PR
インタビュー

HALLCA『PARADISE GATE』言葉とグルーヴに深みと輝きを増した待望のセカンド・アルバムを語る

浮き沈みを経験してさらに深みと輝きを増した宝石のような言葉とグルーヴ――待望のセカンド・アルバム『PARADISE GATE』は新しい日の始まりを告げる!

楽しみ続ける方法

 念願のアルバム『VILLA』を世に出し、フルバンドでの素晴らしい初ワンマン開催を実現したのが2019年の11月。それから2年を経てHALLCA待望のセカンド・アルバム『PARADISE GATE』が届いた。その間には共作/共演したkiarayuiの“Strawberry Moon”を皮切りに、yucaやwaiaiとのコラボ、Tsudio Studio曲への客演、はるかりまあこ名義のEPに至るまで、多彩なリンクの成果も披露してきたわけだが、本人の中ではコロナ禍において気持ちの揺れも当然あったようだ。

 「いまはこのセカンド・アルバムを出せるからルンルンしてるんですけど(笑)、やっぱり沈んでる時もありましたね。欲を言えば年1枚のペースで作りたくて、もともとは2020年に出したいなって思っていました。4月に“Twisted Rainbow”と“Pink Medicine”を出して、また秋頃にアルバムを出そうと計画していたけど、状況が変わりすぎちゃって。ずっと家にいた4月5月にはけっこう気合い満々で“Precious Flight”と“Sweet Pain”を書いて、PellyColoさんにアレンジをお願いもしてたんですけど、〈がんばりたいな〉と〈無理なのかな〉っていうどっちの気持ちもあって、やっぱりその先までは行かなかったですね。もちろん作品を出そうと思ったら出せるし、ライヴもしようと思えばできるじゃないですか? 実際に去年も11月にワンマンはやったんですけど、終わった後に〈あっ、やっぱりコロナ前とは違うんや〉って私がショック受けちゃったんですよ。最初のワンマンが200%ぐらい楽しかったので、自分の中のハードルが上がりすぎちゃってたのもあると思うんですけど」。

 それでも気持ちを切り替えられたのは、創作への思いはもちろん、応援してくれるファンやリスナーの存在が大きかった。

 「やっぱりいちばん大きいのが毎週やってるYouTube Liveなんですけど、ライヴの本数も減ったなかでファンの方が観てくれて、応援してくれるみんなとコミュニケーションを取れるのがホントに楽しくて。状況が変わっても楽しみ続ける方法を自分で見つけていけるようになった気がするし、そういう場があったから乗り越えられた感じがあります」。

 そうした励ましも糧にして制作もマイペースに再開。クラウドファンディングによる初ヴァイナル『Private Paradise』も経て、今回のアルバムに漕ぎ着けたというわけだ。PellyColo、Rillsoul~Blackstone Village、東新レゾナントという鉄壁のアレンジャー陣も、彼女のヴィジョンを具現化すべく、引き続き手腕を発揮している。大まかにいえば、初ワンマンの達成感を受けてコロナ禍の前に書かれた昨年の配信曲、自粛期間に生まれた前述の2曲、それ以降の楽曲といった時系列で区切ることもできるが、結果的に制作が長いスパンに及んだことで、音の風景も描かれる感情も多彩になった。

 「前作は配信シングルを集めて、新曲の“Complex City”とリミックスを加えた形だったんですけど、今回はもっとアルバムに向けて曲を作ってきた感じがありますね。アレンジャーはめちゃめちゃ信頼してる皆さんにお願いしてるので、サウンド面は前作よりもお任せした部分が多くて、今回の私はどっちかと言うと、歌詞に魂を込めました。私のファンの方ってサウンドをメインに聴いてくれる方が多い気がするので、注目度的には歌詞がいちばん最後かなと思ったりもするんですけど(笑)」。