PR
インタビュー

YOUR SONG IS GOODの吉澤成友、XTALと〈meets〉して作り上げたバレアリックで音響的なギター・インスト作を語る

Masatomo Yoshizawa meets XTAL『Guitar Esquisse Volume One』

ES-175を片手に、とある一室で。YOUR SONG IS GOODのギタリストの小さなサーヴィス精神から生まれた音の断片は、XTALとのマジカルなmeetsによっていま、ジェントルな日常に寄り添う一枚へ──

部屋の規模の音楽

 KAKUBARHYTHMの最古参バンドとしてレーベルを牽引し、2019年には結成20周年を迎えたYOUR SONG IS GOOD(以下YSIG)。サイトウ“JxJx”ジュンと共にその音楽性の鍵を握ってきたのが、結成以来のメンバーでもある吉澤成友(ギター)だ。このたびリリースされる『Guitar Esquisse Volume One』は、吉澤の初のソロ・アルバム。(((さらうんど)))やJINTANA&EMERALDSのメンバーとしても知られるDJ/プロデューサー、XTALとタッグを組み、バレアリックかつアンビエント的とも言えるギター・インスト作品となった。

Masatomo Yoshizawa meets XTAL 『Guitar Esquisse Volume One』 KAKUBARHYTHM(2021)

 その原点となるのが、2020年5月から吉澤がInstagramでアップし続けている一筆書き的なギター音源。すべての音源にはイラストレーターとしても活躍する彼ならではの味のあるイラストが添えられていた。吉澤は〈Guitar Esquisse〉と題されたそのシリーズを始めた経緯をこう説明する。

 「去年の春頃、ジャズ・ベーシストのアヴィシャイ・コーエンが自宅で演奏している動画をTwitterに連投しているのを観て、びっくりしちゃって。好きなベーシストのプライヴェートな演奏を聴けたことにすごく興奮したんですよ。自分も音楽をやっている人間として、みんな外にも出れずに悶々と過ごしているなか、少しでも楽しんでもらえる何かができたらなっていう思いが出てきて。僕がアヴィシャイ・コーエンの動画で興奮したように、自分なりにギターの音源を上げることでニコッとかニヤッとしてくれる人がいたらいいなと思って、ああいった投稿を始めたんです」。

 同じ頃、吉澤は野村卓史(グッドラックヘイワ)、辻村友晴/辻村豪文(共にキセル)とyamomoなる新バンドを結成。現在までリモートでの生セッションを定期的に配信している。今までのような音楽活動ができないコロナ禍において、どのような表現ができるのか。Instagramでのギター音源とyamomoでの活動は、その可能性を探るものとも言える。そこで生み出されているのは、あくまでも生活に馴染む等身大の音楽だ。

 「確かに部屋の規模の音楽ですよね。それはyamomoに関してもそうかも。キセルのお兄ちゃん(辻村豪文)は自宅でドラムを叩けるんですよ。でも、爆音で叩けるわけではなくて、住環境に合わせた音量感もアレンジに反映されている。Instagramの音源も自分の部屋でギターを弾き、その場で録音しているわけで、家で弾いていてちょうどいいぐらいの音楽になってるんだろうね。これってボサノヴァのエピソードに近いかも。リオデジャネイロのアパートで弾いてちょうどいいサイズの音というか」。