PR
インタビュー

アップアップガールズ(2)クラファン〆切直前インタビュー④――年少メンバーがアプガ(2)を変える

(左から)中川千尋、佐々木ほのか
 

10作目のシングル『強がりライライライ/セメテセメテ/ぱーれぇ~/ガラスの純情』を2021年2月16日(火)にリリースし、これに合わせてT Palette RecordsとWIZYのタッグによるクラウドファンディングを本日1月15日(金)まで実施中のアップアップガールズ(2)。〈新たなリリース様式〉として、リリース・イベントに替わるグッズなどのリターンを計画している。

Mikikiではメンバー8人を2人ずつに分け、計4回にわたってインタビューを実施。最終回となる今回は中川千尋と佐々木ほのかに、シングルの聴きどころやクラウドファンディングの注目ポイントについて語ってもらう。 *Mikiki編集部

★森永新菜と新倉愛海によるインタビュー第1弾はコチラ
★吉川茉優、島崎友莉亜によるインタビュー第2弾はコチラ
鍛治島彩、高萩千夏によるインタビュー第3弾はコチラ

アップアップガールズ(2) 『強がりライライライ/セメテセメテ/ぱーれぇ~/ガラスの純情』 T-Palette Records(2021)

ちょっとずつ動けた2020年​

――昨年はコロナ禍の中でのアイドル活動となってしまいましたが、振り返って大変だったことや逆にプラスになったことがあれば訊かせてください。

佐々木ほのか「私、曲の初めに煽りをやったりするんですけど、前は〈声出せー!〉〈ジャンプ! ジャンプ!〉とか言ってたのにそれができなくなっちゃったんです。ただ〈手拍子してください!〉じゃつまらないし、それで〈心の底から手を叩けー!〉とか言うようになって。これを機に、煽り方もうまくなったのかなって自画自賛してます(笑)。

あと私、握手会でお客さんとお話しして交流を深めてパワーをもらってたんですよ。それができなくなったのが本当に悲しくて。でも、〈For U〉とかオンラインの特典会でお客さんとお話しすることで、コミュ力は上がったかなって思います。前までは結構変なことばっかり言ってたんですけど、最近はお客さんから〈難しい言葉使うようになったね〉って言っていただけるようになったんです。エヘヘヘ」

中川千尋「2020年はライブがなかなかできない年ではあったんですけど、オンライン上でもお客さんとの交流は深められるんだっていう新しい発見がありました。あと、去年高校生になってSNSをやれるようになったり、生配信で一人で話す機会が増えたりして、中川千尋をもっと深く知ってもらうためにちょっとずつ動けた2020年だったかなって思います」

──具体的にはどんなことをしたんですか。

中川「配信でみなさんに楽しんでもらえるように、いろんなお洋服をたくさん着ようと思ったんです。メイドさんとかウサギのコスプレみたいなことをしてみたり、普段のリリース・イベントでは着ないような服を着たりしました。しかも、自分の好きな派手さやピンク色を追求できたなって思いました」

佐々木「自粛期間中にYouTubeの生配信で〈いろいろな事に挑戦してみる!〉っていうことで、ひとりで石鹸を作ったりチャーハンを作ったりしたんです。私、意外と料理が好きで、最近ではしょっちゅう料理するようになって、この間はあんかけを作りました」

中川「すごい、うち料理なんにもできない」

佐々木「エヘヘヘ、これからは家庭的な女になろうかなって思います(笑)」

――がんばってください(笑)。そして昨年10月は、シングル『どのみちハッピー!/雨に唄えば/愛について考えるよ/エンドロール』をクラウドファンディングでリリースしました。あの時はどうでしたか?

佐々木「私、最初クラウドファンディングというものが分からなくていろいろ調べたんです。リターンって何するんだろう?ってドキドキだったんですけど、写真集とかいろんなグッズがあってすごく楽しかったです。ポスターにサインをたくさん書くのはとても大変だったんですけど、これをお客さんが家に飾ってくれるのかと思ったらすごくうれしくて。なので、自分もお客さん目線になって、こうだったらうれしいなっていろいろ考えてがんばりました」

中川「クラウドファンディングって、最初はただいっぱいお金を集めるだけなのかなって思ったんですよ。でも、リターンがいっぱいあるんですよね。そのリターンを購入するような気持ちで支援していただいて、CDがリリースできるって素敵だなって思いました。これをもっといろんな人に伝えられたらなって思いましたね。私は書くことが大好きなので、お手紙を書くのがすごく楽しかったです」

関連アーティスト
TOWER DOORS