天野龍太郎「Mikiki編集部の田中と天野が、海外シーンで発表された楽曲から必聴のものを紹介する週刊連載〈Pop Style Now〉。ロシアによるウクライナ戦争が、音楽シーンにも大きな影響を及ぼしています。3月4日の〈Bandcamp Friday〉では、ウクライナを支援する動きがたくさん見られましたね。一方、ロシア国内ではユニバーサル、ワーナー、ソニーというビッグなメジャーレーベルが業務を停止。欧米のアーティストのライブもどんどん中止されています。今後、どうなってしまうのでしょうか……?」

田中亮太「先週の話題といえば、日本でも公開された映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』の影響でニルヴァーナの“Something In The Way”(91年)のストリーミングサービスでの再生回数が急増、というものがありましたね。自分は映画を未見なんですが、劇中で印象的に使われているそうです」

天野マット・リーヴス監督は脚本の段階から“Something In The Way”に言及していたらしく、ロバート・パティンソンが演じたバットマン役のキャラクター造形にも深く影響を与えたそうです。また、リドラー役のポール・ダノも役作りの面でこの曲からインスピレーションを受けていたみたい。映画のトーンを決めた一曲なのでしょうね」

田中「『THE BATMAN-ザ・バットマン-』で初めて聴いて好きになった、という若い世代のリスナーも多いんでしょうね。どういう使われ方をされているのか、映画を観るのが楽しみです。それでは、今週のプレイリストと〈Song Of The Week〉から!」

★TOWER RECORDS MUSICのプレイリストはこちら

 

Oliver Sim “Romance With A Memory”
Song Of The Week

田中「〈SOTW〉はオリヴァー・シムの“Romance With A Memory”です! オリヴァー・シムはThe xxのボーカリスト/ベーシストですが、バンドからはロミー(Romy)も2020年にソロデビューしています。『I See You』(2017年)以降、3人は個人としての時間を過ごしていたそうで、いまバンドはそういう時期なのでしょうね。ロミーのソロシングル“Lifetime”(2020年)は思いっきりアッパーでダンサブルな路線の名曲でしたが、オリヴァーのソロデビュー曲“Romance With A Memory”はThe xxとも異なるムードでおもしろいと思います」

天野「この曲はジェイミー・xxがプロデュースしているので、ほぼThe xxなんですけどね(笑)。とはいえ、やっぱりオリヴァーの曲だな、と思いました。彼が大好きなホラー映画や彼自身の人生からインスピレーションを得た曲だそうで、ホラー映画的な雰囲気と60年代のポップソングを思わせるソングライティングがユーモラスでキュートな形で結実していますよね。オリヴァーのボーカルはスコット・ウォーカーっぽいダンディーな感じが増していて、ムードがすごい。ロミーのソロ活動も楽しみですが、オリヴァーはオリヴァーで独自の路線を歩んでいきそうでわくわくします」

 

Megan Thee Stallion & Dua Lipa “Sweetest Pie”

天野「今週の2曲目は2人の女性スターによるコラボ曲。メーガン・ザ・スタリオンとデュア・リパという米英のラッパー&シンガーがタッグを組んだ“Sweetest Pie”です。煌びやかなシンセと軽快なギターを効果的に使ったディスコポップ的なサウンドが最高。音楽性的には『Future Nostalgia』(2020年)以降のデュア・リパのダンサブルなモードにメグが加わった、という印象です」

田中「確かに。とはいえメーガンのスタッカートが利いていてリズミカルなラップは、こういう跳ねたビートのトラックにマッチしていますよね。もともと、デュア・リパの『Future Nostalgia』の収録曲“Levitating”にメーガンのラップを乗せたファンメイドのリミックスがバイラルヒットしたことを受けて、メーガンが〈デュアとコラボしたい〉と語ったことから、実際の共作に繋がったそうです。メーガンはこの曲を〈私とデュアという感じのサウンド〉と気に入っているんだとか。“Sweetest Pie”はメーガンのきたるニューアルバムに収録予定とのことです!」

