立ち止まらずに生きる4人が過渡期にあって衝撃のニュー・シングルをリリース! 通じ合う瞳で感情を繋いで怒涛の一年を生き延びた先の世界には何が訪れる?

 5人組として『HALLO PIGGS』でアルバム・デビューしてちょうど1年。今年3月からの〈GREAT MUSCLE TOUR〉に際してUMIが離脱するも、“T.A.K.O”のリリースを経た4月末のツアー・ファイナルでは4人組での勇姿を力強く見せつけたPIGGS。現在は新メンバー募集/選考の真っ最中という過渡期にニュー・シングル“VISITOR”を届けてくれました。

PIGGS 『VISITOR』 プープーランド(2021)

 

気持ちの区切りがついた

――かなり昔のように感じますが、4月27~28日のLIQUIDROOMでのファイナルは4人で進んでいく決意を見せた日でしたね。

BAN-BAN「確かに凄い前に感じる」

SHELLME「27日と28日で内容や演出も変えて、挑む気持ちも違ったというか。1日目はまだ5人の気持ちがある4人で」

――初日は5人目に椅子を使ったりして。

プー・ルイ「そうです。脱退ライヴがなくて、5人の最後をファンの人に観てもらうことができなかったので、〈まあ、泣きたい人もいるよな〉って思ったし、初日は5人のPIGGSを想って、一緒に供養するようなライヴにしたいなっていう。いまUMIちゃん本人は別のところで元気にがんばってるのでそちらは大丈夫だとは思うんですけど。ただ、私たちとしては、ファンの人を思うといきなり4人でスパッと切り替えるのも違うと思ったので、みんなと気持ちを共有できたらいいなと思って、初日はそういう気持ちでやりました」

――それがちゃんと区切りにもなって。

CHIYO-P「はい。やっぱりツアー中はモヤモヤしてたし、4人になるって決まった後もそれはあったんですけど。初日が終わった瞬間に〈私たちは私たちで進むぞ〉って気持ちがギュッと固まって、2日目のファイナルに向かえて良かったなって思ってます」

プー「一緒にいろんなことに悩んだツアーだったから、4人の気持ちはホントに揃っていて、その意味ではやりやすかったです。PIGGSは誰が辞めても続いていくし、ここで良いものを観せられなかったらホントに終わりだから、〈絶対この状況に負けない〉〈自分たちに負けない〉っていう気持ちで臨みましたね」

BAN「ライヴでは観てくれる人にただ楽しんでほしいって思うので、1日目で気持ちの区切りがついたのもあって、“VISITOR”を初披露した2日目は前を向いたPIGGSを観せられたかなって思います」

――初披露のインパクトもありましたね。

プー「“VISITOR”は前からあって、実は徒歩ツアーで歩いてる最中にRyan.B(サウンド・プロデューサー)から送られてきてました。SHELLMEがゴタゴタしてる時期で」

SHELL「アハハハハ」

プー「いまはいろんな意味がついてきて、新しい〈訪問者〉を迎える準備をして過ごす状況にピッタリな曲になったんですけど。その時は〈あっ、SHELLMEの卒業ソングだ!〉って思って(笑)」

CHIYO「言ってたね(笑)」

SHELL「やめてよ! 当の本人は辞めるなんて1ミリも思ってないですからね(笑)」

プー「〈いや~、やっぱRyan天才だな〉みたいに思って。SHELLMEが辞めた後の4人で歌う姿も想像してました(笑)」

――レコーディングはいつ頃?

