PR
コラム

ヨ・ラ・テンゴ(Yo La Tengo)、私の3枚:奈良美智、坂本慎太郎、OGRE YOU ASSHOLE、夏目知幸、Taiko Super Kicks伊藤が選ぶ

ヨ・ラ・テンゴ傑作4タイトル・リイシュー記念企画

Photo by Noah Kalina

USインディー・ロックの良心を象徴するバンド、ヨ・ラ・テンゴ。彼らの90~2000年代のアルバムが、メンバー監修のもとで2020年12月11日(金)にリイシューされる。

今回よみがえるのは『Electr-O-Pura』(95年)、『I Can Hear The Heart Beating As One』(97年)、『And Then Nothing Turned Itself Inside-Out』(2000年)、『Summer Sun』(2003年)の4作。いずれもバンドの代表作であり、入門盤としても最適な不朽の名作ばかり。リイシュー盤には、それぞれ初CD化の楽曲や未配信の貴重なナンバーがボーナス・トラックとして多数収録される。さらに、LPを再現した紙ジャケット仕様でオリジナル帯が付属した、初回生産限定のコレクターズ・アイテムだ。

ヨ・ラ・テンゴの名盤4作の再発に際して、Mikikiはバンドを愛するアーティストや音楽ライター、バイヤーなどにフェヴァリット・アルバム3作の選盤とコメントを依頼した。まずは第1弾の〈アーティスト編〉として、伊藤暁里(Taiko Super Kicks)、OGRE YOU ASSHOLE、坂本慎太郎、夏目知幸、奈良美智の5組の選盤とヨ・ラ・テンゴへの思いを掲載する(なお、OGRE YOU ASSHOLEはメンバー4人が1枚ずつ選盤したので、特別に4枚を取り上げている)。 *Mikiki編集部

 

伊藤暁里(Taiko Super Kicks)の3枚

『I Can Hear The Heart Beating As One』(1997年)
『Fade』(2013年)
『There’s A Riot Going On』(2018年)

初めてYo La Tengoを聴いた時、掴みどころのない音楽だなと思った。確か大学1年の頃だった。いなたい感じにも聴こえるが、結構ソリッドな部分もある。柔らかかったり激しかったりする。なんか曲が長い。〈オルタナ〉とか〈サイケ〉とか、わかりやすく捉えられる音楽を求めていた当時の自分は、彼らの音楽をどう捉えていいかわからなかったのだと思う。ただ、〈なんか好きだな〉とは感じていた。

それから折に触れて彼らの新作や旧作を聴いてきたつもりだが、その印象は今でも大きく変わらない。ずっと〈何か好きだな〉と思っている。失礼な言い方かも知れないが、Yo La Tengoは、変化を遂げながらも、ずっと僕にとってのYo La Tengoであり続けている。それだけに、これからも彼らの音楽を聴き続けると思う。

97年作『I Can Hear The Heart Beating As One』収録曲“Autumn Sweater”

 

OGRE YOU ASSHOLEの4枚

出戸学(ギター/ヴォーカル)の1枚

『There’s A Riot Going On』(2018年)

いくつも好きなアルバムがあって迷いました。このアルバムに収録されている“Ashes”という曲が好きです。

2018年作『There’s A Riot Going On』収録曲“Ashes”

 

馬渕啓(ギター)の1枚

『And Then Nothing Turned Itself Inside-Out』(2000年)

穏やかで心地いい温度感。

初めて彼らのライブを見たときに振り付けつきで歌われた“You Can Have It All”も、とてもいい雰囲気でした。

2000年作『And Then Nothing Turned Itself Inside-Out』収録曲“You Can Have It All”

 

勝浦隆嗣(ドラムス)の1枚

『I Can Hear The Heart Beating As One』(1997年)

Yo La Tengoを初めて聴いたのがこのアルバムでした。

97年作『I Can Hear The Heart Beating As One』収録曲“Green Arrow”

 

清水隆史(ベース)の1枚

『And Then Nothing Turned Itself Inside-Out』(2000年)

このアルバムがとても好きで、いままでの人生の中のいろんなタイミングで聴いてきました。

ライブハウスで仕事をしていた頃にお店の、あるいはライブツアー中のホテルで寝れないときの、家族との静かな時間の、最近は一人でぼーっと海を眺めるときなんかの、BGMとして。これからも聴かせてもらいます。

2000年作『And Then Nothing Turned Itself Inside-Out』収録曲“Our Way To Fal”

 

OGRE YOU ASSHOLEの2017年のシングル『頭の体操/なくした(James McNew Remixes)』。2016年作『ハンドルを放す前に』の収録曲をヨ・ラ・テンゴのジェイムズ・マクニューがリミックスしている
TOWER DOORS