5人になったCYNHNのニュー・シングルはまたも傑作!

 5人体制で初の音源となる“キリグニア”を聴けば、早くも新しいバランスがCYNHNという空間の中で違和感なく形成されていることに驚かされます。2月のアルバム『Blue Cresc.』に4人での歩みを刻み込み、5月に過去最大規模となるZepp DiverCityでのワンマンを成功させた後、6月の5周年イヴェント〈Blue Encount〉にて新メンバーの広瀬みのりを含む5人組での姿を初披露したわけですが、凛とした清純さのある彼女の歌声が、既存曲も含めたCYNHNの歌世界にしなやかに馴染んでいたのが印象的でした。

CYNHN 『キリグニア』 I BLUE/インペリアル(2022)

 で、このたびシングル・リリースされるその“キリグニア”は、詞曲を渡辺翔、編曲をebaが担当。“水生”“ごく平凡な青は、”と同じ組み合わせならではのエッジーな手捌きも洗練され、声質の重ならない5人の歌が引き立て合って、疾走感を伴った新しい色を描いています。なお、カップリングの“ソルベ”は蒼山幸子 × 奥脇達也が詞曲を担った可憐な一曲で、『タブラチュア』で活躍した清水哲平の編曲だからか往時の素朴さもふと浮かんでくるのが興味深いところ。5周年を迎えつつも新しい1年目を過ごすCYNHNの青は果たして深くなるのか、鮮やかになるのか、ここからの展開に注目です!

7人組になったASPが怒涛のメジャー・デビュー!

 3月の〈WACK合同オーディション2022〉で合格したチッチチチーチーチーとリオンタウンを迎えて7人組となり、4月に前体制でのラスト・シングル“BOLLOCKS”をリリース、翌5月にはメジャー・デビューを発表……と猛スピードで駆け上がっていくASP。8月には日比谷野音での大舞台を経て、メジャー発のシングル“Hyper Cracker”がいよいよ登場することになりました!

ASP 『Hyper Cracker』 avex trax(2022)

 驚きなのは表題曲のプロデュース/サウンドメイクをYohji Igarashiが手掛け、ODD Foot WorksのPecoriをソングライターに起用していること。ノスタルジックなロック調からラップも交えて硬質なドロップに流れる展開がユニークで、アートワークの雰囲気も併せてASPなりのハイパーポップと呼びたくなる中毒性があります。松隈ケンタによるカップリングの“Why don't you KiLL me??”も野太いベースとフックの転調で引き込む新機軸。思わぬ角度へと挑戦的に進化していく野心的な7人からこの先も目が離せませんね!

暑い季節のZOKKONディスク1・2・3・4・5!

アップアップガールズ(2) 『U(2)Zone LINE/恋はアップ(2)Summer』 T-Palette(2022)

新体制で初となる3か月ぶりのシングルは、いずれもmichitomoプロデュースによる安定の両A面。新たな出発をクールに歌う“U(2)Zone LINE”はかっこいいダンス・トラックで、きなみうみ編曲の“恋はアップ(2)Summer”は清々しいホーンで飾られた王道のサマー・チューン! どっちも魅力的です!

 

わーすた 『我々はネコである。』 iDOL Street(2022)

今年から4人体制に移行し、7周年を迎えて送るニュー・アルバム。シングル“ミライバルダンス”から配信曲やユニット曲、“いぬねこ。青春真っ盛り”など人気曲の再録まで盛りだくさん。プロデューサーの岸田勇気をはじめ、渡辺翔やYUC'e、伊藤翼ら作家陣の多彩さも幅広い内容を保証してくれます。

 

nonamera 『My name is…』 コドモメンタルINC.(2022)

KAQRIYOTERRORに再加入したのなめらが、並行して活動してきたソロ名義で初のミニ・アルバムを投下。中毒性のある“Dye in Lilly”を筆頭にグループとはまた違うネオンカラーのビート感が個性にフィットしていて、ハイパーポップ系の緩急ある“Nymphaea”などでのクセの強いラップも良いです。

 

NiL 『愛愛愛』 NO MISS RECORDS(2022)

5月のデビュー・ライヴをソールドアウトして話題になったという関西の新人グループが早くもファースト・シングルをリリース。シンセが煌めきを主張するラウドなロック・サウンドで、パワフルな熱唱とキャッチーな展開でグイグイ盛り上げる楽曲になっています。ここからのさらなる進化に期待!

 

EMPiRE 『THE FiNAL EMPiRE -EMPiRE DOPE MAGiC TOUR 2022.06.02 at LINE CUBE SHIBUYA-』 avex trax(2022)

グループ最大規模のホールツアー〈EMPiRE DOPE MAGiC TOUR〉のファイナルとなる6月2日のLINE CUBE SHIBUYA公演をもって〈解散〉し、同じ編成のまま新グループのExWHYZ結成を発表した6人。こちらはそのEMPiREとしてのラスト・パフォーマンスの模様を収めた映像作品です。いきなりの〈解散〉発表から数日後のライヴだけあって、結成からの歩みを辿る映像に続くオープニングの“アカルイミライ”から会場の雰囲気もかつてなく張り詰めたムード。いつも以上にエモーショナルなメンバーの様子も含め、特殊な空間が追体験できる内容になっています。なお、初回生産限定盤はBlu-rayに本編とドキュメンタリー映像などを収録し、2枚組のライヴCDに加えて新曲5つを収めたボーナスCD『THE FiNAL EMPiRE』も同梱。先行配信されていた“ねぇ”を筆頭に、帝国のクールな最終形態を聴かせてくれます。間を置かずにスタートするExWHYZへの期待も膨らむところでしょう!