2014.09.05

夏の落語を集めた今の季節にぴったりの2枚組。唯一無二の味わいで今聴いてもその芸に酔わされる、五代目古今亭志ん生の《佃祭》と《へっつい幽霊》。小気味よいテンポで落語を聴く心地良さを届けてくれる、三代目三遊亭金馬の《たがや》。一度は聴いておきたい人間国宝の芸。ゆったりとした語り口に包まれる幸せ、五代目柳家小さんの《夏どろ》。そして夏といえば怪談。言葉だけで人物が目の前に浮かぶ、六代目三遊亭圓生の《真景累ヶ淵「豊志賀」》。大名人とされた圓朝の流れを汲む本流の怪談噺、八代目林家正蔵の《怪談牡丹灯籠「お札はがし」》と、充実のラインナップの贅沢すぎる入門盤。

※試聴はこちら

TOWER DOORS
pagetop