2017.06.19

DJマスタード以降の流儀から従来のスムースなファンク作法まで、新旧のウェッサイ感を内包した音作りで送る5年ぶりのリーダー作。客演陣の豪華さは毎度ながら、その間のシーンの変化を受けて顔ぶれは変わり、KANDYTOWN勢やLisky S.やStaxx T、自身の送り出したRamらとの新鮮な手合わせが楽しめる一枚だ。そんななかでBUDDHA MAFIAとの合体は涙モノだし、唯一3曲に招かれたKOWICHIのブレない安定感も光る。

TOWER DOORS
pagetop