連載

【むぎ(猫)の手も借りたい!】第4回 思わずラーメンが食べたくなるHARAHELLS“デリシャス倶楽部”を紹介!

毎月2日(ニャンにち)公開! 猫の手も借りたいくらい多忙なMikiki編集部員に代わってオススメの曲を紹介!

皆さんこんにちは猫のミュージシャンむぎ(猫)です!

ワタクシむぎ(猫)がオススメの音楽を文字と動画で皆さんにお伝えするきっとウィットでウェットな連載「むぎ(猫)の手も借りたい!」の第4回目となります。

今回むぎがオススメするのはHARAHELLS“デリシャス倶楽部”です。

HARAHELLSはラーメン丸(ヴォーカル、ドラムス)ともろこし亭妹子(ヴォーカル、ギター)からなる沖縄県産2ピース・ガールズバンドで、メンバー構成だけでいえば沖縄のホワイト・ストライプスです。腹減る+HELL=「空腹地獄」のキャッチコピーの通り大好きな食べ物(ある時は苦手な食べ物)に関する歌を多く歌っています。

大好きなものについて歌うという点と地獄というワードでむぎの音楽とも沢山繋がる部分が多くて(むぎは天国帰り)、2015年秋頃から何度も沖縄では対バンをしてきて、2017年のむぎの初めてのONEニャンライブ(ワンマンライブ)ではバックバンドとしてむぎの曲の伴奏をしてもらったりもしました。ありがたや〜!

この“デリシャス倶楽部”はラーメンが大好きなラーメン丸が作詞作曲したラーメン愛を歌う曲ですが、ただ「ラーメンが好きだ〜!」というだけじゃなくて「好きな仲間と食べるラーメンこそが最高だ〜!」と歌っているところがむぎが好きなところです。

ギターを担当するメンバーの入れ替えが何度もあり、その都度新しい進化を見せるHARAHELLSは外タレバンドの様なメンタルの強さを感じます。ラーメンでいう極太麺です。

それでいてライブではドラムスを叩きながら歌ったり、曲の途中で会話したり(ドラムスを叩きながら歌ったり喋るのはものすごく難しいのです!)という繊細なテクニックも持ち合わせていて見どころも沢山あります。ラーメンでいうトッピング全部乗せです(言い切ったけどこの例えに自信無し)。

ライブ活動は国内にとどまらず最近では韓国やカナダでのイベント出演など精力的に沖縄から飛び出していて海外ファンも少なくないです。ラーメンでいう器から飛び出した海苔です(逆にどう思います? この例え)。

ラーメンに例える話はこの辺にして……

HARAHELLSの楽曲は食べ物に限らず身近に起きた出来事を面白く紹介する曲もあったりして聴き飽きないので皆さんのお近くでライブがあったら是非一度観ててほしいです。その帰り道、きっとラーメン食べたくなりますよ☆

 

※「むぎ(猫)の手も借りたい!」は毎月2日(ニャンにち)公開。次回は2020年3月2日公開予定です。


PROFILE: むぎ(猫)
1997年7月、東京生まれ。2002年、沖縄に移り住み、2009年1月に永眠。5年間の天国暮らしの後、2014年3月にゆうさくちゃん(カイヌシ)による手作りの新しい身体を手に入れ、再びこの世に舞い戻った〈天国帰りのネコ〉。
新しいニャン生(人生)を満喫し、ニンゲンの皆さんたちを楽しませるために歌い、踊り、楽器(主に木琴)を演奏する猫のミュージシャンで、全楽曲の作詞作曲から、宅録、グッズ・デザイン、ミュージックビデオの制作まで手がけるマルチな猫である。​
むぎ(猫)YouTubeチャンネルで、音楽の基礎から雑学まで幅広くおもしろく授業する〈むぎの学校〉開校中!

RELEASE INFORMATION
むぎ(猫)のメジャー・ファーストEP『ねっこほって e.p.』、好評発売中!

むぎ(猫) ねっこほって e.p. SPEEDSTAR(2019)

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop