象の背『Tidyin' Up My Room』京都発の不思議なガールズ・トリオといっしょに、レッツGo To 脳内トラベル!

象の背 『Tidyin' Up My Room』 (2020)
2020.10.21

ラブワンダーランドでも活躍するParuka(ギター、ヴォーカル)、Miyutan(ベース、コーラス)、Tossan(ドラムス、ヴォーカル、コーラス)からなる、三重の観光スポットの名を冠した京都発の不思議なガールズ・トリオが初アルバムをリリース。プロデュース・録音を岩出拓十郎(本日休演、ラブワンダーランド)が担当していることもあり、彼の言う〈いいズレ、いいヨレ〉が、3人の醸し出す手作り感、ローファイさ、あるいはジャンクさを増幅させている。ともすれば、とっ散らかった印象になりがちなところを、〈Tidyin' Up My Room(=私の部屋の片付け)〉という名前の通りうまくまとめ上げているのは、あどけなさの残るParukaとちょっとクールなTossanのヴォーカル。キャッチーでノスタルジックなメロディーには、繰り返し聴きたくなるような魅力があふれている。韓国語がクールな“여자”で異国気分を味わったり、デモCDに収録されていた“春”の続編的楽曲(?)“夏”でのんびりした夏を思い返したり、いろんな風景に想いを馳せながら、いざGo To 脳内トラベルへ!