PR
インタビュー

Def Tech『Powers of Ten』結成20周年、デビュー15周年を迎えたポジティヴな10作目を語る

Def Tech『Powers of Ten』結成20周年、デビュー15周年を迎えたポジティヴな10作目を語る

結成20周年、デビュー15周年を迎えたふたりが届ける、10曲入り10枚目のオリジナル・アルバム! 先の見えない時代をリラックスしながら生き延びるためのポジティヴなパワーがここには溢れている!

ありがとうと素直に思える

 サーフ・ロック、ヒップホップ、ハワイアン、レゲエなどを融合させたサウンドメイク、〈幸せ〉や〈自由〉〈愛〉〈大切な人との繋がり〉といった本質的なテーマを掲げたリリックによって、日本の音楽シーンで独創的なポジションを獲得してきたDef Tech。2005年のファースト・アルバム『Def Tech』が200万枚以上のセールスを記録するも、MicroとShenの衝突によって2007年に解散、2010年に再結成、と変化の激しいキャリアを重ねてきたが、ここ数年の彼らは――基盤であるサーフ・カルチャーにどっぷり浸りながら――マイペースで活動を続けている。

 「Shenとはとにかく仲が良くて(笑)。昔は制作のたびに大喧嘩していて、RIZEの“Vibration”(2002年)という曲のレコーディングでは、Jesse(RIZE)に〈歌う気がないなら帰れよ!〉って怒られたこともあって。それくらいぶつかってたんだけど、この10年は『Mind Shift』(再結成後の第1弾アルバム)して、何事も〈とにかくやってみてから考えよう〉と切り替えられるようになったんです。仲が良すぎて、なかなか曲が出来ないのがジレンマですね。お茶しながら3~4時間しゃべって、〈今日も充実してたね〉って日もあるので(笑)」(Micro:以下同)。

 結成20周年、デビュー15周年を迎え、「いちばん心が安定しているし、穏やかに音楽をやれている。奇跡ですね」と笑顔で語るMicro。その気分は通算10作目となるニュー・アルバム『Powers of Ten』にも強く反映されている。先行曲“Like I Do”を含む本作の基調は、ローファイ・ヒップホップ~チルホップの潮流。穏やかでゆったりしたグルーヴ、メロウでリラックスしたラップは、現在の彼らのモードそのものだ。

Def Tech 『Powers of Ten』 2VOX/Village Again(2020)

 「20代の頃は反骨心の塊で、どんなにメロウな曲でもどこか殺気立ってたと思うんですよ。どこにいてもアウェイだと感じていて、ライヴも〈全員ぶっ倒してやる〉みたいな気持ちで挑んでたので。でも、いまはそういう音楽をやりたくないし、僕自身も聴きたくない。こうやって話しているのと同じような声色やトーンで歌いたいんですよね。それはきっと自分を受け入れられるようになったからだと思う。ファンのみんながDef Techの音楽を好きでいてくれるのも実感できてるし、〈ありがとう〉と素直に思えるので。サウンドに関しては、チルホップ系の影響があるかも。最近だとショパンというアーティストの“Mellow Mornings”という曲を海に行くときの車のなかでいつも聴いてたりします」。

 波の音から始まるチルな音像と〈ここのところ疲れもピーク/ならばいっそのことLet's go the beach〉という歌詞が溶け合う“Surf Me To The Ocean”で始まるアルバム『Powers of Ten』。都会と海を行き来しながら紡がれたリリックは、彼らの生活に根付いていることはもちろん、ストレスフルな日常を強いられている人々に多くの気づきを与えてくれそうだ。

 「僕自身も東京に住んでいて、時間があればこうやって海に来て(註:取材は千葉の海岸からリモートで行われた)、ストレスをリリースして。海と都会の行き来という意味では、カリフォルニアも日本も同じですからね(笑)。そこで聴きたいのはゴリゴリのロックではないし、夕焼けにはやっぱりケニーGの“Forever In Love”が似合うし。“Surf Me To The Ocean”もそうですけど、これほど音楽とサーフカルチャーが融合しているのは、日本だと珍しいと思います」。

関連アーティスト
TOWER DOORS