SHELL「徒歩ツアーが終わったあたりに録りました」

プー「だから、5人でレコーディングしてたんですよ、実は」

――ということは、春に“T.A.K.O”を出して、夏に“VISITOR”を出すっていう流れはかなり前から決まってたんですね。

プー「あっ、決まってましたね。“T.A.K.O”ではカッコイイPIGGSの姿を見せたくて、逆に“VISITOR”はもっとわかりやすいものっていう流れで用意してて。その頃は脱退とか新メンバーとか具体的には考えてなかったです」

PIGGSだからできる曲

――その“VISITOR”が今回のニュー・シングルですが、1曲目はインダストリアル調の“Piggy”なんですね。

BAN「初めて聴いた時は〈何だこの曲は?〉って思いました。先日ライヴで初披露したんですけど、インパクトが凄いあって、自分たちでやってても普通じゃいられなくなっちゃうっていうか(笑)。でも、それがカッコイイし、PIGGSだからできる曲だな~とも思います」

――激しい曲なので〈ライヴでどうやるんだろう?〉みたいな。

SHELL「ライヴでやった感想だと、いままでのPIGGSとは違う表現を観せれるし、〈え、SHELLME、そんなこともできるんだな〉〈CHIYO-P、そんな表情もできるんだ〉みたいに、個々の新しい面も出せる曲なんじゃないかなって思いました。私が実際みんなのこと観てて、〈すげえな〉みたいなところがあったんで(笑)。お客さんを驚かせられる曲なんじゃないかなって思います」

――“VISITOR”じゃなくてこれが1曲目なのも意味があるということですね。

プー「はい。驚かそうと思って」

SHELL「驚くよ(笑)」

プー「順当にいけば“VISITOR”なんですけど。そこをあえての〈PIGGSはただもんじゃないんだぜ〉っていうメッセージを暗に込めた曲順っていうか(笑)」

――曲調にはプー・ルイさんからのオーダーもあったんですか?

プー「これは言ってないです。“Piggy”も徒歩ツアー中に届いたんですけど、あの時期はとにかくRyanがノリにノッてて、やっぱ天才系なんで好調な時はバーッて曲がくるんですよ。そのなかからPIGGSの引き出しを増やす意味も込めて選んだ曲です」

――これもMVを撮っているんですよね。

BAN「はい、MVはみんな下着姿で」

プー「ちゃんと意味のある格好というか、世界観にマッチしたMVで、変に下着みたいな感じじゃないです(笑)。実は“LINK EMOTION”のMVと繋がってるっていう設定で。実際に生活してる家で、部屋着で楽しく元気に踊る“LINK EMOTION”が昼のPIGGSで、夜の“Piggy”では、踊って暑いから服脱いで頭おかしくなっちゃったっていう感じです。みんな自分の中に飼ってる獣を解放するぞ、みたいな」

BAN「でもホントに解放したと思う。それぞれの部屋にカメラマンさんと2人で入って、真っ暗にしてカメラのフラッシュだけで映像を撮ったんですけど、〈自分の思うホラーな感じでやってみて〉とか言われて、やったことない動きとか表情をしました」

プー「BAN-BANとCHIYO-Pは、近所迷惑なのにめちゃめちゃ暴れやがって(笑)」

CHIYO「入り込んでたのかわかんないんですけど、あんまり記憶ないぐらい(笑)。後から言われて、〈え、そんな暴れてた?〉ってビックリして」

SHELL「地団駄を踏んでるみたいな音がずっと鳴ってて、〈もう早く終わって〉と思いました。苦情が怖くて(笑)」

CHIYO「フラッシュの感じで何だかわかんない感じになっちゃって。ちょっと脳みそがおかしくなってました」

――それは****とかのシチュエーションですよ(笑)。フラッシュで朦朧として。

SHELL「アハハハハ」

CHIYO「それになってた、めっちゃ(笑)」

プー「そうなんだ」

SHELL「撮影自体もドッキリというかサプライズ的な感じだったんで、ガチの素の私たちが観れて楽しいと思います(笑)」

プー「今回は“VISITOR”をお願いした元さんに3曲ともMVを監督していただいて、ずっとPIGGSチームで映像を任せる方が不在だったんですけど、1年探し続けてめっちゃヴァイブスが合う人に出会うことができました」

