GILAD ATZMON 『In Loving Memory Of America』

2014.11.07

イスラエルに生まれ、現在はイギリスで活動しているサックス奏者=ジラッド・アツモンとストリングスの共演作が登場です。遠く海を挟んだアメリカ、そしてチャーリー・パーカーへと宛てられたラブレターとしての本作。ジェントリーなトーンと揺蕩う弦楽の混じりから生まれた優雅なひとときを封じ込めたこの音楽は、即興演奏に偏重して語られることの多いパーカーの別側面の魅力を炙り出しています――純粋な「響き」としての美しさ。49年当時酷評されたというパーカーの『ウィズ・ストリングス』、その取りこぼされた過去の栄光から秘かに流れ続けていた水脈の果てに、本作は存在するのです。

関連アーティスト
TOWER DOORS