PR
コラム

こんな時代だからこそ僕らは音楽を作る――ザ・スマイル(The Smile)『Wall Of Eyes』から伝わる3人の息遣い

本当に絶好調なのだろう。2021年の結成以降、活発に動き続ける鬼才3人衆が早くも新作を完成! 多様な音楽性を優美かつ躍動的に紡いだ『Wall Of Eyes』は、混乱した世界を生きるための灯だ!

異様な、それでいて官能的なサウンド

 ザ・スマイルの登場は突然だった。初めて彼らが姿を現したのは、2021年5月に開催されたグラストンベリー・フェスティヴァルのストリーミング・ライヴ。メンバーはレディオヘッドのトム・ヨークとジョニー・グリーンウッドに加えて、ドラマーのトム・スキナーの3人。レディオヘッドが長らく活動休止状態になっているなかで、バンドのブレーン的な2人が新バンドを結成するというのは事件であり、それがパンデミックの最中に動きはじめたというのも興味深かった。海外メディアの取材に答えたジョニーの発言によると、パンデミックで身動きが取れないなか、作り貯めた曲の断片を完成させたいという思いがあったらしい。また2020年にはバンド・メンバーのエド・オブライエンがEOB名義で初のソロ・アルバム『Earth』を発表していて、そうした仲間の動きも刺激になったに違いない。

 人が集まれない時期だけにメンバーは最小限の3人。しかし、ジョニーとトムはマルチ・プレイヤーなので必要に応じて音を重ねることはできる。また、元サンズ・オブ・ケメットのスキナーはジャーヴィス・コッカーやフローティング・ポインツなどさまざまなアーティストと共演。ハロー・スキ二ー名義でクラブ・ジャズ寄りの作品も発表していて、どんなジャンルの音楽にも対応できるスキルの持ち主だ。そんな3人が発表したファースト・アルバム『A Light For Attracting Attention』(2022年)は話題を呼び、彼らも手応えを感じたのだろう。パンデミックの騒動も収束するなか新作『Wall Of Eyes』がリリースされた。

THE SMILE 『Wall Of Eyes』 XL/BEAT(2024)

 前作でプロデュースを手掛けていたナイジェル・ゴッドリッチに替わって、サム・ペッツ・デイヴィスを起用。デイヴィスはトムが制作したサントラ『Suspiria』(2018年)の共同プロデュースとレコーディングを担当していたが、そこに参加していたロンドン・コンテンポラリー・オーケストラが本作に招かれている。

 アルバムは“Wall Of Eyes”で静かに幕を開ける。アコースティック・ギターの生々しい音色とサンバのリズム。演奏は軽やかでありながらも、サウンド・プロダクションは作り込まれていて、シンセの破裂音が爆撃のように鳴り響いていたり、不意に笑い声が聴こえてきたりする。余白を大きく取った3人の繊細なアンサンブルと、音を重ねた映像的な音響空間のコントラスト。そこから生み出される異様な、それでいて、官能的なサウンド。その独特の質感を体現しているのが、感情を抑制して楽器のように扱われるトムの歌声であり、オーケストラが奏でるストリングスの音色だ。そして、アルバムの流れはもちろん、曲単位で構成が緻密に考えられている。

 アルバムの前半は鋭いギターのリフを際立たせた曲が並んでいて、“Read The Room”ではバンドの演奏に緩急を付けて静と動を繰り返しながら、曲の後半には違った展開が用意されている。続く“Under Our Pillows”では引きつったようなギターのリフがループするなかで、ベースとドラムが小刻みに動いて複雑に絡む。しかし、どこからともなく反復ビートが現れるとシンセを重ねたスペイシーなサウンドへと変化。そこにはクラウトロックからの影響が感じられる。そんなふうに演奏と編集を巧みに融合させ、曲の展開や音作りに重点を置いているだけに、ほとんどの曲は5分以上の長さを持っている。