ここからは覚悟がいる

――その“VISITOR”は初披露の様子をマイク目線で撮影したMVが良かったですね。

プー「そう。あれも元さんの〈マイクになってみたい〉っていうアイデアで(笑)。マイク視点の映像なんて観たことないから臨場感が凄くて」

SHELL「めっちゃ良かった。お客さんが映ってるのも良いなと思いました」

――曲自体も初披露からすぐ馴染んだ様子でした。

CHIYO「いまの時代の感じとか、自分たちの心境とか、グループの感じにマッチしてるって凄い思って。〈何があっても負けないぞ〉っていう気持ちが強く出せる曲です」

BAN「ライヴでやってても気持ちがグッとなります。ここからPIGGSが先に行くなら覚悟がいると思ってて、“T.A.K.O”もですけど、この“VISITOR”も凄く覚悟のこもった曲で。“T.A.K.O”はどちらかと言うと〈ついてこいよ〉みたいな曲だったんですけど、“VISITOR”は〈一緒に未来を見に行くぜ〉みたいな気持ちになるし、〈覚悟を持って立ち止まらずに走るぞ!〉っていう曲だなと感じてます」

――〈顔隠すこの世界で 瞳だけは通じ合うよ〉などの歌詞もかっこいいです。

BAN「はい、私はその2サビを歌っているんですけど、もう、気持ちだけで歌ってるってぐらい気持ちで歌ってます。3つあるサビの1つを別に歌が上手いメンバーではない私が歌うので、特にここは熱い気持ちを込めようと思っていつも歌ってます」

――特にこの曲は4人とも自然な感じで歌が出てきてる感じがします。

プー「そう、やりやすいかも。初披露から初披露じゃない感じっていうのはありました。“フューチャー・スターダスト”なんかは乗りこなすまで時間がかかった印象だけど、“VISITOR”は最初からピッタリ入り込めたっていう、不思議な曲でした」

BAN「“VISITOR”は特にプーちゃんの歌がカッコ良くて、プーちゃんの次に歌うところは〈あっ、バトン渡された!〉みたいに思って、何か好きです。サビまで歌い繋いでいく感じが何かいいなと思って」

CHIYO「バトンを繋いでる感じがするね」

――そして、3曲目が“LINK EMOTION”です。

プー「はい。この曲は実はPIGGSを作る前からあって。最初の取材で、方向性を決めるまで迷子になった話をしたと思うんですけど、Ryanが〈実はこういう曲が得意なんだけど……〉って聴かせてくれた2曲のうちのひとつなんです。〈めっちゃカッコイイじゃん、こういう感じでいこう〉ってなったきっかけの曲でした」

――PIGGSの音楽性を決めるきっかけになった曲というか

プー「そうです。なので、ここでリリースできたのは嬉しい。これも先日ライヴで披露したんですけど、〈1年ぐらいやってた?〉ってぐらい力のある曲だし、スタッフさんとかから〈音源もいいけど、ライヴのノリノリな感じが凄い合うね〉って言われますね」

SHELL「いままで“PIPEFICTION”がダントツだったんですけど、いちばん好きになっちゃいまして。初めて聴いた時に〈こんなカッコイイ曲歌えるの、めっちゃ嬉しい!〉って思うぐらい気に入って、〈これはサビ絶対歌いたい〉ってレコーディングに臨みました。振付けもめちゃくちゃ良くて、ライヴでも最初からみんなアガってくれて。あと歌詞がめっちゃ良い。明るい曲で、気持ちを後押ししてくれるというか、心が動く歌詞です」

――歌詞はMETTY(デザイナー)さんも共作ですね。

プー「ゾンビの世界って言ってました。〈ゾンビが蔓延した世界でも共存してけばいいじゃん〉っていう。振りもそういうコミカルな感じになってて」

SHELL「Twitterとかでも〈すげえ響いた〉〈前向きになれた〉みたいな声を見て、やっぱそういう曲だよなって。まだ数回しかライヴでやってないので、やればやるほどもっともっと良くなるだろうなって思います」

