映画「ノベンバー」舞台は中世エストニアの貧しい寒村、独創的な映像美で描かれたゴシックラブストーリー

2024.01.09

11月の死者の日を迎える中世エストニアの貧しい寒村を舞台にアニミズム、キリスト教、神話、悪魔や魔術に彩られた切ないゴシック・ラブストーリーを独創的な映像美と詩的なモノクロームで描き、2018年のアカデミー賞外国語賞エストニア代表に選ばれた快作! ヤン・シュヴァンクマイエルやブラザーズ・クエイを彷彿とさせるクラットと呼ばれる廃材や動物の頭蓋骨などで作られた使い魔の超自然性と現地の役者経験のない村の人々が演じる脇役たちのリアルな日常性がこの映画をより強靭な作品へと昇華させている。原作はヨーロッパでベストセラー作品になっていて、エストニアの全図書館で最も貸し出された作品。