PR
インタビュー

〈アプガのヤバイ楽曲コンテスト〉優秀賞獲得記念対談第2弾! アプガ(仮)メンバー × StudyWhoが語る、靴紐を締め直して前に行く楽曲“アルストロメリア”

〈アプガのヤバイ楽曲コンテスト〉優秀賞獲得記念対談第2弾! アプガ(仮)メンバー × StudyWhoが語る、靴紐を締め直して前に行く楽曲“アルストロメリア”

2021年7月より、アップアップガールズ(仮)がダイノジとタッグを組んでアーティストから楽曲を募集するコンテスト、その名も〈アプガのヤバイ楽曲コンテスト〉を実施。その結果、ボカロP・やすごもりとミクスチャーバンド・StudyWhoが見事優秀賞を獲得し、2組を含む入賞者による6曲は、今年1月にリリースされたミニアルバム『アプガヤバイ』に収録された。さらに優秀賞の副賞として、StudyWho・やすごもりの両者にはアプガ(仮)メンバーとの対談企画もプレゼント。今回は、StudyWhoよりMs.Wednesday(ボーカル)、DIIIIIITA(ギター)、LILLY(ギター)、Irish(ベース)、余市(ドラムス)、ナカノくん(マニュピレーター)の6人が、制作曲“アルストロメリア”について古谷柚里花、工藤菫、小山星流、住田悠華の4人と語り合う。 *Mikiki編集部

アップアップガールズ(仮) 『アプガヤバイ』 T-Palette(2022)

 

未来から来たミクスチャーバンド

──StudyWhoがどんなバンドかを紹介してください。

Ms.Wednesday「我々は、未来からやって来たStudyWhoです。私が〈人型人造人間〉を作って、そのメンバーたちとこの現代で音楽活動を行なっています」

StudyWho
 

──楽曲のスタイルについて聞かせてください。

LILLY「我々は、ゴリゴリのサウンドを基調に、ピアノやシンセサイザーなどを使ったケミカルな音楽をコンセプトにやっています」

StudyWhoの楽曲“Birthday”
 

──ライブはどのような雰囲気ですか。

LILLY「ライブはとにかくお客さんと楽しめるように、簡単な振り付けで一緒に踊れたりするようにと考えてやってます」

Ms.Wednesday「ライブバンドなので、みんなで盛り上がりたいって気持ちが大きいですね」

──アプガ(仮)のみなさん、初対面の率直な感想をお願いします。

古谷「メンバーさんそれぞれ個性が強いですし、ライブでみんなで踊って盛り上がることとかは、とてもアプガに通じるものを感じました」

古谷柚里花
 

工藤「私も、近いものがあるなって思いました。ライブで“アルストロメリア”をやるとお客さんが振り付けを真似して踊ってくれるんですけど、StudyWhoさんが“アルストロメリア”をライブでやるとしたらどんな雰囲気になるのか、生で体感したいなと思いました」

Ms.Wednesday「ぜひ、ライブに来てください!」

──では、StudyWhoのみなさんが〈アプガのヤバイ楽曲コンテスト〉に応募したきっかけを聞かせてください。

余市「常日頃から我々の音楽をいろんな人に知ってもらおうと思って目をギラつかせているんですが、去年の夏頃に〈アプガのヤバイ楽曲コンテスト〉を発見して、これしかない!と思って応募したんです」

──アプガ(仮)についてはご存知でしたか?

DIIIIIITA「名前だけは存じ上げていたんですけど、いろいろ動画とかを観させていただく中で、改めてすごいなって思いました。かわいいのはもちろんですが、ライブ以外の企画への体当たりもすごいですし、最近の爆破ライブはほんとすごいなと思いました。我々も、お客さんに楽しんでもらうために見習っていきたいです」

アプガ(仮)「ありがとうございます!!」

──ダイノジさんに対してはどうですか?

Irish「我々ミュージシャンからすると、ダイノジさんは芸人というより完全にDJとして、音楽のドープな部分まで知ってる方って感じがしてます」

余市「そういうのもあって、今回の応募に至ったんです」

Ms.Wednesday「“アルストロメリア”が優秀賞をいただけて、大変うれしいです!」