこでいつも悩みますね。

でも、〈これだ!〉っていうものが浮かんだときは達成感があって気持ちいいんです。“Stay”のときはゼッドさんからのオファーで気持ちがアガってたこともあって、結構スラスラ書けて〈ヤバい! これ超いい!〉なんて自分で思っちゃいました(笑)」

RIRIの『Summertime EP』収録曲“Dilemma”

KEIJU「話が戻るかもしれませんが、韓国語ってすごく英語と馴染みがよくてずるいなって思うんです。ビートにねっとり付く感じというか。日本語みたいに浮かない。〈黒人と骨格的に近いのは韓国人だ〉っていうことも聞くし、Bボーイっぽい服も似合う気がする。全体的にヒップホップとの相性がいいんです。TVでもヒップホップがすごく取り上げられてるし。

あと、化粧をするのって普通のヒップホップの感覚にはないじゃないですか。そういうところも向こうの人はすごいなって思います。アイドルっぽいところから抜けてやってる人もいますし、作ってる作品もかっこいいものが多いと思います」

――そういう意味で、日本語はイマっぽい音楽やビートに合わない?

KEIJU「日本語はいい意味でも悪い意味でも、日本人に入りすぎてしまうところがあると思ってて。でも、ヒップホップってノリがすごく大事だから。例えば、英語のラップのストーリーテリングにはリズムがあって、縛られないところがあるんです。でも、日本語で物語にすると自由がない感じで、あんまりノリではやれない気がする。そこが難しさかもしれません」

RIRI「英語って言語的にメロディーと馴染みがいいというか、なめらかな音を出せて表現しやすいんです。それに比べて、日本語って一音一音が切れてるので、そこが難しいなあって。あとは発音。音の出し方もまったく違うので、そこは自分なりに日々研究しています。日本人として日本語を完璧にやめてしまうのは違うなと思うので」

 

RIRIとKEIJUが見据える未来

――最後に今後の活動について、展望や目標を教えてください。

KEIJU「自分が納得できるものに近い音楽を作りたいですね。こういうふうになりたい、というのはまだ決まってないというか、わからなくて。仲間もたくさんいるので、そういうやつらの道しるべじゃないですけど、少しでも道を切り開いていきたい。そのためにはまず、自分が満足しないとそうなれないと思うので。いい曲を作って、支えてくれる人に恩返しできるようにとは思っています」

RIRI「私はこれから夏フェスやツアーでも、さらに大きなステージでやることが目標です。そして、世界に出ていきたいという想いがずっとあるので。コラボレーションもそうなんですけど、そういう機会をたくさんキャッチして大きな夢にどんどん向かっていきたいですね」

40周年 プレイリスト
pagetop