連載

【Mikikiの歌謡日!】第47回 なかむらみなみ、GOODMOODGOKU、The mellows、Gimgigam……今週のトキメキ邦楽ソング

【Mikikiの歌謡日!】第47回 なかむらみなみ、GOODMOODGOKU、The mellows、Gimgigam……今週のトキメキ邦楽ソング

Mikiki編集部員とTOWER DOORS担当・小峯崇嗣の5人が毎週火曜(歌謡)日に〈トキめいた邦楽ソング〉をレコメンドする連載〈Mikikiの歌謡日!〉。今週も張り切ってまいります。紹介した楽曲は下記SpotifyとYouTubeのプレイリストにまとめているので、併せてお楽しみくださいね。 *Mikiki編集部

★〈Mikikiの歌謡日!〉記事一覧

Spotifyのプレイリスト
 
YouTubeのプレイリスト

 


【高見香那】

ロスカ “Pree Me ft. なかむらみなみ”

なかむらみなみさんがUKファンキーを代表するロンドンのDJ/プロデューサー、ロスカ(Roska)とコラボ。ストロー刺したお茶割り片手にばっちり乗りこなしていてすごい。みなみさんの白目を見るとすごく元気が出る不思議。

 

Limited Express (has gone?) “Zombie Party feat.テンテンコ、碧衣スイミング、なかむらみなみ”

こちらはリミエキの最新アルバム『perfect ME』のレコ発より、テンテンコさん、碧衣スイミングさん、なかむらみなみさんをゲストに迎えて披露されたHave a nice day!のカヴァーのライブ映像。個性バラバラな4人の女性がそれぞれに最高で見入ってしまいます。大石規湖さんの映像がまたいいですね。

 

【小峯崇嗣】

The mellows  “Mild Night Beam”

TOWER DOORSでも去年紹介したThe mellowsが新作『MEMORY OF HOLO LOVE』を先週リリース。収録曲から”Mild Night Beam”のMVが公開されているのですが、さすがとしか思えない美しいサウンドに聴き入ってしまいました。ヴェイパーウェイヴを感じさせつつ、インディー・ロックに組み込む日本でも稀有なバンドだと思っています。

 

さとうかさね ”On My Way”

東京拠点に活動しているシンガー・ソングライター、さとうかさねの去年リリースされたデビュー・シングルです。80年代のAORや、シティー・ポップからの影響を感じさせるハイセンスなメロディーに心を一瞬で奪われてしまいました……。

 

【酒井優考】

チャンポンタウン “Bayang Bayang”

昨年特集したチャンポンタウンのワンマン・ライブでの新曲映像。ほんわか&ちょっぴり切なかったイメージからガラッと変わって、土着的なリズムにダークなメロ。ベースはブリッブリだし、後半のユニゾンが超カッコいいし、チャンポンタウンの新機軸や~。

 

Nanakamba “yearning”

やおたくやさんが新バンドを始めたと聞いて。しかしこれ3人とも只者じゃないな。

 

「『攻殻機動隊 SAC_2045』予告編」

新生攻殻のオープニング曲を手掛けるのが常田大希(King Gnu)率いるmillennium parade! ついに、ようやく、Netflixに加入する時が来たかな……(それでもしなさそう)。

 

【天野龍太郎】

Gimgigam “Life (feat. Lisa)”

昨年、Local Visionsから『The Trip』を発表したGimgigamさんの新曲。ヴォーカリストとしてwai wai music resortのLisaさんが参加していて、透明感のある歌声が最高です。wai waiでの歌とはまたちょっとちがう表情を見せているのも魅力的。『The Trip』のメロウでトロピカルでダンサブルな音楽性とは異なり、この“Life”はアコースティック・ギターや歪んだエレキ・ギターの音が印象的なインディー・ロック、オルタナティヴ・ロック路線。Gimgigamさんのサウンドの引き出しの多さに驚かされます。Gimgigamさんとwai waiも出演する〈Yu-Koh β版〉2デイズが楽しみ!

 

GOODMOODGOKU “Chill”

GOODMOODGOKU、約半年ぶりの新曲! うれしい。ノスタルジックなヒップホップ・ビートに意外性があって、でもぴったりとハマっているのですごいですね。〈聴きなラヴはステレオ〉っていうラインがいい……。とろけます。

 

TAKABO “SUIYORU”

舐達麻のバダサイが〈俺には仲間と家族がいる。鷹暴は兄弟。〉と言うTAKABOの、スモーカーズ・ディライトなニュー・シット。勢いしかない、がなり立てるラップがかっこいい。

 

MU-TON × 紅桜 “Smoke Chiva Chiva”

こちらもスモーキンネタの一曲。MU-TON × 紅桜でアルバムを作っているというんだから、楽しみですね。紅桜のフロウには、どことなくレゲエ・ディージェイ的なニュアンスがあって好き。

 

dodo “yo 2 bae”

dodoちゃんから約1か月半ぶりに新曲が届けられました。ビデオをYouTube Space Tokyoで撮影しててびっくり。なおdodoはインディペンデント・マガジン『STUDY7』にも登場しているので、要チェックです(私もblack midiへのインタビューで寄稿しています!)。

 

田島ハルコ “SUN Jewel”

1月31日(金)のワンマン・ライブ@東京・渋谷WWWに向け、さらなる新曲を発表した田島ハルコさん。〈パリキ〉とはパリスキッズのことだとか。参照点は中東ポップスなのか、アジアン・ポップスなのか、ボリウッドなのか、はたまたジェイ・Z&カニエ・ウェストの“Niggas In Paris”なのか……。田島さんの作るサウンドは興味深いです。

 

藤井風 “何なんw”

YouTubeのカヴァー動画で話題を呼んだシンガー・ソングライター、藤井風の新曲。グルーヴィーでソウルフルなポップスですが、曲名とのギャップがすごくて、何回も驚かされます。特にサビが素晴らしい。めちゃくちゃ気になる存在です。

 

Liyuu “Magic Words”

中国上海在住の超人気コスプレイヤー、Liyuuさんが歌手デビュー。シングル“Magic Words”が先週22日にリリースされました。Liyuuさんの歌声ももちろん素敵ですが、TAKU INOUE=井上拓さんによるキラキラしたエレクトロ・ポップなプロダクションとビート、ドラマティックな楽曲構成に惹かれます。

 

【田中亮太】

ぷぷぷ “406”

遅ればせながら……シリーズ。鹿児島出身、現在は東京で活動しているという3人組、ぷぷぷが去年の12月に公開したこの曲。声質の違う2人の女性ヴォーカルによる掛け合いは気持ちいし、ゆったりとしながらも力強い演奏が魅力的です。まだ戻れない旅人のためのブルース。フォーキーに見せかけて頑強なロック!ぶりには、同郷のGO!GO!7188を思い出したりも。

TOWER DOORS
pagetop