連載

【YONA YONA WEEKENDERS磯野くんの〈ラーメンから歌が聴こえる〉】八杯目 MASHI NO MASHI TOKYOの一万円ラーメンから冨田ラボ“MAP for LOVE”が聴こえる

グルーヴィーな演奏とメロウネス溢れる歌声で〈ツマミになるグッドミュージック〉を奏でる4人組、YONA YONA WEEKENDERS。昨年、待望のファーストアルバム『YONA YONA WEEKENDERS』をリリースしました。そんな彼らのフロントマン、磯野くんの連載が〈ラーメンから歌が聴こえる〉です。

磯野くんはとにかくラーメンが大好き。アルバム『YONA YONA WEEKENDERS』の特集記事では、音楽家としてもラーメン好きとしてもリスペクトしているサニーデイ・サービスの田中貴さんとの対談が実現しました。この連載では、そんな彼が愛してやまないラーメンを、音楽にたとえながら紹介してくれます。

今回は、六本木にある〈MASHI NO MASHI TOKYO〉に入店。一杯一万円という驚愕の値段を据えられた高級ラーメンから聴こえる歌は? *Mikiki編集部

★YONA YONA WEEKENDERS磯野くんの〈ラーメンから歌が聴こえる〉記事一覧はこちら

“光の中”と“明るい未来”のライブ映像

 


BE:FIRSTが教えてくれた、一杯一万円のラーメン

本連載の六杯目、〈NHK食堂のラーメンから大滝詠一『A LONG VACATION』が聴こえる〉はもうお読み頂けただろうか? 我々YONA YONA WEEKENDERSの「シブヤノオト」出演に伴い、NHK社員食堂でのラーメンロケを敢行。本番ではMCの麒麟・川島明さんに「これ音楽番組やんな?」とツッコまれるほどの尺で放送され、自分で言うのもおこがましいが、なかなかの盛り上がりを見せた。

本番後、共演したBE:FIRSTの皆さんがわざわざ挨拶に来てくれた(なんとメンバーのLEOくんは普段からYYWを愛聴してくれているらしい)。話してみると、食べ盛りのヤングたちとあって、ラーメン好きのメンバーが多いと言う。この連載のことを話すと、「ぜひ行ってみてください!」と、それぞれオススメのラーメン屋を惜しげもなく教えてくれた。これから日本のミュージックシーンを席巻していく若者たちが、清湯スープのように澄んだ瞳で、こんなしがないサラリーマンのおじさん相手にそれはそれは一生懸命に。

やっぱりラーメン好きに悪い人はいないんだな……。彼らの優しさに胸を打たれつつ、必死にメモを取る。そのなかで、RYOKIくんがかつて取材で訪れたという六本木のラーメン屋が、なんと一杯で〈一万円〉もするらしい。

一万円……。

昨今のラーメン業界において、一杯千円以上のものはさほど珍しくないが、〈ラーメン=手頃に幸せを感じられる食べ物〉という考え方の僕にとっては流石に足が竦む値段だ。しかし冷静になってみると、本連載で食すラーメン代はすべて取材費として賄われている。そう、僕は無敵なのだ。「普段の10倍気持ちを込めて書きます!」などと適当なことを言って、強引に取材に漕ぎ着けた。