Destroyer “June”

田中「デストロイヤーが3月25日(金)にリリースする新作『LABYRINTHITIS』から、3曲目のシングル“June”が届けられました。これまでに発表された“Tintoretto, It’s For You”と“Eat The Wine, Drink The Bread”の2曲が素晴らしかったので、新作はかなりすごい作品になっているのではないかと思います。この“June”も名曲ですね」

天野「デストロイヤーことダン・ベイハー(Dan Bejar)の音楽に対する研ぎ澄まされた感覚ってすごいですよね。前作の『Have We Met』(2020年)も最高でしたし。ベースになっている音楽性は変わらないのですが、どんどん熟成されていっています。ダンが2020年に作曲し、ロックダウンが徹底された時期にアイデアをジョン・コリンズ(John Collins)と交換しながら制作したという新作は、前作に続いてコリンズがプロデュース。コリンズはニュー・ポルノグラファーズのメンバーで、長年デストロイヤーに参加しているミュージシャンですね。この“June”ではジョシュア・ウェルズ(Joshua Wells)のドラムやコリンズのベースがぐにゃぐにゃと変化していく強烈なグルーヴを醸成していて、〈ドリーミーでサイケデリックなんだけど踊れる〉というアーサー・ラッセル的なコズミックディスコが生み出されています。ずっと聴いているとトリップしそう……」

 

Abbie Ozard “Pisces”

天野「続いては注目のニューカマーの楽曲。UKマンチェスター出身のアビー・オザードの新曲“Pisces”を紹介します。この曲は、2022年7月1日(金)にリリース予定のEP『Water Based Lullabies』からのリードソングです。〈Pisces〉とは、うお座を意味する単語ですが、タイトルをふまえるとEP自体が〈水〉をテーマにした作品なのかもしれませんね。この曲はフローティンな音作りが気持ちいいです」

田中「ほのかにダンサブルなビートとメランコリックなサウンドを重ねた、〈これぞベッドルームポップ〉的な楽曲ですが、メロディー上のライミングと彼女の透き通るような歌声から、何度も聴きたくなるポップソングに仕上がっていますよね。彼女はこの曲で〈自分の強みを認識し、自分が何を欲しているかを制御し、自分の基準を高くセットすること〉を歌ったんだとか。そうした前向きなテーマも、この曲を聴いたときの心にスッと風が吹くような感覚に繋がっているんでしょうね。ニューEP『Water Based Lullabies』は楽しみな一枚です」

 

Tanna Leone “With The Villains”

田中「ケンドリック・ラマーと、映像作家でケンドリックのマネージャーでもあるデイヴ・フリー(Dave Free)が設立した会社〈pgLang〉が新たに契約した米LAのアーティスト、ターナ・リオン。ケンドリックの従兄弟であるベイビー・キーム(Baby Keem)に続く2人目の所属アーティストになりますが、リオンはほとんど無名のラッパーで、Instagramのフォロワーはまだ9,000人しかいません」

天野「彼がまずリリースしたのは、“With The Villains”と“Lucky”の2曲です。この“With The Villains”は、南部ヒップホップやクラウドラップのムードを思わせるダークなビートとリオンの気怠げなラップが特徴。プロデューサーは、シェフ9ザゴッド(Chef9thegod)とカルド(Cardo)の2人です。カバーアートや、モノクロの映像でリオンの顔をはっきりと映さないミュージックビデオもあいまって、すごくミステリアスですね。〈夜行性のベイビー 俺が見ているのは月〉など、夜をテーマにしたリリックも彼をますます謎めいた存在にしています。自己紹介ビデオもあるのですが、なんとも不思議なアーティストだと思いました。ケンドリックたちは、今後もこうやって才能をフックアップしていくのでしょうか? 〈pgLang〉がどんなコミュニティーになっていくのか、楽しみですね」