Ryohu『DEBUT』KANDYTOWNのラッパーがTENDREや冨田恵一の助力を得て穏やかにメジャー・デビュー

2020.11.25

KANDYTOWNの躍進以前からヴァーサタイルな活動を展開してきたMCが、初のフル・アルバムでメジャー・デビュー。starRoやGiorgio Blaise Givvnらが刺激的なビートを寄せるなか、サウンドの中核を担うのは、2017年のEP『Blur』にも助力したTENDRE(河原太朗)と、冨田ラボ『M-P-C “Mentality, Physicality, Computer”』 への参加で縁のある冨田恵一。後者による歓喜に満ちたゴスペル調の“The Moment”、生まれくる我が子に宛てたレイドバック・チューン“You”、仲間や家族に囲まれたいまこの瞬間を愛おしむ“Eternal”と、生音の要素を含んだ穏やかなトーンが主役の現在の心境を映し出す。初回限定盤には、くるり“ばらの花”ほかビクター所有の名曲をサンプリングしたEP『Collage』が付属。