PR
コラム

Def Tech『The Best』前向きなメッセージと心地良いサウンドで揺るぎなく〈My Way〉を貫いてきた二人の足取りに迫る

ポジティヴな歌心を纏ったメッセージとミクスチャー感覚に溢れた心地良いサウンド――揺るぎなく〈My Way〉を貫いた二人の足取りを『The Best』で改めて体感しよう!

再評価を集める二人の軌跡

 Def Techからベスト・アルバム『The Best』が届けられた。YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」で披露した動画が2700万回以上再生されている代表曲“My Way”(コメント欄には〈変わらない歌唱力と静かな熱量に震えた〉〈受け継がれていくべき曲〉といった言葉が数多く寄せられている)から、東京オリンピックの開会式/パラリンピックの閉会式に出演したドラマーの酒井響希をフィーチャーした“おんがくMUSIC”までを収録した本作。2020年で結成20周年を迎えた二人のキャリアを網羅すると同時に、独創的なミクスチャー感覚に溢れた音楽性、都市と自然を行き来しながら描かれる世界観、そして、どんな状況であっても本質を見失うことなく、前向きな意志を示す姿勢が強く刻まれた作品だ。

 2001年にMicro、Shenによって結成されたDef Techが世に出たきっかけは、“My Way”だった。MicroとShenが出会った直後に制作されたというこの曲は、二人のアカペラによる〈Def Tech sound Shen and Micro 'round singing on and on and on/地に足付け 頭雲抜け 進む前に前に前に〉から始まる。さらにアコギの美しい響き、タイトでシンプルなトラックが加わり、ヒップホップとレゲエ、ハワイアンが混ざり合うようなアレンジとフロウによって、〈劣等感や嫌悪感を吐き出し、自分らしく未来に進んでいこう〉というメッセージを放つこの曲は、幅広い音楽ファンに口コミで伝わり、2005年を代表するヒット・チューンになった。同曲を含むファースト・アルバム『Def Tech』は、170万枚以上のセールスを記録、瞬く間にブレイクを果たすことになる。ルーツ・ミュージックを融合させたスタイル、自然体でポジティヴな意志を注ぎ込んだリリック、二人の個性をぶつけ合いながら共存させたヴォーカル/ハーモニーを含め、“My Way”にはDef Techのすべてのエッセンスが込められていると言っていいだろう。

 さらに“Lokahi Lani”(2005年作『Lokahi Lani』収録)、“Power in da Musiq ~Understanding”“Catch The Wave”(2006年作『Catch The Wave』収録)などのヒット曲を次々と放ったDef Techだが、急激なブレイクに伴うストレス、ヒットを期待されるプレッシャーといった要因により二人の関係性が良好に保てなくなり、2007年には解散を発表。CDデビューからわずか2年で最初の終焉を迎えてしまったのだ。

関連アーティスト