インタビュー

DUBSTAR STILL RULES―満を持して5年ぶりのアルバム『Sunday Afternoon』登場!! DS455とクルーズする昼下がり

NEW ARRIVAL 2014 [緊急ワイド] ヒップホップ到着’14 Part.7

DUBSTAR STILL RULES―満を持して5年ぶりのアルバム『Sunday Afternoon』登場!! DS455とクルーズする昼下がり

新しいことより、DSらしさを

 「〈どこを切ってもDS〉な、理想的なアルバム。スキットも含めてお約束なことは全部やってる」というDJ PMXの話にある通り、新作『Sunday Afternoon』でもウェッサイ・シーンの王道たるDS455の軸はいささかもブレていない。しかし、何事もなかったかのようにこうして彼らが新たな音を鳴らすまでには時間が必要だった。前作で結成20周年の大きな節目を迎えたとはいえ、2011年のミニ・アルバム『JACK THA PARTY wit' THA DSC』を挿んで5年ぶりという過去にないブランクの理由もそこにある。多くの例に漏れず、先の東日本大震災が彼らに拭えぬ大きな影を落としたのだ。

DS455 Sunday Afternoon BAY BLUES/HOOD SOUND/Village Again(2014)

 「実は2011年ぐらいに次のアルバムの制作に入ろうっていうことで動きはじめてたんですけど、震災で考えていたことが一気に変わってしまった。DSのイメージである、派手な車に乗って、クラブ行って、シャンパン開けて、みたいなことを歌いたいと思わなかったし、実際トラックもらって書いても、全部震災に関する生々しい曲になって、これは俺らがいまやるべきことなのかな?って疑問に思って」(Kayzabro)。

 『Sunday Afternoon』は、いわばそんな葛藤を経て、彼らがようやく日常を取り戻し、完成させたアルバムとも言えよう。タイトルそのままに、「日曜日の午後のユルい感じ、レイドバック感」(Kayzabro)は制作の大きなとっかかりになったという。

 「〈Sunday Afternoon〉をキーワードに、DSらしいユルいテンションの曲のイメージからどんどん広げていった。機材が進化してミックスの手法も変わってきて、全体にシンプルにはなったし、何曲かニュー・ウェスト系やハイフィー系もやってますけど、サウンドの大枠は変わってない。Facebookで〈いいね!〉してくれる人たちに子供のいる世代がけっこういるのを見てると、(DSのファンは)イヴェントに来てる若い人たちだけじゃないっていうか、逆に来てない世代のほうがもしかしたら多いのかなって思ったりもする。そういう人たちのためにも、新しいことよりいままでやってきたことをやるほうがDSらしいと思いました」(DJ PMX)。

 

LAと横浜の二本立て

 〈終わらない夏を楽しむだけ〉とのラインがズバリなpukkey参加のメロウな表題曲、「ドクター・ドレーの“Kush”のような派手めの曲をイメージした」(DJ PMX)というAK-69との“#envy_me”、ニュー・ウェストのノリを楽しんでラフに作ったというKOWICHIとの“It's Going Down”、さらにロングビーチのダヴ・シャックからボー・ロックを迎えた“Free My Mind”——客演勢との曲にあって、MASTA SIMONMIGHTY CROWN)、FIRE BALLとの初共演を実現した“Life Goes On”は欠かせないトピックだ。

 「憧れてたヒップホップの聖地LAと、地元横浜の二本立てっていうテーマは最初からあったんで、“Believe In Me”と“Life Goes On”でちゃんと横浜をレペゼンしながら、“Every Little Step”でウェストコーストを押したかった。FIRE BALLはパブちゃん(DJ PMX)のトラックを聴いてギター弾きながら、それぞれ好き勝手に思いついたメロや詞を付けていったんですけど、スタジオで意見を擦り合わせながら作っていったので、想像以上のものが出来た」(Kayzabro)。

 「“Life Goes On”はどういう方向にでもできたと思うんですけど、いちばんハマりそうなのが、チカーノっぽい人たちが使いそうな、ギターがメロウな感じのトラックかなって。そこから今回はレイドバックしたユルいトラックに仕上げました」(DJ PMX)。

 そうした一方、“ジパング”は震災後の葛藤の一端が覗く唯一の曲だ。威風堂々としたオケに政治家やメディアへの不信をぶつけるグループとしては異色な仕上がりに、収録するか悩んだ時期もあったという。

 「5年ぶりのアルバムのタイミングでいま思ってることをしっかり言っとかないとっていうのもあったし、こういう曲も1曲は入れておきたかった。俺らのデビュー当時ハタチだったファンの人も34歳だし、俺たちが大人の視点からモノを言うことで、意識が変わる若い子もいるかなっていうのもあって」(Kayzabro)。

 

夢を夢で終わらせない

 LAで撮影した今回のジャケットとPVから、iPhoneをかざすと動画が動き出すというCDならではのブックレットの仕掛け、そしてベトナムやタイ勢に振った収録曲のリミックス企画に、リリース後のアジア~EU~US西海岸ツアーと、本作を機に「いままでやんなかったことを全部やっちゃう」(Kayzabro)勢いの彼ら。シーンなきところから全国へウェッサイの輪を広げた、夢を夢で終わらせぬ動きは、後に続くAK-69らによっても引き継がれ、さらに大きくなる。音楽のみならず、そうした活動スタンスに憧れるファンもきっと少なくない。

 「昔、俺たちがいろんな土地にウェッサイ好きな奴がいるのを聞いてそいつらと繋がって、新しい動きにしてきたようなことを、いまアジアでもやりはじめてる。もちろんできないこともいっぱいあるし、常に夢物語だけど、叶ってる夢もいっぱいある。ただのルーティンでまたアルバム出しましたっていうんだったらもうやめてるかもしんないけど、もしかしたらすごいことが起こっちゃうんじゃないかなっていう夢が俺らにはあるから」(Kayzabro)。 

 

▼関連作品

左から、AK-69の2013年作『THE INDEPENDENT KING』(MS)、FIRE BALLの2014年作『one』(LIFESTYLE/ユニバーサル)、ボー・ロックの2010年作『My Music My Soul』(Rochouse Muzic)
※ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

TOWER DOORS