コラム

Shin Sakiura『NOTE』近年のポップ・シーンを牽引するグルーヴの担い手が自身のニュー・アルバムを発表!!!

Shin Sakiura
近年のポップ・シーンを牽引するグルーヴの担い手が自身のニュー・アルバムを発表!!!

 昨年から名前を目にする機会の激増しているShin Sakiuraは、東京を拠点とするプロデューサー/ギタリスト。もともとライヴ・サポートやOmitの活動で知られ、2017年にPARKから初作『Mirror』をリリースして以降は、SIRUP“Do Well”への参加を皮切りにshowmoreやRude-α、向井太一、Kuro、おかもとえみ、pinoko、西恵利香らのプロデュース/リミックス/アレンジを次々に手掛け、グルーヴ職人としての立ち位置を築き上げてきた。今年に入ってからもiriの“COME BACK TO MY CITY”やSIRUPの『CTY』で手腕を発揮……と絶好調ななか、待望の3作目『NOTE』が登場したわけである。

 maco maretsやRyohu、AAAMYYY、Kan Sanoとの先行配信曲を軸にした全11曲は、前作『Dream』の延長線上で音作りの振り幅を広げ、トータルなサウンドメイカーとしての才能を開花。多彩なアプローチが心地良く流れていく快作だ。なお、配信のみだったその『Dream』もこのタイミングでCD化され、AAAMYYYとの別曲を提供したアニメ「BNA ビー・エヌ・エー」のサントラも登場したばかりなので、こちらのチェックもおすすめしておきたい。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop