PR
インタビュー

ぜんぶ君のせいだ。『堕堕』7人体制での初シングルが描く騒々しい物語の続き

破壊と再生を繰り返して紡いできた運命のゆくえは、強烈無比な7人組を生み出した——騒々しい物語の続きを疾走するニュー・シングルが登場!

 昨年11月、東京・Zepp Divercityからスタートした47都道府県ツアー〈re:voke tour for 47〉もいよいよ後半戦に突入したぜんぶ君のせいだ。。その〈re:voke tour for 47〉は、メンバー脱退を経て、新メンバーに甘福氐喑、もとちか襲、雫ふふが加わった5人体制での、言わばお披露目ツアーだが、このツアー中に飛び込んできたのはさらにレーベルメイトであったゆくえしれずつれづれからメイユイメイ、个喆が新加入し、7人体制になるという驚きのニュースだった。常にワクワクすること、楽しいことを企んではファンを驚かせてきたぜん君。らしい。そして結成から6年、このコロナ禍においても活動は減速することなく、より遊び心を炸裂させている。7人体制での最新シングル『堕堕』には、その鼻息荒いほどのエネルギーが詰まっている。

ぜんぶ君のせいだ。 『堕堕』 コドモメンタルINC.(2021)

 

こちらから行ってもいいよね

――47都道府県ツアーが後半戦になりましたが、ツアーの感触はどうですか。

如月愛海「待っていてくれる方が本当に多くて。いまはソーシャルディスタンスをとりながらのライヴにはなるんですけど、そのなかでみんなも遊び方を考えてきていて。声を出せないぶん、私たちの振付を完コピしてくれたり、逆にそれに合わせてこっちも一緒に踊ったりとか。遊び方が自由になっているなと思いました」

――コロナ禍で思うようにツアーやライヴができないバンドは多いと思うんですが、そこで47都道府県ツアーをやろうというのは大きな決断だったのでは。

愛海「昨年7月に前メンバーが脱退して、一時活動休止をしたんですけど、活休前に、次は47都道府県ツアーをすると決めていたんです。47都道府県を回って、さらに大きなステージに行けたらと、前々から話していたことだったんですよね。メンバーの脱退・加入はあったけど、ステージに立ちたいというのはありましたし、加入した3人は、初のツアーが47都道府県になっちゃいましたけど(笑)」

もとちか襲「でも、行きたい行きたいってなってました」

雫ふふ「楽しみだったよね」

愛海「あとはこうしてコロナ禍でみんながなかなかライヴに来れないのもあると思うので、それならこちらからみんなのところに行ってもいいよねという感じで。嬉しいのは、地方によっては前のツアーで行った時よりも、観客が増えている場所もあるんです」

――こうした状況に加え、ぜん君。としてもメンバーが替わったりしているなかで、ライヴに足を運んでくれるのは心強いですね。

愛海「そこは過去のメンバーにも感謝しているところです。やっぱり信頼感がないとついていこうと思えないと思うんです。ずっとライヴに来てくれている患いさん(=ぜんぶ君のせいだ。ファンの呼称)たちは、まだ7人になったばかりで消化しきれていない曲などもちゃんと見てくれて、今日はこうだったね、とか、その先に期待もしてくれているというか。それはいままでのメンバーが努力を重ねてぜんぶ君のせいだ。を築いてきたという過程を信頼してくれて、いまいるメンバーの努力も感じてくれているからだと思うんです」

――まさにぜん君。の真髄を見てもらえるのがライヴというわけですね。新体制の5人でスタートしたツアーですが、今年に入って新たにゆくえしれずつれづれのメイユイメイ、个喆が加入して7人体制となりました。メイさん个喆さんは、他のグループで活動を重ねてきたとはいえ、このツアーで新メンバー3人が確実に磨き上げてきたのもあるから、ひと筋縄ではいかないですよね。

メイユイメイ「3人の成長スピードがすごく早いのも見ていて感じていたから、ここに入って本当にいいのかなっていうのはありましたね」

个喆「私たちに何ができるかなっていうのはあって、めっちゃ探り探りで」

メイ「メンバーとこんなに一緒に過ごすことも、ゆくえしれずつれづれではなかったので、毎日が新しい感じがします」

――ぜん君。史上でも7人編成というのは初ですから、よりダイナミックで、楽しいものになっていそうです。

征之丞十五時「どこを見たらいいかわからないくらいになってます(笑)」

甘福氐喑「どこを見ても楽しいっていうのは、お客さんにも言われました」

――最新シングル“堕堕”もこのツアーで披露してるんですよね。

「これ、めっちゃん楽しいんですよ」

ふふ「楽しいよね。イントロが流れた瞬間に……」

「ステージのヴォルテージがグッとアガる」

愛海「7人で最初の曲が“堕堕”でよかったですね。元気さや賑やかさもあるし、一曲の中の色合いがすごくあって、遊び心がある。この曲ではほとんど振付がないので、ステージを歩いたりパフォーマンスしながら歌うんですけど、そこに7人それぞれの色が出るんです。それが、すごくいいなって。ふふは最初、右から左に歩いて行ったのに、なんで今日は左から右に歩いて行くんだ?とか」

ふふ「気分次第なので」

「毎回変わるんですよね」

愛海「みんなが楽しそうにやってるとこっちも楽しくて、自由にやってます」

――その自由なパフォーマンスは、曲が持つメッセージからというのも大きい?

愛海「そうですね。“堕堕”って、ダダイズム、既成概念を壊すような意味もあるけど、私のなかでは〈駄々っ子〉のイメージも強くて。いやーって言ってるイメージがあるんですよね」

个喆「たしかに。歌詞でも歌ってるし」

愛海みんな反骨精神も強いので、それを出したほうが絶対にこの曲にはいいなっていうのはありました」

関連アーティスト
TOWER DOORS