コラム

【特集:OPUS OF THE YEAR 2019】bounce編集部の選ぶ2019年の100枚・後編

OPUS OF THE YEAR 2019
[特集]2019年の100枚+

例年通りor例年以上に素敵な音楽が多方面から届いた2019年——そんな充実の年を象徴するグッドなアルバム作品を、順位ナシの100枚で振り返ってみましょう!

★bounceの選ぶ2019年の100枚・前編

 


JUST A TOUCH OF 100
bounceの選ぶ2019年の100枚・後編

JONAS BROTHERS Happiness Begins Republic/ユニバーサル(2019)

この3兄弟のリユニオンは2019年を印象づけるサプライズだった。ライアン・テダー主導のこの復活作も、DNCE系からパワー・ポップ、レゲエ、ディスコ、トロピカル・ハウス、カントリーまでを跨いだジャストな内容に。 *轟

 

kiki vivi lily vivid EPISTROPH(2019)

メロウ&チル系のコラボで名を知らしめてきた彼女の初のフル・アルバムは、後見するWONKやSweet William、冨田恵一らも交えて時流に則ったスムースな佳曲集。ニアミスの多いおかもとえみのソロ作も含めて印象深い。 *轟

 

LIZZO Cuz I Love You Nice Life/Atlantic/ワーナー(2019)

2019年度のグラミー最多ノミネートでも改めて話題の一作。さまざまな意味で時代に即したトピックで語り甲斐のある人だが、ラップも交えた濃厚なアーバン作法をよりポップに拡張した内容は純粋に音楽作品としても楽しみたい。 *出嶌

 

majiko 寂しい人が一番偉いんだ ユニバーサル(2019)

疎外された側からの眼差しとそれゆえの目線の優しさで綴られた3年半ぶりのフル・アルバム。持ち前の繊細な切実さに強さを纏いつつ、支配力のある歌唱力で多様な曲調をドラマティックに響かせる術は今回も圧倒的でした。 *轟

 

MARK RONSON Late Night Feelings RCA/ソニー(2019)

『Uptown Special』への反動か、4年ぶりの新作ではよりプライヴェートな雰囲気のソフトなダンス・ポップを繊細に披露。カミラ・カベロや新鋭イェバ、キング・プリンセスらを招いて独特の感傷的な深夜帯ムードを聴かせた。 *轟

 

サカナクション 834.194 NF Records/ビクター(2019)

6年ぶりのフル・アルバムでは、シティー・ポップ再興の潮流に対する返答“忘れられないの”に著しい猥雑な色気を全編で振りまきながら、CD2枚組のヴォリュームを〈動/静〉の対比で構成。濃厚な世界を作り上げた。 *澤田

 

SLOWTHAI Nothing Great About Britain Method(2019)

UKラップが盛り上がるなか、タイラー・ザ・クリエイター作品にも参加したノーザンプトン出身の期待株もアルバム・デビュー。皮肉めいた表題もクウェス・ダーコらによる全体の音像も極めて〈英国的〉な薫りが漂うものだった。 *出嶌

 

完成直後にフィリップ・ズダールが急逝し、最後のアルバムとなった一枚。往年の自曲リメイク“W18”からプリミティヴなハウス、ジャングルまで、フレンチ・タッチ創始者としてのセンスと美意識が漲る作りに二重の涙。 *出嶌

 

またもやの2枚組に多彩なアイデアを詰め込んだ大作。和解したドレイクとのコラボやMJオマージュが話題になる一方、“Early 2K”に代表される近年のスロウバック作法を往時のバウンスの再解釈にまで拡張しているのが興味深い。 *出嶌

 

DENZEL CURRY Zuu Visionary/Loma Vista(2019)

フライング・ロータスやスロウタイとのコラボも話題になった2019年だが、本人のアルバムも大充実。リック・ロスやリル・ジョンらを通じてルーツ回帰した伝統的なノリも、一周回ってまた新鮮なサウスの熱気を伝えるものだろう。 *出嶌

 

TOWER DOORS
pagetop