インタビュー

CHER LLOYD 『Sorry I'm Late』(1)

ゴメン、待った? 生意気娘が大人の女性に成長し、みんなの前に戻ってきたよ! 身のこなしの軽さはそのままに、表現の深みを増し……3年間で何があったの?

CHER LLOYD 『Sorry I'm Late』(1)

 

私も変わったわ

 これがいわゆる〈化ける〉ってヤツなんだろうか。それとも単純に〈成長〉と解釈するべきなのか。シェール・ロイドのセカンド・アルバム『Sorry I'm Late』は、そういう嬉しい驚きに溢れた一枚だ。何しろオーディション番組出身者の盛衰は激しく、最初のアルバムこそ番組の勢いで好調にヒットしたとしても、2作目で多数が脱落。アーティストとしての運命が決まってしまうものだ。4年前のUK版「The X Factor」で、ワン・ダイレクションに次ぐ4位に入賞したことを機にデビューを果たしたシェールの場合も、初作『Sticks + Stones』(UK本国で2012年11月、日本では2012年10月にリリース)は地元のみならずUSでも大ヒットを博して順調にブレイクしており、まさに今作が正念場。「The X Factor」出演中は破天荒かつ少々生意気な言動で賛否両論を呼んだ彼女だけど、実は非常に繊細で思慮深い女性でもあり、セカンド・アルバムの重要性は十分に承知していたようで、それなりの心構えで取り組んだという。

CHER LLOYD Sorry I'm Late Syco/Epic/ソニー(2014)

 「着手した時の私は物凄くナーヴァスになっていたの。長い間、新しい音楽を人々に聴かせていなかったし、ファーストは17歳の時に作ったアルバムだけど、いまの私は20歳でしょ!? それってとても長い時間で、17歳から20歳の間に人間は凄く変わる。私も大きく変わったわ。成長したし、自分が成長したぶん、音楽も進化させたかった。そんなわけで、結構心に重くのしかかっていたのよ」。

 そこでシェールは、ベストな環境を整えることからスタート。「私に野心をたっぷり与えてくれた」というUSに活動拠点を移して、音楽的主導権をみずから握り、前作にも参加した信頼するスタッフをふたたび起用すると同時に、新しい人脈も開拓していく。クレジットを見ると、サヴァン・コテチャシェルバックマックス・マーティンカール・フォーク&ラミ・ヤコブといったお馴染みのポップ職人たちの名前が並ぶが、おもしろいところではゴシップベス・ディットーとも1曲を共作していることだろうか。

 「どんな結果になるのか全然見当が付かなかったんだけど、ベスは人間としても素敵な人で周囲に素晴らしいエネルギーを与えてくれて、実り多きセッションだったわ」と彼女は振り返る。

 


思い切ってガードを緩めたのよ

 このようにして形作っていった今作を聴き進めると、まずは音楽性の広がりに誰もが気付くだろう。例えば、前作のユーモラスで陽気なノリを受け継ぐ曲にしても、冒頭の“Just Be Mine”や“Dirty Love”などではレコーディング中にヘビロテ状態にあったというUKガラージドラムンベースをポップに消化してみたり、“I Wish”ではオールド・スクール90年代ヒップホップ・ソウルに挑戦したりと、積極的な実験で芸風の幅を見せつける。そして曲によっては放送禁止用語も遠慮なく交え、いっそう挑発的な表情を見せていたりもするけど、他方で、シェールのトレードマークのひとつだったラップをほぼ封印。MC役はその“I Wish”のゲストであるT.I.に任せ、「以前よりもラップへの興味が薄れちゃったし、このアルバムにはあまり居場所がなかった」と、歌い手であることに専念しているのも今作の特徴だ。しかも今回は、彼女がヒップホップと並んで子供の頃から親しんできたというカントリー・ミュージックの影響が色濃い、ミディアム~スロウテンポの曲が充実。確かなヴォーカル力を存分にショウケースしつつ、前述した自身の繊細な面や人間関係のダークサイドに目を向けて詞を綴っている。故郷の父親に捧げた“Goodnight”然り、シングル・カットされた“Sirens”然り、“Human”然り……。「カントリーってストーリーを伝える音楽だし、ストーリーを重視している私にとってカントリーを採り入れるのは自然なんでしょうね」とシェールは話すが、実際、彼女の声が持つ独特の艶感や節回しとの相性は申し分ない。

 「このアルバムには、人生において私のいまいる場所が正確に刻まれているわ。そういう作品にしようと最初から心に決めていたの。以前は書けなかったようなパーソナルなことも書いたし、人々に心の内側を見せるっていうのは、凄く大きなステップだった。でも思い切ってガードを緩めたのよ。で、結果的には私自身が力付けられたと思う。自分の身に起きた過去のことについて話をするのは凄く難しいんだけど、それを曲に綴ることは全然難しくないのよ。なぜ抵抗がないのか自分でも理由がわからないんだけど、要するに、私にとって自分を表現するのにいちばん相応しい方法は音楽を介することなんだと、証明されたようなものね。これは悲しいだけのアルバムじゃないし、かといってハッピーな曲だけを集めたわけじゃない。みんながここからさまざまなエモーションを感じてくれたらって願っているわ」。

 そう、17歳と20歳の差は明々白々で、イングランド西部の田舎町で生まれ育った女の子が独り立ちして世界を旅し、結婚もして……と、過去3年間の濃密な体験が間違いなく作品に重みを与えている。ちなみに〈遅れちゃってゴメン〉を意味するタイトルも、昨今のポップ界の基準に照らせば少々長く感じられるアルバムのインターヴァルに言及するもの。「究極的にはこの空白がポジティヴな結果をもたらしたわ」とシェールは語っており、先を急がずに着実なスケールアップを優先したことで、3枚目、4枚目……と長期的なヴィジョンも拓けてきたようだ。

 「アルバムのリリースが延期されたりして、前作から長い時間が空いちゃったんだけど、その間に私は〈自分が何を求めているのか〉〈どんな道を進みたいのか〉〈自分の音楽をどう発展させたいのか〉——そういったことを見極めることができた。そして何よりも、自分自身についてたくさん学べたと思うの。つまり〈私が何者なのか理解するまでに少し時間を要した〉というニュアンスも、このタイトルに託しているのよ!」。 

 

▼関連作品

左から、シェール・ロイドの2011年作『Sticks + Stones』(Syco/Epic)、シェール・ロイドが参加したデミ・ロヴァートの2013年作『Demi』(Hollywood)、ゴシップの2012年作『A Joyful Noise』(Columbia)、T.I.の2012年作『Trouble Man: Heavy Is The Head』(Grand Hustle/Atlantic)

ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

TOWER DOORS