2014.12.18

初アルバムでウェルメイドなポップスを展開し、幅広いリスナーを魅了した竹達彩奈の2作目。シングル3枚に新曲もたっぷり揃えた13曲を収録している。今回も多彩な作家陣が参加しており、意外な人選という意味で目を惹くのが津野米咲赤い公園)と山口隆サンボマスター)。前者はキュートでトリッキーなニューウェイヴ歌謡を、後者は切なくもエモーショナルなラヴソングを提供し、歌い手の新たな表情を照らし出すことに成功している。筒美京平小林俊太郎など前作に引き続いての面々も確かな仕事ぶりを見せ、特に沖井礼二が手掛けた“プリンセスの脱走計画”は掲題の物語をモノローグ込みで紡ぎ、彼女の声優としての実力とシンガーとしてのポテンシャルを捉えた逸品だ。というわけで、またしても傑作!