メンバーの人生も乗っかってる

――世の中の状況は相変わらずですが、アルバムのリリースと初ライヴのあった去年の7月からちょうど1年が経ちましたね。

プー「常にコロナが〈夏には!〉〈冬には!〉〈来年こそ!〉みたいな状況で、〈終わんねえじゃん〉って感じですけど(笑)。まあ、チームのみんなもアイドルの仕事は初めてだし、私もプロデュースは初めてだったから、いろいろ遠回りもしたけど1年やってきた結果やりたいことが見えてきたところも凄くあって。それを上手く見せていけたらいいかなっていう状態ですね。だから、みんなから見える部分は変わらないかもしれないけど、軸の部分は変わったので、2年目だけど、また1からやるつもりでがんばろうって気合いが入ってます。新メンバーも入るし、たぶん」

SHELL「たぶんね(笑)」

――記事が出る頃には選考も進んでると思いますけど、新メンバー募集は最初のオーディションと比べてどうでしたか?

プー「結成時のオーディションはどういう形のグループになるかわからない状態だったから間口が広かったけど、今回そこは狭まっている感じではありますね」

――今回はある程度PIGGSに理解のある人が来てるっていうことですね。

プー「まあ、最初に選んだ時も確信があったわけじゃないけど、それでもやっぱりハードルは上がってますね。いまはもう3人の人生も乗っかってるから、気楽には選べないっていうか。新メンバーも自分の人生を変えたくて入ってくるわけだし」

SHELL「私たちも面接を見させてもらいました」

プー「BAN-BANはずっとiPadでメモ取ってたね」

BAN「その後の審査で関わることがあるから、おもしろかった子とか印象を書いたりしてたんですけど、やっぱり後で名前を見て思い出せるような子が審査に残っていってる感じがしました」

CHIYO「自分が受けた時にマジで緊張してたのを思い出しました。面接で泣いちゃったりとか、うまく話せない姿も、〈あっ、わかる。がんばれ、がんばれ〉ってなっちゃって。でも一生懸命そうやって自分の目標に向かってがんばろうってチャレンジしてる姿は、やっぱ素敵だなって思いました」

プー「うん。結果的にうちではないかもしれないけど、真剣にやってる子はカッコイイなって改めて思いましたね」

――現段階で話しても仕方ないことですが、どうなりそうでしょう?

プー「めっちゃ悩んでますし、こればっかりは私が決めないといけないから胃が痛いです。きっと一緒に住むことにもなるし」

CHIYO「部屋も空いてるんで」

――CHIYO-Pさんも同居に戻ったんですね。

CHIYO「前回のツアーの間にまた一緒に住むようになって、それからずっと居座ってるっていう感じです(笑)」

プー「居座ってるんじゃなくて、もう住んでるんでしょ(笑)」

――良かったです。ただ、可能性としては該当者ナシもあるかもですよね。

プー「可能性としては全部あります。やっぱ5人だと振りが綺麗だな~とか。もともと考えてた6人もアリなのかな~とか」

――0か1か2か。

プー「10か(笑)」

CHIYO「10はやばいね。どうしよう」

SHELL「ギュウギュウよ、それ。風呂とか全然回ってこんしね」

――そこの心配(笑)。何にせよ、現体制は恐らくこの夏が最後になりそうですね。

CHIYO「はい。4人でやるのはあと少しになるはずなので、ブチかましていきます」

プー「9月には自主企画で5デイズのライヴをやるのも決まってたりするので、この先も何が起こるのか楽しみにしててほしいですね」

PIGGSの作品を紹介。
左から、2020年のアルバム『HALLO PIGGS』、2020年のEP『5 KILL STARS』、2021年のシングル“T.A.K.O”(すべてプープーランド)