インタビュー

été『Burden』 叙情と激情を操る気鋭の3ピースが初の全国流通作に込めた決意とは?

Page 2 / 2 1ページ目から読む

コドモメンタルINC.の謎めいた勢いを新たに更新するバンドたち!

 コドモメンタルINC.といえば、ぜんぶ君のせいだ。を筆頭に、ゆくえしれずつれづれ、幽世テロルArchitectといった個性派アイドル・ユニット、さらにはシンガー・ソングライターの少年がミルクを擁するレーベル/プロダクションで、頻繁な作品リリースも伴ったその動きは本誌でもたびたび紹介している通り。彼女たちに多くの楽曲を提供する水谷和樹のインスト・バンド=Gauche(活動休止中)ももともと在籍していたわけだが、ここにきてétéら多彩なバンドたちが次々とその仲間入りを果たしている点は興味深い動きと言えるだろう。

MOP of HEAD Health コドモメンタルINC.(2018)

 まず注目は、ダンス・ミュージックを強靭なバンド・スタイルで表現してきた男女4人組のMOP of HEADだ。初作『RETRONIX』(2011年)からコンスタントに作品を発表し、〈フジロック〉出演歴もあるキャリアの持ち主だけに、移籍作『Health』でも凶暴さに磨きのかかったアグレッシヴなレイヴ・トラックを痛快に響かせている。

 

The Taupe NEO TOKYO 帝国 コドモメンタルINC.(2018)

 それに続くのは、バンドではなく〈妖怪〉を自称する東京の男女4人組=The Taupeのこれまた移籍作となるミニ・アルバム『NEO TOKYO 帝国』。説明だけ聞くと意味不明だろうが、昨年の『セレンテラジン』に続く今作でもオルタナ経由の強烈なガレージ・サウンドを展開し、表題から連想できるゆらゆらと不敵なカッコ良さが全開だ。étéも含めた個性派たちの動きに注目しておこう。

関連アーティスト
TOWER DOORS