イベント&ライブ・レポート

いつもbirdの歌がそばにあった。デビュー20周年記念ライヴに観た、聴き手と人生を歩む音楽の姿

いつもbirdの歌がそばにあった。デビュー20周年記念ライヴに観た、聴き手と人生を歩む音楽の姿

今年デビュー20周年を迎えたbirdが、10月30日にBillboard Live TOKYOで〈bird“20th Anniversary Best”Live!〉と題した公演を行なった。

birdは今年4月に最新オリジナル・アルバム『波形』を曲順通りに演奏する〈bird“波形”Live!〉を同会場にて行なったが、今回は〈20th Anniversary Best”Live〉ということで、20年のキャリアのなかから代表曲や〈いま歌いたい曲〉を選んで構成したもの。7月に2枚組のオールタイム・ベスト『bird 20th Anniversary BEST』が発売されたので、本公演もそこに収録された曲だけで構成されるものかと思いきや、そこには収録されなかった意外な曲や、過去に数回しかライヴで歌ったことがなかった曲などもセットリストに組み込んでファンを喜ばせた。

また、1stステージと2ndステージとでセットリストが大きく変わってもいた。演奏曲数は1ステージにつき11曲(本編10曲+アンコール1曲)で、どちらのステージでも演奏されたのは4曲のみ。1stと2ndで異なる内容になることは事前に発表されていたものの、ここまで大きく変わるとは思っていなかったので、両方通して観た自分にとっては嬉しい驚きだった。結果、100を軽く超えるであろう持ち曲のなかから、この日演奏されたのは両ステージあわせて18曲。少しでも多くの曲を聴かせたい(歌いたい)というbirdの思いが反映されての曲数だっただろうが、それでも数多くの持ち曲のなかからここまで絞り込むのは相当大変なことだったに違いない。

少しでも多くの曲を聴かせたい。そんなbirdの思いは、ライヴのなかのMCの回数と短さにも表れていた。MCらしいMCは2曲目を歌い終えたあとと、あとはアンコールのタイミングでのものだけ。2曲目を歌い終わってのMCは(両ステージとも)次のようなものだった。「20周年記念のライヴということで、本当に楽しみにしていました。今日はみなさんに時間の許す限り曲を楽しんでいただきたいので、ちょっとした話とかは一切しません。これが最後のMCです」。2ndステージでは、birdがそう言うと観客の何人かから「え~~」という声が漏れたが、しかし結果として、これ以外のMCを挿まず次々に曲を繰り出していくやり方は大正解。アップめの曲が続くあたりでは、グルーヴが途切れることなくどんどん昂揚感が増していく感覚を味わうことができた。

バンド・メンバーは、ゲンタ(ドラムス)、澤田浩史(ベース)、樋口直彦(ギター)、渡辺貴浩(キーボード)、Meg(バックグランド・ヴォーカル)、Hanah Spring(バックグランド・ヴォーカル)の6人。冨田恵一を中心にした4月の〈bird“波形”Live!〉とは樋口とMeg以外の4人が変わり、比較的初期からbirdを支えたゲンタと澤田による厚くて太いリズムが歌を躍動させていた。因みにHanah Springの参加は今回が初。Megと共にソウルフルなコーラスでbirdの歌に色を加えた。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop