2022年11月3日にセカンドシングル“きみはもうひとりじゃない”をリリースし、さらに初のワンマンライブ〈Hello, I am Hana Hope. ~ Hana Hope 2nd Single Release Live ~〉を成功させた弱冠16歳の新世代シンガー、Hana Hope。2022年は、デビュー前から話題を呼んでいた彼女が正式にデビューし、めきめきと頭角を現した年だったと言っていい。今回は、そんなHana Hopeにインタビューを行った。作詞を加藤登紀子が、作編曲を江﨑文武が担当した“きみはもうひとりじゃない”とそのカップリングで自作曲の“16 - sixteen”を軸に、映画「あつい胸さわぎ」の主題歌“それでも明日は”について、そしてHana Hopeの今の思いと現在地から今後の展望までを語ってもらった。 *Mikiki編集部

Hana Hope 『きみはもうひとりじゃない』 U/M/A/A/HINTS music(2022)

 

優しさにあふれた初ワンマンライブを振り返って

──先日の初のワンマンライブ、とても暖かい雰囲気でしたよね。

「ありがとうございます。ソロになって初めて人前で歌う機会でとても緊張していたのですが、観てくださっている人たちの優しさがすごく伝わってきました」

──サポートメンバーも錚々たる顔ぶれでした。一緒に演奏してみていかがでしたか?

「まず永井聖一さんは、最初にお会いしたのが確か高橋幸宏さんの活動50周年を記念したコンサートのリハだったんですけど、すごく暖かくてあまり緊張させない雰囲気の方でよかったです。もちろんギターも素晴らしく、ご一緒させてもらったことをすごく光栄に思っています。

網守将平さんは、YMOのトリビュートライブで初めてお会いしたのですが、そのときの私は13歳で、こうして成長した姿をお見せできてよかったです(笑)。

ermhoiさん私のデビュー曲“Sentiment”を提供していただいたBlack Boboiのメンバーで、素晴らしい声を持っていらっしゃいますが、自分の声質も実はermhoiさんに近いのかなと思っていて。一緒にハモったときは、とても心地よかったです。そんな素敵なメンバーとステージに立つことができて、本当によかったなと思っています」

──ライブでは今回、坂本龍一さんのアルバム『未来派野郎』(86年)より“Ballet Mécanique”を、YMOのアルバム『BGM』(81年)より“CUE”のカバーを披露していました。Hanaさんにとって坂本龍一やYMOはどんな存在ですか?

「“CUE”は私が初めて歌ったYMOの曲なので、聴くと緊張している13歳の自分をいつも思い出します(笑)。あの頃と比べると、歌い方も少しは成長したのではないかと。

YMO“CUE”のカバー動画

“Ballet Mécanique”を最初に歌ったのは、はらかなこさんがアルバム(2022年作『Light』)の中でカバーした際にゲストで呼んでいただいたとき。レコーディングは音響ハウスで、素晴らしいピアノの演奏とともに歌わせてもらいました。その日はすごく楽しくて、いつまでも帰りたくなかった思い出がありますね」

Hana Hope & はらかなこの坂本龍一“Ballet Mécanique”のカバー動画

 

加藤登紀子、江﨑文武と作り上げた懐かしくも新しい“きみはもうひとりじゃない”

──では早速、今回のセカンドシングル『きみはもうひとりじゃない / 16 - sixteen』について訊かせてください。“きみはもうひとりじゃない”は、作詞が加藤登紀子さん、作曲が江﨑文武さんというこれまた豪華な顔ぶれですが。最初にデモを受け取ったときはどんな印象を持ちましたか?

「最初に文武さんから歌詞のないデモ音源をもらったときは、かなりシンプルなメロディーで。これがどういう形になっていくのかすごく気になっていたのですが、歌詞がついたときにものすごくバランスが良くて驚きました。トラックの素晴らしさはもちろんですが、歌詞がとにかく深くて。じっくり読みながら、1行ごとにその意味を考えていきました」

“きみはもうひとりじゃない”

──お二人と実際にお会いしているんですよね?

「はい。私のボーカルレコーディングに立ち会ってくださったのですが、加藤さんは会った瞬間にハグをしてくださって、とても安心したのを覚えています。

江﨑さんは、以前ソニー・コンピューター・サイエンス研究所のCMソング(2021年の楽曲“Obscura (feat. HANA)”)でご一緒して以来、久しぶりにお会いしたのですが、相変わらず優しい方だなと思いました」

〈Flow Machines〉のCM動画。楽曲は江﨑文武“Obscura (feat. HANA)”

──文武さんはこの曲に関する公式インタビューの中で、〈新しい時代の童謡を作りたい〉とおっしゃっていました。まさに童謡を思わせるような懐かしいメロディーだなと。

「もちろんメロディーは懐かしいのですが、トラック自体は少しモダンでカッコ良い響きを持っていて。そのコントラストがものすごく素敵だし、文武さんだからこそのクォリティーだなと思いました」

江﨑文武のインタビュー動画

──レコーディングではどんなアドバイスをお二人からもらったんでしょう。

「登紀子さんからは、〈歌として繋がりのある歌い方を大切にしてください〉とおっしゃっていただきました。それは他の曲を歌うときにも同じように大切にしなければいけないことなので、すごく貴重なレッスンを受けたと思っています。

文武さんからは、かなり細かいニュアンスまでディレクションしていただき、それをきちんと歌で表現できたのでよかったと思っています」

相手の意見を尊重して自分の思いを伝える

──加藤さんはこの曲の歌詞について、〈ありがとう、ごめんなさいが言える子になろう〉と書かれた新聞広告に違和感を持ったことがモチーフになったとコメントされていました。結果的に、誰のことも否定しない内容に昇華されているのが素晴らしいなと。

「私が好きなのは、〈時間はシャボン玉〉というライン。確かに時間って一瞬にして過ぎ去っていくし、すぐ思い出に変わってしまうなと思うんです。気づく暇もなく時間が過ぎ去っていく、そんな誰もが共感する気持ちをユーモアも交えながら綴っていくのが素敵だなと」

加藤登紀子のインタビュー動画

──優しくて暖かい歌詞のようで、実は今の世界情勢に対する強烈なメッセージが込められている。しかも、そうと感じさせない優しさがあるんですよね。

「言いたいことをそのままダイレクトに伝えるよりも、優しい言葉や抽象的な言い方で伝えたほうがより効果的な場合もありますよね」

──違う意見に対してどう向き合うのか、今後ますます重要な課題になっていくと思います。Hanaさんは全く意見の違う人と話し合うときにはどんなことに気を付けていますか?

「自分と意見が合わない人と話すときはまず相手の意見を尊重し、〈相手がどういう感じに思っているのかな?〉と考えてみてから自分の思いを伝えるようにしています。

今はSNSなどで、深く考えずに言ってしまったことがトラブルの原因になったりするじゃないですか。私も時には深く考えず、ダイレクトに言っちゃうこともあるんですけど(笑)、発信するときはまず立ち止まって考えることが大切なのかなと思っていますね」

 

13歳で書いたメロディーをもとに揺れ動く感情を表現した“16 - sixteen”

──“16 - sixteen”は、Hanaさんが作詞作曲を手掛けているのですね。ライブでも、自分の曲だからこそ背伸びせず等身大で歌っているのがとても心地よかったんです。

「ありがとうございます。

“16 - sixteen”は、私が13歳の夏休みに書いた曲です。ピアノを遊びで弾いているときにふと思いついたメロディーが基になっているのですが、あれから3年が経ち、こういう形で世に出せることをとても感慨深く思っています」

“16 - sixteen”

──〈今すぐこの場所から飛び立ちたい〉〈違う世界を覗いてみたい〉という強い思いが歌詞の中に刻まれていますね。

「ティーンエイジャーの頃は、まだまだ経験も浅く自分の世界がすごく小さいじゃないですか。世界の大きさをまだ何もわかっていないけど、それでも好奇心旺盛で。早くここを飛び出していろんな場所へ行き、いろんな人に会ってみたいという気持ちでいっぱいだったんですよね。

その反面、未来への不安というか、〈私は5年後にどうしているのかな?〉みたいな気持ちもあって、その両方で揺れ動く感情をそのまま歌詞にしました。

それをROTH BART BARONさんがとても素敵にアレンジしてくださって、嬉しい気持ちでいっぱいですね」

──ちなみに今16歳のHanaさんが、13歳のHanaさんに会えるとしたら、どんな言葉をかけてあげますか?

「〈いっぱい楽しいことが待っているよ〉と教えてあげると思う(笑)。13歳のときは、〈この先もずっと歌い続けられるのかな?〉みたいなことをよく考えていたので、そのときよりも少しは自信がついた今の私なら、(“16 - sixteen”の歌詞〈Wish I could fly away〉にかけて)〈You can fly away〉って言ってあげられるんじゃないかな」

 

映画「あつい胸さわぎ」の力強い主題歌“それでも明日は”

──来年公開の映画「あつい胸さわぎ」のために書き下ろした主題歌、“それでも明日は”についても訊かせてください。作詞を柴田聡子さん、作曲をUTAさんが手掛けたこの曲は、緊張感たっぷりのアカペラで始まり次第に美しく壮大なアレンジへと発展していくのが聴きどころの一つだと思いました。

「力強いメッセージソングですよね。私は今までこういうタイプの楽曲を歌ったことがなく、少し不安な部分もあったのですが、よくできたかなと思っています(笑)。

先月、東京国際映画祭で特別上映されたので鑑賞してきたのですが、そこで初めて監督のまつむらしんごさん、主演の吉田美月喜さんにお会いすることができて嬉しかったです。

エンドロールで自分の歌声が流れてくるのを、お客さんと一緒に映画館で聴くのはものすごく不思議な気持ちでした。ドキドキもしたし、ちょっとだけエモーショナルになっちゃいました」

映画「あつい胸さわぎ」予告編

──(笑)。たくさんのオーディエンスの前でライブをするのと、映画館で自分の歌声が流れるのを観客と一緒に体験するのとでは、やっぱり意味合いが違いますか?

「まったく違いましたね(笑)。映画館で観るときは、映画のメッセージと組み合わせてその歌が盛り上がっていくので、パワフルな感じが既にできあがっているけど、ライブで歌うときは、そのメッセージを伝えるのが私の責任。なのでライブの方が、断然緊張しますね」

激動の2022年から新しいことにチャレンジする2023年へ

──2022年も残りわずかですが、Hanaさんにとっては激動の1年だったでしょうね。

今年2月に『Sentiment / Your Song』でデビューして、これまで経験したことないことをいろいろとやっているうちに、あっという間に時間は過ぎていきました。おっしゃるとおり、本当に激動の1年でしたね。

12月2日に開催される〈LIVE Ballade Orchestra〉に参加させていただくのですが、生まれて初めてオーケストラをバックに歌うので今からすごく楽しみにしています」

──ちなみに、今年いちばんよく聴いたアルバムを1枚挙げるとしたら?

「今年はアッシュ(Ashe)というアーティストの作品をたくさん聴いていましたね。メロディーがとにかく特徴的で、思いも寄らないところに音が飛んでいくのがとにかく楽しくて。歌詞ではストーリーテリングがかなり上手くて憧れますね。

制作中、ちょっとインスピレーションが欲しいと思ったときは、彼女のアルバムを聴いて、自分のソングライティングや歌声にその要素をどうやったら加えられるかを考えていました」

アッシュの2022年作『Rae』収録曲“Another Man’s Jeans”

──音楽以外はどうでしょうか。読書家のHanaさんは、以前のインタビューで小説「パチンコ」(ミン・ジン・リー著)を教えてくださいましたよね?

「相変わらず本はよく読んでいます。特に、今年の夏に読んだ『A Little Life』(ハニヤ・ヤナギハラ著)が、私の人生にとって大切な一冊になりました。

本を読むと、様々な人たちの人生を知ることができるし、自分自身を客観的に捉えることができるようになっていくのがすごく面白いなと思っていますね」

──来年はどんな年にしたいですか?

「これからもたくさんコンサートをやって、人前でもちゃんと話せるようにしたいです(笑)。

新しいことにもチャレンジしたいですね。今はギターを習いたい。ライブのときに弾き語りができたらすごくかっこいいと思うんです。前にも何度かギターを始めたことがあったのですが、いつも途中で諦めてしまって……(笑)。来年は絶対、上達するまでギターを習おうと思いますね。

それと、もう少し世界の歴史などを勉強したい。ネットやメディアの情報だけに惑わされないよう、これからもたくさんの本を読むつもりです」

 


RELEASE INFORMATION

Hana Hope 『きみはもうひとりじゃない』 U/M/A/A/HINTS music(2022)

リリース日:2022年11月3日
配信リンク:https://lnk.to/YouAreNotAloneAnymore

TRACKLIST
1. きみはもうひとりじゃない
(作詞:加藤登紀子 作・編曲:江﨑文武)
Musicians
Violin: 常田俊太郎 Cello: 村岡苑子 Guitar: 小川翔 Piano: 江﨑文武

2. 16 - sixteen
(作詞:Hana Hope 作曲:Hana Hope 編曲:ROTH BART BARON)
Produced by ROTH BART BARON

■ジャケットアートワーク
Photographer: Shiori Ota, Art Director: Junko Hoshizawa, Stylist: Tatsuya Shimada, Hair & Make up: chiho, Outfit: tiit tokyo

 

Hana Hope 『それでも明日は』 U/M/A/A/HINTS music(2022)

リリース日:2022年12月14日(水)
配信リンク:https://lnk.to/SoredemoAshitaha

TRACKLIST
1. それでも明日は
 (作詞:柴田聡子 作・編曲:UTA)

■ジャケットアートワーク
Photographer: Shiori Ota
Art Director: Junko Hoshizawa
Stylist: Tatsuya Shimada
Hair & Make up: chiho
Outfit: tiit tokyo

 

MOVIE INFORMATION
あつい胸さわぎ

監督:まつむらしんご
主演:吉田美月喜/常盤貴子
主題歌:Hana Hope “それでも明日は”
作詞:柴田聡子 作曲:UTA 編曲:UTA for TINYVOICE PRODUCTION
配給:イオンエンターテイメント/SDP
製作:映画『あつい胸さわぎ』製作委員会
2023年1月27日(金)全国上映
https://あつい胸さわぎ.jp/

 

LIVE INFORMATION
LIVE ballade Orchestra 2022
2022年12月2日(金)東京・上野 東京文化会館(大ホール)
開場/開演:18:00/19:00
音楽監督/編曲/指揮:長山善洋 
編曲:岩永知佳/はらかなこ
ゲスト:Ms.OOJA/クリス・ハート/fumika/Hana Hope 他
ナビゲーター:ブラザートム
https://live-bo.jp/

 


PROFILE: Hana Hope
2006年生まれ。東京都出身。幼い頃から歌うことや曲作りが大好きで、ソロデビュー以前から何組ものアーティストからボーカリストとしての依頼を受け、高橋幸宏、佐橋佳幸、細野晴臣、ROTH BART BARON、TOWA TEI、鈴木慶一、am8など、錚々たるアーティストと共演。2020年には老舗レコーディングスタジオ、音響ハウスの映画「Melody-Go-Round」に出演。同名のエンディングテーマソングで同作を飾る。2021年には細田守監督の映画「竜とそばかすの姫」で声優デビュー。2022年2月にシングル『Sentiment / Your Song』でデビュー、国内外における数多くのプレイリストやチャートに入り、話題のニューカマーとなる。5月には〈FUJI & SUN ’22〉に初参加、これは本人にとっての初めての野外フェス参加にもなった。そして2022年11月3日、待望のセカンドシングル“きみはもうひとりじゃない”、そして初の自身の作詞・作曲による“16 - sixteen”をリリース、同日には初のソロライブを開催。また、これまでに日立、ソニー・コンピューター・サイエンス研究所、花王、JR東日本などのコマーシャルソングの歌唱やナレーションも行っている。16歳とは思えない表現力を持つHana Hopeは、まさにデジタルネイティブなZ世代。ジャンルを超えた幅広い音楽性を表現する、新世代のフィーメールシンガーである。